premium

know

choose

wear

present

column

choose

上質な美しさを耳元に。おすすめのパールピアスや選び方をご紹介

July 16, 2021

パールのジュエリーは、大人の女性ならひとつは持っておきたいアイテム。なかでもピアスは、普段使いもしやすいことから人気が高いです。今回はパールの種類、パールピアスのデザインやピアスの選び方などをポイント別に解説していきます。さらにパールの取り扱いに関するお悩み、おすすめのパールピアスもみていきましょう。

サムネイル

奥が深いパールの魅力

一口にパールといっても、その種類はさまざま。まずはパールの種類とそれぞれの特徴についてチェックしていきましょう。お気に入りのパールジュエリーを選ぶ際に、きっと参考になりますよ。

パールの歴史

パールの歴史は非常に長く、紀元前2206年にはすでに存在していたとされています。富と地位を象徴する宝珠として、古くから人々に求められていた宝石といっても過言ではありません。それほどまでにパールは人々の歴史に寄りそう宝石なのです。また、装飾品以外の使い方がされていたこともパールの特徴といえるでしょう。中国では薬の材料としてパールを使用していました。また、世界三大美女のひとりであるクレオパトラは、美容のためにパールを粉末にして飲んでいたという逸話も残されています。

パールは海や湖から採れることと、球状であることから昔から水や月に関連付けされ、「月のしずく」や「人魚の涙」といった別名を持つことでも有名です。

パールの種類

時代や流行に左右されず、多くのひとに愛されるパールには複数の種類が存在します。ひとの手を一切介さず形成された天然パールとひとの手や管理によって形成された養殖パールがあり、現在ジュエリーには多くの養殖パールが使用されているのです。

パールは、大きく4つの種類に分類できます。

・アコヤパール…名前を聞いたことがあるというひとも多いのではないでしょうか。日本や中国で生産され、幅広く使用されている最も身近なパールといえるでしょう。優しいホワイトやクリーム色をした、海水産の養殖パールです。

・南洋パール…オーストラリア、インドネシア、フィリピンで生産される海水産のパールです。長い期間をかけて生産されることと、サイズが大きいことから価値が高くなっています。ホワイト、シルバー、ゴールドの色味があることも特徴的です。

・タヒチ産パール…ポリネシア諸島周辺で生産される海水産養殖パール。黒真珠とも呼ばれています。グレーやブラックといった色の他、ブルーやピンクのものも存在します。

・淡水パール…淡水湖や池で養殖され、最も広く普及しているパールです。サイズやフォルム、色のバリエーションが豊富なことも特徴といえるでしょう。

イミテーションパール

パールには、人工的に模造されたものも存在し、これをイミテーションパールと呼びます。イミテーションにも複数の種類があり、大きく4つの種類に分けられます。

・プラスチックパール…プラスチックの玉を真珠箔で加工したもの。軽くて安価なため、お子様用のおもちゃなどにも使用されることが多いパールです。

・ガラスパール…ガラスビーズを加工してつくられたパールです。クオリティの高いものは繊細な輝きを感じさせてくれます。

・コットンパール…コットンを球状に圧縮して固め、パールのように加工したもの。軽くてナチュラルな風合いが人気です。

・貝パール…天然の貝の核を球体にして加工したものを指します。最も本物に近い輝きと質感のイミテーションパールといえるでしょう。

イミテーションパールは、本物のパールと比較すると価格も手ごろなのが特徴です。加工もしやすいため、さまざまな工夫がされたジュエリーが数多く存在します。

種類豊富なパールピアスのデザイン

パールのピアスはデザインも豊富。デザインによって特徴や魅力が異なっていますので、なりたい雰囲気や気分に合わせたおしゃれも楽しめます。ここでは、パールピアスのデザインについて紹介します。

一石タイプ

K18イエローゴールド ピアス

パールピアスのデザインとして、スタンダードな一石タイプ。一石タイプのデザインの魅力は、上品でパール本来の輝きやかたちの美しさが際立つところです。一石のパールだけを使ったデザインであれば、冠婚葬祭のようなフォーマルなシーンにも身に着けられます。

ロングタイプ

K10イエローゴールド ピアス

歩けばゆらゆらと揺れるタイプのロングピアス。ロングタイプの魅力は、顔周りを明るく華やかに魅せてくれることです。長いチェーンについたパールがやわらかに揺れると、女性らしさがより引き立ちます。また、デコルテを美しく魅せてくれるともいわれています。

ドロップタイプ

K10ピンクゴールド ピアス

雨粒のようなしずく型が特徴のピアス。パール自体がしずく型になったものや、しずくを象ったモチーフの真ん中にパールが使用されているピアスなど種類が豊富です。同じドロップタイプでも種類によって印象が変わり、気分や好みに合わせて楽しめるピアスです。

