premium

know

choose

wear

present

column

wear

秋に映えるネイルデザインとは。ジュエリーと合わせてさらにおしゃれに

August 25, 2020

夏の終わりを感じると、秋のファッションやネイルが気になってくるのではないでしょうか。季節に合ったカラーやデザインを取り入れたネイルをすることで、手元からおしゃれな雰囲気を演出できます。こちらの記事では、秋に映えるネイルカラーやデザイン、ジュエリーとネイルの合わせ方を紹介します。

サムネイル

秋に映えるネイルカラー

秋ネイルをおしゃれに魅せるには、カラー選びが重要です。カラーにこだわるだけでも、一気に秋らしいネイルに近づきます。まずは、秋に映えるネイルカラーを見てみましょう。

カーキ/洗練された印象に

秋のコーディネートの定番であるカーキは、ネイルにもおすすめのカラーです。カジュアルな印象なので、ネイル初心者でも取り入れやすいでしょう。また、デザインや他のカラーとの組み合わせによってはエレガントな印象になるのも魅力。

洗練された印象に仕上げたい場合は、はっきりとした色味ではなくミルキーカーキがおすすめです。ネイル上級者は左右のネイルカラーを変えるとさらにおしゃれに仕上がります。カーキと相性の良いベージュやグレーを組み合わせると上手くまとまりますよ。

ボルドー/上品な印象に

ボルドーは女性らしさと秋らしさを両立させたい人におすすめのカラー。こっくりとした色味を際立たせるため、何度か重ね塗りしてしっかり発色させるのが綺麗に魅せるコツです。

ワンカラーでシンプルに仕上げるのもかわいいですが、ベージュなどと組み合わせると優しげな印象に。また、上品に仕上げたい場合は、ボルドーとゴールドの組み合わせを試してみてください。ゴールドの華やかな輝きがボルドーの深みのあるカラーを引き立てます。

マスタード/秋らしい印象に

手元をパッと明るく彩るイエローは人気ネイルカラーのひとつです。微妙な色味の違いで季節感を演出できるカラーでもあります。夏に合うイエローは弾けるようなビタミンカラーですが、秋に合うのは落ち着いたマスタード。

手元のポイントになるカラーなのでワンカラーでもこなれた印象ですが、相性抜群のグレーと組み合わせると、さらに秋らしさとおしゃれな雰囲気を演出できます。より華やかに仕上げたい時は、シルバーカラーのネイルと組み合わせるのがおすすめです。シルバーのミラーネイルと合わせればモードなムードを纏えます。

秋に映えるネイルデザイン

ピンクネイルをほどこした手

ネイルはワンカラーでもかわいいですが、秋らしいデザインを取り入れるとグッとおしゃれな印象になります。秋に映えるネイルデザインをチェックしていきましょう。

くすみパープル×ホログラム

「スモーキーパープル」とも呼ばれるくすみパープルはトレンド感があり、秋冬のネイルにぴったりのカラーです。女性らしいやわらかな色味が手元を綺麗に魅せてくれます。薄めのカラーなので、パープルネイル初心者でも取り入れやすいでしょう。

そんなくすみパープルは、シェルやホログラムをのせることでさらにおしゃれな印象にワンランクアップ。ホログラムをのせるだけで上品に仕上がるので、セルフネイルに挑戦したい人にもおすすめです。ホログラムの量を調整すればオフィススタイルにもなじみます。

ボルドー×ホワイトマーブル模様

秋にぴったりのボルドーネイルに煌めくストーンをのせると洗練された上品な印象に。また、ボルドーにホワイトマーブル模様のネイルを組み合わせると、派手な印象が和らいで大人っぽい雰囲気を演出できます。ストーンもパールやオパールカラーなど、ホワイト系のやわらかな輝きのものを選んで優しげな手元に仕上げるのがおすすめです。

秋カラー×レオパード柄

秋冬ファッションに取り入れられることが多いレオパード柄は、ネイルデザインとしても人気です。ボルドーやマスタード、グレーといった秋カラーと合わせれば、おしゃれ上級者になれるでしょう。

