premium

know

choose

wear

present

column

know

18金ジュエリーの選び方。似合うカラーとお手入れ方法は?

August 30, 2019

華やかな輝きを放つ18金ジュエリーは、本物を意識し始める大人の女性に人気の素材。そんな18金ジュエリーには、色の種類があることを知っていましたか?上質な素材も素敵なデザインも、自分に似合ってこそ。ここでは、18金の色の種類や似合う色についての解説や、18金ジュエリーのお手入れの仕方、人気の18金ジュエリーを紹介します。

サムネイル

18金とは?イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドの違いを解説

18金とは?

18金や24金などの表記はゴールドの純度を表します。金の割合が75%の場合は「18金」または「K18」、金の純度が100%の場合は「24金」または「K24」となります。

尚、24金は柔らかくジュエリーや小物に加工することが難しいため、金にあえて銀や銅、亜鉛、パラジウムなどを混ぜて素材の硬度と強度を出し、加工しています。

K18イエローゴールドとは?

K18イエローゴールドは、金75%に残りの25%に銀や銅などの金属を混ぜています。純金よりも黄味が強いカラーが特徴。

K18イエローゴールドは安定した素材で、ジュエリーの地金として使用しても変色・変質が少ないのが利点です。そのため、永く見た目の変わらないジュエリーを身に着けたい人におすすめです。

K18ピンクゴールドとは?

K18ピンクゴールドは、金75%に残りの25%に銅、銀、パラジウムを混ぜ合わせてつくられています。

K18ピンクゴールドのカラーは銅の割合で異なり、銅の割合が多くなればなるほど深いピンクになります。

K18ホワイトゴールドとは?

K18ホワイトゴールドには、金75%に残りの25%にはパラジウムなどの白色系の金属を混ぜ合わせてつくられています。

K18ホワイトゴールドは混ぜ合わせている素材の関係でわずかに黄色がかかった色になってしまうので、ほとんどのホワイトゴールドジュエリーに「ロジウム」という金属でメッキ加工をし白さを出しています。

あなたに似合う18金カラーゴールドは?

イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3種類のカラーゴールドの中で、あなたに合う色を見つけましょう。

イエローゴールド

小麦肌やイエローベースの肌の人は、一般的に温もりを感じるイエローゴールドが良く似合うといわれています。

またベージュやブラウン、カーキなど黄味がかった色味の洋服を着る場合は、イエローゴールドのジュエリーを合わせるとなじみがよく、コーディネートに統一感が出るのでおすすめです。

ピンクゴールド

柔らかな色合いが特徴であるピンクゴールドは、色白のブルーベースのお肌にも、小麦肌のイエローベースのお肌にもよく似合います。

ブルーベースのお肌には血色感を与えてくれ、イエローベースのお肌には自然になじんでくれる万能カラーのピンクゴールド。
ジュエリーの素材選びで迷ったら、ぜひピンクゴールドも候補に入れてみてください。

ホワイトゴールド

K18ホワイトゴールドネックレス プレゼント

ブルーベースのお肌の人は、ホワイトゴールドのように涼しげな印象がある素材が良く似合います。

白はもちろんのこと、グレーやブルーの洋服にホワイトゴールドのジュエリーを加えると、クールでより洗練された印象に。

18金のお手入れ方法

指輪 婚約

18金ジュエリーも、身に着けているうちに独自の輝きが失われくすんで見えてしまう。なんてことはありませんか?

