premium

know

choose

wear

present

column

choose

結婚式の参列者が選ぶべきピアスとは?正しい選び方とマナー

January 14, 2020

結婚式や披露宴にお呼ばれして参列する際、気を使いたいのがマナーです。服装のマナーは多くの方が気にされますが、合わせるジュエリーもしっかりと選びたいもの。とくに顔周りを華やかに飾るピアスは、マナーに気を配りつつ素敵なものを身に着けたいですね。今回は、結婚式参列者のピアスの選び方や、おすすめの4℃のピアスをご紹介します。

サムネイル

結婚式参列者のジュエリーマナーの基礎知識

結婚式参列者の服装には細かなマナーがあり、気にする方も多いでしょう。実は、ピアスをはじめとするジュエリーにも、服装ほど難しくはないものの、押さえておきたいマナーがあるのです。招待してくれた新郎新婦のためにも、マナーを守ったコーディネートで参列しましょう。

花嫁より目立たない

結婚式の主役は花嫁です。参列者は、主役の花嫁より目立ちすぎることがあってはいけません。ジュエリーは、大ぶりなものや派手に輝くものよりも、小ぶりで華奢なデザインがおすすめです。控えめでありながら、結婚式らしい華やかさを添えられるジュエリーを選びましょう。

パール以外の白いものは選ばない

結婚式では、白は花嫁だけが身に着けることができる色です。参列者は、花嫁とかぶることがないように、白いジュエリーは選ばないほうがよいでしょう。ただ、白いジュエリーでもパール(真珠)だけは大丈夫。上品な輝きのパールは、結婚式のようなフォーマルな場にふさわしいジュエリーなのです。

カジュアルすぎるものは選ばない

結婚式はフォーマルな場なので、参列者もフォーマルな装いを心がけるべきです。素材やデザインがカジュアルすぎるジュエリーは、結婚式コーディネートには似合いません。ウッドビーズやガラスビーズはカジュアルな印象になりがちですし、革素材やアニマル柄は殺生をイメージさせるので、避けておいたほうがよいでしょう。

昼の結婚式には落ち着いたトーンを

昼に行なう結婚式では、光りすぎないジュエリーを選びましょう。結婚式では、写真撮影をする機会が多くあります。フラッシュをたいたり屋外で撮影をする際に、フラッシュの光や太陽光などにジュエリーが反射して、写真写りに影響してしまうことがあるのです。煌めきが控えめですが光沢感のあるパールがおすすめです。

夜の結婚式には華やかな輝きを

夜の結婚式は昼間と違い、夜の照明に映えるよう、キラキラと輝くジュエリーを選びましょう。上質なジュエリーの輝きで華やかさをプラスすると、大人っぽい結婚式コーディネートになります。ダイヤモンドやエメラルド、イエローゴールドなど、ゴージャスな煌めきのジュエリーが、夜のコーディネートにはおすすめです。

結婚式コーディネートに合わせるピアスの選び方

結婚式のコーディネートを考えるには、アイテム選びの大事なポイントがあります。結婚式に着けるピアスを選ぶ際には、ジュエリーマナーを守りつつ、選び方の大事なポイントを押さえておくとよいでしょう。結婚式コーディネートに合わせるピアス選びのポイントをご紹介します。

コーディネートに統一感を出す

ジュエリーは、服装やバッグなどの小物、ヘアスタイルとの相性を考えることが大切です。ショールやバッグとジュエリーの地金の色味を合わせたり、ヘアスタイルと合う絶妙なサイズ感を選んだりすることで統一感が生まれ、洗練されたコーディネートになるのです。

また、ピアスとネックレスは距離が近いので、デザインや素材を合わせたほうが、より統一感が出るのでおすすめです。顔周りのジュエリーの統一感が出ると、すっきりとおしゃれな印象にまとまります。