レオパード柄が派手に感じる時は、柄の面積を調節します。斜めフレンチなどのデザインにすると上品な印象に。また、レオパードのベースをベージュやピンクベージュなどの淡いカラーにして肌なじみを良くするのも綺麗に魅せるコツです。

綺麗めカラー×べっ甲ネイル

ここ数年人気を集めているべっ甲ネイルも、秋におすすめのデザインです。透明感に加えて色味で秋らしさを演出できます。そんなべっ甲ネイルは、グレーやブラウンといった綺麗めカラーと合わせて上品で落ち着いた印象に。ワンポイントでパールなどを乗せたり、グラデーションデザインと組み合わせたりしてもかわいく仕上がるでしょう。

ネイルとジュエリーの合わせ方

手元を彩るネイルは、カラーやテイストをジュエリーと合わせることが大切。こちらでは、ネイルとジュエリーの上手な合わせ方を紹介します。

ジュエリーとネイルのカラーを合わせる

ネイルとジュエリーのカラーを合わせると、統一感が出て手元のおしゃれを楽しめます。例えばピンクゴールドのジュエリーを身に着ける時は、ネイルもピンク系にするとすっきりとした印象に。

また誕生石のジュエリーならばカラーが豊富なので、ネイルカラーを合わせる楽しみが広がります。アメシストのリングにくすみパープルネイルを合わせるなど、ジュエリーとネイルカラーでグラデーションをつくるのもおすすめです。

ハートモチーフには大胆なカラーを合わせる

ハートモチーフなどのかわいいデザインのジュエリーには、大胆なカラーを合わせて遊び心を演出。大胆さの中に上品さを持ち合わせているネイルカラーを選ぶのがコツです。コーディネートのポイントを手元に置きたい時におすすめの合わせ方ですが、手元が華やかな分、服装はシンプルにまとめてすっきりとさせましょう。

リングをメインにする場合は抜け感を重視する

リングとネイルを合わせる時はバランスが重要です。リングを重ね着けする時や存在感のあるリングを身に着ける時は、透明感や抜け感のあるネイルをセレクトしましょう。指先が軽やかな印象になり、メインのリングが引き立ちます。またベージュやピンクベージュなどの上品なヌーディカラーは、リングをより美しく魅せてくれます。

秋ネイルに合わせたい4℃の洗練ジュエリー

秋ネイルに合わせた4℃ブレスレット

4℃には洗練されたジュエリーが揃っており、秋ネイルにも合わせられます。ネイルと合わせて秋のおしゃれをより一層楽しみませんか。

イエローゴールドのV字ラインリング

K18イエローゴールド リング

ゆるやかなV字ラインが指をすっきりと魅せ、可憐な手元を演出してくれるリング。ダイヤモンドが繊細な輝きを放ち華やかな印象を与えます。シンプルなデザインのリングなのでどんなネイルにも合わせやすく、幅広いカラーやデザインを楽しめます。

ダイヤモンドが華やかなホワイトゴールドリング

K18ホワイトゴールド リング

ダイヤモンドとホワイトゴールドの凛とした輝きが、手元に上品な華やぎをプラスするリング。ネイルもベージュピンクやくすみパープルなど、上品で女性らしいカラーを合わせるのがおすすめです。また、クリアストーンのネイルパーツをのせたデザインにすれば、ダイヤモンドとリンクして手元の輝きが増すでしょう。

ピンクゴールドの2連デザインブレスレット

K10ピンクゴールド ブレスレット

トパーズとサファイアが可憐に煌めくブレスレット。ピンクゴールドのやわらかな輝きと相まって、手元を女性らしく彩ります。ネイルを合わせるならば、赤やピンク系を選んで手元でグラデーションを作ってみてはいかがでしょうか。秋らしいボルドーカラーのネイルと合わせるのもおすすめです。

ネイルとジュエリーを合わせて、秋のおしゃれを楽しもう

暑さが和らぎ秋の気配を感じたら、まずはネイルからアップデートしてみてはいかがでしょうか。その際、ネイルとジュエリーを上手に合わせると、より洗練された印象に近づきます。秋に映えるネイルカラーやデザインを取り入れて、おしゃれをより一層楽しんでくださいね。

WHAT'S NEW