フープタイプ

【Oggi8月号掲載】滝沢カレンさん着用 シルバー ピアス

耳に輪が通っているようなデザインのピアス。小ぶりなものから大きいものまでさまざまなサイズがあり、そのサイズによって与える印象が異なります。またサイズと併せてフープの太さでも印象が変化します。細いフープとパールの組み合わせは、上品なレディ感漂うデザインでおすすめです。

パールピアスの選び方

4℃のパールピアス

ここからは、パールのピアスを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを紹介。ポイントを知っておくだけで、購入する際にセレクトしやすくなりますよ。

種類で選ぶ

先述したパールの種類から、ピアスを選ぶ方法です。フォーマルでも使用できるものがほしい場合は、貝からつくられたものを選ぶのがおすすめ。価格帯も異なるので、予算ともしっかり相談してみてください。

大きさで選ぶ

宝石は、大きさによっても印象が異なります。パールも同様に、大きさで雰囲気が変わるので好みのサイズを探してみましょう。

清楚に魅せたい時や、日常的に使用したい場合は5ミリ程度のものがおすすめです。若い世代の方にも身に着けやすい大きさです。6ミリ~8ミリは定番サイズ。華やかさがありますが派手になることはなく、式典などの行事にも使用しやすい大きさです。8ミリ以上になると、大きめのサイズになります。パールは年齢を重ねるごとに大きなサイズが似合うようになるといわれています。顔周りを華やかに魅せて、存在感を出してくれそうですね。

使用するシーンで選ぶ

パールピアスの選び方のポイントとして、使用したいシーンを思い浮かべてみるのもひとつ。普段使いしたいのであれば、気に入ったデザインのものを選んでください。フェミニンに魅せたいなら揺れるデザインや、他の宝石と組み合わせたものもおすすめですよ。結婚式用のジュエリーであれば、エレガントなデザインのものがぴったりです。結婚式に白色のものを身に着けるのはマナー違反とされていますが、パールに関してはNGではありません。ただし、黒真珠は喪を連想させるため避けましょう。

パールピアスのお悩み解決

4℃のパールピアス

パールのピアスを身に着ける際に、「お祝いの場につけてもいいの?」「お手入れ方法は?」など、疑問に思った点はありませんか。ここでは、パールのピアスに関して気になりがちなことを解決していきます。

結婚式にピアスを着けても問題ない?

縁起が良いことに穴を開けるので結婚式にピアスをしてはいけないという意見もあるようです。しかし、昨今ではあまり一般的ではない考え方なので、ピアスを身に着けて出席しても特に問題はないといえるでしょう。ただし、デザインには注意が必要です。TPOに合わせたエレガントなパールのピアスで、耳元を美しく魅せてくださいね。

別で購入したパールのネックレスを合わせても変じゃない?

セットではなく、それぞれ別で購入したパールのピアスとネックレスを一緒に身に着けても違和感はないかという疑問です。フォーマルに使用するのであればセットで購入したものを身に着けるのが望ましいですが、普段使いの場合、パールの色味や地金の色が合っていれば問題ありません。ただし、あまりに大きさや質感が異なる場合は少しチグハグな印象になってしまうので気を付けてくださいね。

パールのお手入れはするべき?

パールは繊細な宝石。熱や汗に弱く、変色してしまうおそれがあるので永く愛用したい時は小まめなお手入れをおすすめします。お手入れと言っても、難しいものではありません。使用後に乾いたやわらかい布で汚れを拭き取ってあげるだけでも、美しい状態を保てます。洗剤は劣化を招いてしまうので、絶対に使用しないようにしましょう。

おすすめのパールのピアス3選

4℃には耳元を美しく魅せる素敵なパールピアスが豊富に揃っています。今回はそのなかから厳選した3つのパールピアスを紹介します。

エレガントな印象にまとまるロングピアス

ロングタイプのパールピアスで、エレガントな女性らしさを演出。繊細な輝きを放つパールが、動くたびに耳元で揺らめきます。顔周りを明るく、優し気に魅せてくれますよ。

シーンレスに使える上品なピアス

派手になり過ぎるのを避けたいオフィスシーンにも、パールのピアスは大活躍してくれること間違いなし。ダイヤモンドが添えられたデザインは、シンプルながらも洗練された大人っぽさを与えてくれます。

フェミニンな雰囲気溢れるハートのピアス

ピンクゴールドの優しいラインで、パールを包み込んだピアス。愛らしいハートモチーフとパールがフェミニンで女性らしさをより一層引き立ててくれます。上品なピンクゴールドにダイヤモンドの輝きが添えられているので、コンパクトなサイズながらしっかりと存在感もあるジュエリーです。

パールのピアスで魅力をアップさせて

4℃のアコヤパールピアス

女性らしく上品に魅せてくれるパール。種類や大きさによって印象が変わる、奥が深い宝石です。お気に入りのパールのピアスを見つけて、永く愛用してあげてくださいね。

WHAT'S NEW