18金ジュエリーはお手入れで輝きを保ち、輝きを取り戻ことができます。

基本は1日の終わりに軽く水洗い、そして柔らかい布で拭くこと

1日中身に着けた18金のジュエリーには、皮脂や汚れなどが付着しています。美しい輝きを保ち続けるためにも、小まめにお手入れをしましょう。

ご自宅でお手入れをする場合は、カモシカの皮を植物由来のオイルでなめしたセーム革か、18金専用のクロス、軟らかい布などで優しく拭いてあげます。これだけで、ジュエリーの曇りやくすみが取れることも。

ティッシュペーパーで拭くとジュエリーに細かい傷をつけてしまう可能性があるため、出来るだけ上記でご紹介したアイテムでお手入れするのがおすすめです。

大切な18金ジュエリーの輝きを保つためには、日々の小まめなお手入れが大事。ジュエリーケースの近くにお手入れ用のアイテムを置いておくと、ケースにしまう前にさっとお手入れをすることができますよ。

輝きを取り戻したい時には

金は酸化しないものの、18金に含まれる銀や銅は時間が経つと酸化して徐々に変色してしまいます。18金ジュエリーを新しく購入した時の輝きを取り戻したい場合は、専用の道具を使ってお手入れをしてみましょう。

以下でご紹介するクリーニング方法は宝石のついたジュエリーに適さないものもあるので、まずは宝石のお手入れ方法について確認してから18金の部分をケアをしてください。

中性洗剤で作った洗浄水に浸す

容器に中性洗剤とぬるま湯を1:1の割合で入れてよく混ぜ、その液体の中にジュエリーを5分程度浸します。汚れが浮き出てきたら容器からジュエリーを出し、水で洗い流しましょう。その後、乾いた柔らかい布で優しく拭くと、綺麗になりますよ。

大人の女性に似合う4℃の18金のジュエリー

4℃ジュエリーの中でも、おすすめの18金ジュエリーを紹介します。

イエローゴールドのピアス

K18イエローゴールドピアス 普段使い

こちらはスタッドピアスですが、耳たぶを挟み込むようなデザインがフープピアスのように見えるのが特徴です。しずくのようなモチーフのフォルムと、埋め込まれた小さなダイヤモンドが洗練された印象に。

華奢なサイズ感なのにしっかりと存在感がある。そんな絶妙なバランスが人気です。

一石タイプのダイヤモンドネックレス

K18ピンクゴールドネックレス 普段使い

一粒のダイヤモンドが柔らかなピンクゴールドに包まれたデザインのネックレス。シンプルなデザインなのでデイリー使いはもちろん、ドレスアップする日は他のネックレスとの重ね着けをして華やかさを演出することもできます。

柔らかなピンクゴールドが女性らしさを引き立ててくれるので、フェミニンなお洋服に合わせるのも、少しマスキュリンなスタイルにあえて合わせるのもおすすめです。

ダイヤモンドリング

K18ピンクゴールドリング プレゼント

ウエーブのラインに沿って斜めにセットされたダイヤモンドが美しいリング。ダイヤモンドの存在感で、リングを着けるだけで手元が一気に華やかになります。こちらのリングは、記念日や誕生日、メッセージなどをリングの内側に刻印してもらえるサービスが適応になります。

ダイヤモンド1石ピアス

K18ホワイトゴールドピアス 普段使い

ダイヤモンドが輝く1石ピアス。ホワイトゴールドとダイヤモンドの組み合わせは、身に着けた女性を清楚で凛とした印象にしてくれます。さり気ないオシャレを楽しみたい人におすすめです。

是非、アップのヘアスタイルに合わせてみてください。

ピンクトルマリンとダイヤモンドの二連ブレスレット

K18ピンクゴールドブレスレット パーティー

ピンクゴールドのブレスレットに、ピンクトルマリンとダイヤモンドがほどこされています。ブレスレットが2連になっているので、華奢ながらしっかりとした存在感も。

18金カラーゴールドで輝きを纏って

ジュエリーの価格やデザイン、石だけでなく細部にまでこだわって、永く愛用したい人は18金を選ぶことをおすすめします。お手入れもこまめに行えば、お気に入りのジュエリーを永く身に着けることができます。

18金ジュエリーを身に付けて輝きを纏ってみてはいかがでしょうか。

WHAT'S NEW