premium

know

choose

wear

present

column

choose

【カラーや種類でみる】あなたを魅せる宝石とは?

December 6, 2019

多くの人を魅了する美しい宝石。さまざまな種類があるのでジュエリーの購入時に迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は宝石の定義や、カラー別のジュエリーを紹介します。あらゆる種類の宝石から、お気に入りの宝石を探してみましょう。

サムネイル

宝石の基礎知識

ダイヤモンドやパールなど美しい輝きを放つ宝石。そもそも宝石とはどういうものなのでしょうか。

宝石の定義

ジュエリーなどによく用いられる、ダイヤモンドやエメラルド、ルビーなどはすべて宝石のひとつです。宝石とは「希少性が高い」「見た目が美しい」「モース硬度7以上」という特徴を持つ鉱物のこと。モース硬度は鉱物の硬さを表す単位で、7以上の硬度があれば、傷が付きにくく耐久性があり、宝飾品にも向いています。(パールやオパールなどはモース硬度7以下ですが、希少性の高さや見た目の美しさが評価され、宝石と認められています。)

宝石の歴史

宝石がネックレスや指輪、ピアスなどのジュエリーとして身に着けられてきた歴史は長く、古代エジプトの遺跡からもジュエリーが発見されています。昔はお守りや魔除けとしての意味が強く、儀式などにも使われていたようです。その後、美しい宝石が施され、精巧な細工の入ったジュエリーは権力や富の象徴として扱われるようになりました。現在では、ファッション性が高くなり、女性を輝かせるアイテムとして取り入れられています。

宝石の種類ごとにある石言葉

宝石の種類ごとに「石言葉」があるのをご存知でしょうか。例えば、エメラルドの石言葉は「恋愛成就・幸運・安定」。このように、それぞれの宝石には特別なメッセージが込められています。毎日大切に身に着けたいジュエリーは、宝石の石言葉を参考にして選ぶのも良いですね。

また、宝石の中には誕生石に定められているものもあります。各月それぞれに宝石が決まっていて、誕生石が施されたジュエリーは、身に着ける人に幸せを運ぶといわれています。ご自分の誕生石が気になった方は、下記の記事で詳しくチェックしてみてください。

カラー別でみる宝石の種類

宝石の魅力のひとつとして挙げられるのがその美しいカラー。ここでは、宝石の種類をカラー別に紹介します。

レッドカラーの宝石

レッドカラーの宝石の中で、まずはじめに思い浮かぶのは「ルビー」ではないでしょうか。真紅の美しい輝きから「宝石の女王」と呼ばれています。7月の誕生石であるルビーの石言葉は「情熱・良縁・勝利」。富や繁栄をもたらすといわれ、昔から高貴な人々が好んで身に着けていました。

1月の誕生石である「ガーネット」も鮮やかなレッドカラーが人気の宝石。和名を「ザクロ石」といい、「実り・繁栄・真実」の石言葉を持っています。最も古い宝石のひとつで、神聖な石とされていました。

ピンクカラーの宝石

やわらかな色合いが美しいピンクカラーの「トルマリン」。10月の誕生石であるトルマリンの石言葉は「愛情・安楽・新しい出逢い」。身に着ける人に安らぎやエネルギーを与えるといわれています。

この他、淡いピンクカラーが美しい「ローズクォーツ」は、愛や美を象徴する宝石として知られています。さまざまなカラーを持つ「サファイア」にも可憐なピンクカラーがあり、ジュエリーでもよく使用されています。

イエローカラーの宝石

明るいイエローカラーが綺麗な「シトリン」は柑橘果実を意味する「citron(シトロン)」が語源であるといわれています。11月の誕生石であるシトリンの石言葉は「希望・友愛・自信」。古くから太陽のエネルギーを持つ石として愛されてきました。

シトリンと同じく11月の誕生石である「トパーズ」にも華やかなイエローカラーのものがあり、幸運やエネルギーを与えてくれるといわれています。

その他「ダイヤモンド」や「ガーネット」「オパール」にもイエローカラーのものが存在します。どれもその希少さと美しさから、価値が高い宝石として扱われています。

グリーンカラーの宝石

深いグリーンカラーが魅力的な宝石といえば「エメラルド」。その吸い込まれるような美しさから、クレオパトラも愛した宝石として知られています。5月の誕生石であるエメラルドの石言葉は「恋愛成就・幸運・安定」。古代エジプトでは永遠の若さの象徴として大切にされていたという伝説が残っています。

8月の誕生石である「ペリドット」も淡いイエローグリーンカラーが美しい宝石。旧約聖書では「太陽の石」、古代エジプトでは「黄金の太陽」、ポリネシア神話では「ハワイアンダイヤモンド」と呼ばれ、ペリドットにまつわる伝説が数多く残っています。