会場の雰囲気に合わせる

格式の高いホテルウェディングとカジュアルなパーティーでは、会場の雰囲気もドレスコードも違ってくるでしょう。事前に会場の雰囲気やドレスコードを知っておけば、コーディネートを考えるのに役立ちます。

また、友人が中心のパーティーではカジュアル寄りのピアスも許されるかもしれませんが、そうでない場合はしっかりとマナーを守り、目上の方にも好感をもたれるようなピアスを選びましょう。

バランスを考える

顔周りを飾るピアスを選ぶときは、顔型との相性も考えると良いでしょう。丸顔には、縦のラインを強調できる長さのあるチェーンピアスなどを合わせれば、すっきりと見せることができます。面長の人は、一粒タイプのスタッドピアスなど、小ぶりのピアスを着けるときれいに見えます。

また、ピアスはネックレスとのバランスも大事。両方が華奢な場合は少し寂しい印象になり、どちらも大ぶりな場合には派手な印象になりがちなので、バランスを取ることが重要です。

結婚式コーディネートにおすすめの4℃のピアス

結婚式に着けたいのは、フォーマルな場に似合う上質な輝きのピアス。4℃のピアスは、大人の女性を美しく彩るジュエリーです。ドレスに4℃のピアスをプラスして、ワンランク上のコーディネートを完成させましょう。結婚式コーディネートに合わせたいピアスのタイプと、おすすめの4℃のピアスをご紹介します。

パール

結婚式などのフォーマルシーンには、パールのジュエリーがおすすめです。上品な輝きで昼夜を問わず使え、どんなコーディネートにも合わせやすい、結婚式に適したジュエリーです。かたちが不揃いのバロックパールは少しカジュアルな印象になるので、真円のパールがおすすめです。

ダイヤモンド

ダイヤモンドの華やかな煌めきは、フォーマルな結婚式コーディネートにもおすすめです。耳元で美しく光を放つダイヤモンドのピアスは高級感があり、身に着ける人の魅力を引き立ててくれます。

カラーストーン

ジュエリーは、服装に合ったものを選ぶことも大切です。服装の色味に合わせたカラーストーンのジュエリーを選べば、コーディネートに統一感が出て、おしゃれ度がワンランクアップするでしょう。

華奢なデザイン

参列者のジュエリーは、花嫁よりも目立ちすぎない華奢なデザインがおすすめ。華奢なジュエリーは、洗練されたデザインや上質感のある素材のものを選べば、華やかな結婚式ドレスに合うでしょう。

揺れるピアス

ショートヘアや髪をアップスタイルにする場合は、揺れるピアスで顔周りに華やかさをプラスするのがおすすめです。耳元でやさしく揺れて美しく煌めき、結婚式コーディネートに華を添えます。

結婚式コーディネートにおすすめの4℃のピアス

4℃ではさまざまなピアスを取りそろえています。そのなかから、結婚式にぴったりのピアスを厳選してご紹介します。

ピアス パール

煌めくイエローゴールドのチェーンの先で、アコヤパールが上品に揺れるピアス。パールの美しい光沢が、結婚式コーディネートに華やかさとフォーマル感をプラスします。シンプルなスタッズパールとしても使える2WAYタイプ。

K10イエローゴールドピアス 華やか

深く美しい輝きのルビーと2石のダイヤモンドが華やかに揺れ、耳元を魅力的に飾るピアス。華やかな魅力と深い愛情をもたらすといわれるルビーは、結婚式のコーディネートにもぴったりの宝石です。

マナーを守ったピアス選びでおしゃれな結婚式コーディネートを

普段とは違う装いの結婚式では、ピアスをはじめとするジュエリー選びにもマナーが存在します。マナーを守り、ポイントを押さえたピアス選びをすれば、誰からも好感をもたれるおしゃれなコーディネートを楽しむことができるでしょう。結婚式には、4℃のピアスの上質な輝きがおすすめです。4℃のピアスで、ファッショナブルな結婚式のお呼ばれコーディネートを完成させてみませんか。

WHAT'S NEW