STONE DICTIONARY STONE DICTIONARY

TIGER’S EYE

タイガーアイ

好奇心・洞察力・知識

View More
STONE Details
モース硬度 7
主な産出国 南アフリカ

「虎目石」という和名の通り、光の筋を表す「シャトヤンシー(キャッツアイ)」効果が魅力の石です。鉱物に含まれる成分の変化で黒色、黄色、金褐色の縞模様を成しています。古代より、魔除けの石として儀式や護符など様々な用途に使用された歴史もあります。

TURQUOISE

ターコイズ

勇気・成功・積極性

View More
STONE Details
モース硬度 6
主な産出国 イラン・メキシコ・アメリカ

採掘された鉱物の中で最も古くからある石で、紀元前5000年のターコイズのビーズが発見されています。鉄と銅の含有量によって、スカイブルーから緑色まで色の種類がある石です。古くから神聖な石として、多くの部族や権力者から護符などの用途で愛されてきた石です。

KYANITE

カイヤナイト

自立・直感力

View More
STONE Details
モース硬度 4 ・ 71/2
主な産出国 ミャンマー・ブラジル・ケニア

「藍晶石( らんしょうせき)」という和名の鉱石で、ギリシャ語で暗青色を意味するカイアノス(kyanos)から名付けられました。結晶の方向によって硬度が大きく異なるため「二硬石」と呼ばれることもあります。研磨が非常に難しく、カボションカットや丸玉ビーズなどカット面の少ないものが多く流通しています。

EMERALD

エメラルド

幸運・安定・希望

しずく型のエメラルド
View More
STONE Details
モース硬度 71/2
主な産出国 コロンビア・ブラジル・ザンビア

クロムやバナジウムにより、緑色の結晶になった鉱物(ベリル)をエメラルドと呼びます。ひびが入りやすく、大きくてひびのないエメラルドは大変希少価値が高いとされています。古代エジプトでは「豊かさのシンボル」と言われ、女王クレオパトラは専用の鉱山を持つほど気に入っていた石でした。また、コミュニケーション能力を高める効果もあるといわれています。

LABRADORITE

ラブラトライト

創造力・調和

長方形のラブラドライト
View More
STONE Details
モース硬度 61/2
主な産出国 カナダ・マダガスカル・フィンランド

1700年代にカナダ北東部のラブラドル半島で発見され、ラブラドライトと命名されました。見る角度によって様々な色合いに見えるシラー効果(遊色効果)が特徴です。太陽からのエネルギーを受ける石として大切にされてきた歴史もあります。

OPAL

オパール

純真無垢・歓喜・希望

三角形のオパール
View More
STONE Details
モース硬度 6
主な産出国 オーストラリア・メキシコ

5~10%の水分を含む非結晶の鉱物。ラテン語で「貴石」を意味する「opalus(オパルス)」に由来しています。見る角度によって色や輝きが異なるシラー効果(遊色効果)が大変魅力的な石です。古代ローマ時代には「希望の宝石」と信じられていました。

RUBY

ルビー

勝利・情熱・生命力

楕円形のルビー
View More
STONE Details
モース硬度 9
主な産出国 タイ・ミャンマー・モザンビーク

コランダムの中で深い赤色になったものをルビーと呼びます。ダイヤモンドに次ぐ硬度を持ち、希少性のある石です。古代では血液の赤みに似ていることから、生命の力を有すると信じられていました。また、中世では病気を治す力を持つと言われていました。

DIAMOND

ダイヤモンド

永遠の絆・純潔

しずく型の楕円形
View More
カット前のダイヤモンド
STONE Details
モース硬度 10
主な産出国 ナミビア・ボツワナ・南アフリカ

地下150~250キロメートルのマグマの中で生まれ、火山の爆発によって地表近くまで押し上げられた鉱物。炭素が隙間なく固くつながりあうことで、高い硬度となっています。その硬さから「永遠の愛の宝石」とも言われています。無色透明なダイヤモンドが一般的ですが、不純物の種類によって黄色~緑~青~ピンクなど様々なバリエーションが見られます。