日本では縄文時代から身に着けられていた「翡翠(ヒスイ)」も深みのある神秘的なグリーンカラーが美しい宝石。東洋では「成功と繁栄をもたらす石」として古来より愛されてきました。

この他、「トルマリン」や「ガーネット」などにもグリーンカラーが存在します。

ブルーカラーの宝石

深いブルーが神秘的な「サファイア」は「聖者の宝石」とも呼ばれ、司教の指輪にもはめられていました。9月の誕生石であるサファイアの石言葉は「成功・誠実・慈愛」。中世の上流階級では、サファイアを贈ることが「愛の証」とされ喜ばれました。

爽やかなブルーカラーがみずみずしい「アクアマリン」。結婚や出産のお祝いに贈られると幸せになれるという言い伝えのある宝石です。3月の誕生石であるアクアマリンの石言葉は「幸福・富・聡明」。恋する人魚の流した涙がアクアマリンになったという詩的な伝説も残っています。

また、「トパーズ」にも澄んだブルーカラーが美しいものがあります。

パープルカラーの宝石

洗練されたパープルカラーが美しい「アメシスト」は「愛の守護石」といわれています。2月の誕生石であるアメシストの石言葉は「真実の愛・心の平和・誠実」。ヨーロッパでは最愛の恋人と出逢える石とされています。

気品のある輝きが美しい「タンザナイト」は産出量が少なく、ダイヤモンドよりも希少性が高いとされる宝石です。12月の誕生石であるタンザナイトの石言葉は「高貴・冷静・自立心」。角度や光の入り方によってさまざまな表情を楽しめます。

無色・ホワイトカラーの宝石

「宝石の王様」と呼ばれる「ダイヤモンド」。その眩い輝きは多くの女性を魅了してきました。4月の誕生石であるダイヤモンドの石言葉は「永遠の絆・不変・純潔」。「愛に溢れた家庭を築ける」という言い伝えがあることから、婚約指輪や結婚指輪に人気の宝石です。

淡いホワイトカラーに心惹かれる「ムーンストーン」にはその名の通り「月のパワーが宿る」という言い伝えがあります。6月の誕生石であるムーンストーンの石言葉は「愛を伝える・癒し・円満」。身に着けると女性らしい魅力を引き出してくれると言われています。

純白が美しい「パール」は貝から作られる宝石。ムーンストーンと同じく6月の誕生石で、他の宝石にはないやわらかな光沢が気品を添えてくれます。

マルチカラーの宝石

眺める角度よって虹色に輝く「オパール」。トルマリンと同じく10月の誕生石であるオパールには「愛・安楽・希望」などの意味が込められています。特別な環境でしか生まれないことから「貴重な石」という意味の「オパルス」が語源とされています。

宝石の種類で選ぶ人気のジュエリー

美しい宝石を使ったジュエリーは人気のアイテム。エレガントな宝石の輝きが魅力的な4℃のジュエリーをチェックしていきましょう。

【ローズクォーツ】フラワーモチーフネックレス

K10イエローゴールド ネックレス

フラワーモチーフのイエローゴールドにセッティングされたローズクォーツが可憐な印象のネックレス。胸元に上品な華やぎを添えてくれます。

【タンザナイト】ローズカットネックレス

【12月誕生石】K10ホワイトゴールド ネックレス

宝石の魅力を引き立てるローズカットを施したネックレス。凛としたホワイトゴールドの輝きが、タンザナイトの神秘的な雰囲気を際立たせます。

【パール】バーデザインネックレス

K18イエローゴールド ネックレス

デコルテに沿うゆるやかなバーデザインとパールの光沢が魅力のネックレス。パールに挟まれたダイヤモンドがモダンな印象を与えてくれます。

【オパール】リング

K18イエローゴールド リング

見る角度によってさまざまな表情を楽しめるオパールのリング。肌なじみの良いイエローゴールドとダイヤモンドの輝きが、オパールの美しさを引き立てます。

【ブルートパーズ】グラデーションリング

K10イエローゴールド リング

ブルーグラデーションが美しいトパーズのリング。リーフモチーフの繊細なデザインが指先を華やかに彩ります。

【ブルートパーズ】サークルデザインピアス

K10イエローゴールド ピアス

モダンなサークルモチーフに深いブルートパーズを配したピアス。存在感の中に気品を感じさせる、大人の女性にぴったりのジュエリーです。

あなたを輝かせる宝石をみつけよう

カラーや輝きが美しい宝石は、ジュエリーとして身に着けることで女性の魅力をより引き立ててくれます。さまざまな種類がある宝石の中から、あなたを輝かせる宝石をみつけてくださいね。

WHAT'S NEW