TOURMALINE

トルマリン

希望・友情・寛大

カットされたトルマリン
View More
STONE Details
モース硬度 71/2
主な産出国 ブラジル・モザンビーク・マダガスカル

和名で「電気石」と呼ばれ、その名の通り熱や圧力を加えると電気を発する鉱物です。元素の違いにより、多彩な色が見られます。その中でも「パライバトルマリン」は美しさと希少性から「世界三大希少石」の1つになっています。中国最後の女帝「西太后」もトルマリンを好んでいたと言われています。

ZOISITE

ゾイサイト

知性・冷静・神秘

楕円型のゾイサイト
View More
STONE Details
モース硬度 61/2
主な産出国 タンザニア・ケニア

スロベニアの鉱物コレクター「ジグムント・ゾイス」氏によって名付けられた鉱物。宝石品質のものは近年になってから市場に出回るようになりました。透明度が高くブルーのゾイサイトは「タンザナイト」と呼ばれ親しまれています。インスピレーションや洞察力をもたらしてくれる石と言われています。

AGATE

アゲート

長寿・良運

四角形のアゲート
View More
カット前のアゲート
STONE Details
モース硬度 7
主な産出国 ブラジル・メキシコ・インド

特有の縞模様を持つ鉱物で、水晶と同じ「石英」のカテゴリーに入ります。和名は「めのう」。古来より世界中で産出され、加熱処理加工や染色加工を施し、装飾品等に使用されてきました。ローマ時代には、アゲートのインタリオを使用したシグネットリングが流行しました。

CITRINE

シトリン

繁栄・成功・富

四角形のシトリン
View More
STONE Details
モース硬度 7
主な産出国 ブラジル・スペイン・マダガスカル

フランス語でレモンを表す「citron(シトロン)」から名づけられた黄色~黄金色の鉱物。和名は「黄水晶」。太陽のエネルギーを持ち、気持ちを落ち着かせてくれると言われ、古くから親しまれてきた石です。

PEARL

パール

健康・長寿

パール
View More
貝殻
STONE Details
モース硬度 3
主な産出国 中国・日本・タヒチ

海水や淡水に生息する二枚貝の中で、アラゴナイトの層から形成された結石。天然のパールは数千年前からペルシャ湾などで採取されています。古来では「神の涙」であると考えられていたことから葬儀の場で身に着けることを許されている宝石です。

GARNET

ガーネット

勝利・実り・健康

カットされたガーネット
View More
STONE Details
モース硬度 71/2
主な産出国 アメリカ・インド・ブラジル

赤く透明な鉄ばんざくろ石(十二面体や二十四面体の鉱物)をガーネットと呼びます。大変歴史の古い石で、エジプトでは紀元前3000年以上前に象眼などのガーネットジュエリーが広まっていたとされています。また、中世では疾患を治したり怒りを収めるものと考えられていました。

SAPPHIRE

サファイア

誠実・慈愛・真実

しずく型のサファイア
View More
STONE Details
モース硬度 9
主な産出国 タイ・ミャンマー・スリランカ

コランダムの中で赤色以外の鉱物をサファイアと呼びます。ラテン語で青を意味する「サフィルス(sapphirus)」から名付けられました。ダイヤモンドに次ぐ硬度を持ちます。インドでは「心の平和を保つ石」として大切にされてきました。また、ダイヤモンド以外の婚約指輪としても人気のある石です。

QUARTZ

クォーツ

浄化・開拓

四角形のクォーツ
View More
STONE Details
モース硬度 7
主な産出国 ブラジル・マダガスカル・アメリカ

和名は「石英」と呼ばれ、スラブ語の「tward(硬い)」が語源の、地殻から産出される最もポピュラーな鉱物のひとつです。古来では、クォーツは神が創造した氷であると考えられていました。透明度の高い石英はロッククリスタル(水晶)と呼ばれ、アメジストやローズクォーツなどの色に合わせた宝石名がついています。