premium

know

choose

wear

present

column

know

天然石ジュエリーで内側からのエネルギーを感じて

July 31, 2019

自分のお守りとしても、プレゼントとしても人気の天然石。天然石と宝石、それぞれの意味を知れば、その魅力をもっと楽しむことができます。天然石と宝石の違いや、アクセサリーとして身に着けるのに人気な、12ヶ月の誕生石に含まれる意味や特徴を解説していきます。

サムネイル

天然石と宝石には違いがあるの?

「天然石」「宝石」と聞くとどんな印象を持ちますか?
天然石はどことなく神秘的なイメージ、宝石はラグジュアリーなイメージ…など人によってさまざまな印象を抱くと思います。

天然石と宝石に、明確な違いはあるのでしょうか?

天然石とは

天然石は、自然界で生成された鉱物や岩石の総称です。
ダイヤモンドなどの原石はもちろん、道端にある石ころも定義的には天然石と言えます。

また、宝石にはならない鉱物や岩石を、建物や家具、ジュエリーなどの装飾目的で美しく加工した石も天然石と呼ばれます。

天然石は自然が生み出した石のため、古代より石にパワーが宿っているとされ、お守りや魔除けとしても使われてきました。
現在市場に出回っている天然石はおよそ300種類ほどといわれています。

宝石とは

天然石と宝石は、定義こそ違えど実は同じ石であり、素材としてはなんら変わりはありません。

宝石は、天然石の中でも美しく希少性が高い、長い年月を経ても品質が劣化しない石と定義されています。
その宝石の中でも、硬度や希少性が認められた石は「貴石」と呼ばれます。ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドは、「四大貴石」と呼ばれ、貴石の中でも特に世界中で人気を集めています。

幸せを呼ぶ12か月の誕生石

ここまで天然石と宝石の定義をご説明してきました。天然石を身に着けてみたくなったけれど、何を選べばいいかわからない、と感じた方も多いのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが、身近な天然石として身に着けられる誕生石ジュエリー。
おしゃれなジュエリーとしてだけでなく、お守り代わりとしても持つことができるのでおすすめです。

12か月の誕生石にはそれぞれ異なった象徴するものと意味づけがあります。
各誕生石について、それらをあしらったジュエリーと共にご紹介します。

1月 ガーネット 実り・繁栄・真実

ガーネットは歴史上最も古い宝石のひとつで、神聖な石として大切にされていました。

努力を成功へと繋げるパワーがあり、頑張りたい日のお守りや、恋愛の成就にも力を貸してくれるといわれています。
また、大切な人との絆を深める石としても愛されています。

ロードライトガーネットとダイヤモンドをあしらった、リバーシブルのピンクゴールドネックレス。清楚な女性らしさを引き立てる、しずくモチーフのデザイン。

2月 アメシスト 真実の愛・心の平和・誠実

高貴な色とされる紫であるため、古くから世界各地で儀式・秘儀に盛んに用いられていたアメシスト。
「愛の守護石」と呼ばれ、真実の愛を守り、愛を育む強さを与えてくれます。
心を癒し、安らぎをもたらしてくれたり、視野が広がったりするともいわれています。

ピンクゴールドネックレス

アメシストとダイヤモンドが胸元に沿い煌めく、上品なネックレス。

3月 アクアマリン 幸福・富・聡明

ラテン語で「水(aqua)」と「海(marine)」が語源のアクアマリン。
まるで水の中に身をゆだねたように穏やかな心へ導いてくれ、周りの人に対しても優しく、柔軟に接することができるようになるともいわれます。
また古来より結婚や出産のお祝いにアクアマリンを贈られると幸せになれるという言い伝えがあります。

ホワイトゴールドネックレス

ムーンモチーフのネックレス。揺れるアクアマリンと、散りばめられたキュービックジルコニアが輝きます。

4月 ダイヤモンド 永遠の絆・不変・純潔

宝石の王様といわれるダイヤモンド。
何にも屈せずどんな困難でも乗り越える強さの象徴とされています。

この石を、左手の薬指にはめると、その愛は永遠に守られるという言い伝えから
婚約指輪を贈る習慣が始まったともいわれています。

また永遠に美しく輝くことから、「美と富に恵まれ、愛に満ちた家庭を築ける」と信じられています。

ピンクゴールドネックレス

永遠の定番、一粒ダイヤモンドネックレス。ダイヤモンドの輝きがより際立つよう、小さな爪で留められています。

5月 エメラルド 恋愛成就・幸運・安定

エメラルドは「愛の象徴」とされ、恋愛成就や自分自身を愛し癒すパワーがあるといわれています。
また前へ進む勇気をもたらし、成功へ導いてくれるとも。

古代エジプトでは、エメラルドのネックレスは永遠の若さを象徴しており、絶世の美女と呼ばれた女王・クレオパトラもエメラルドをこよなく愛していたんだとか。

エメラルドの輝きが鮮やかなネックレス。ダイヤモンドの煌めきが華やかさを添えています。コーディネートのしやすいシンプルかつ繊細なデザインが魅力的。

6月 ムーンストーン 愛を伝える・癒し・円満

古代ローマでは、その輝きから凍った月光で出来ていると信じられていました。
持ち主の女性らしい魅力をアップするといわれ、心を解きほぐし穏やかな面を引き出してくれます。

また「恋人たちの石」ともいわれ、パートナーと円満な関係が続くようお守りとしても用いられています。

揺れるたび、やわらかな光を放つムーンストーンのピアス。トパーズの繊細な煌めきとイエローゴールドが相まって、上品で洗練された耳元に。

7月 ルビー 情熱・良縁・勝利

ルビーは「勝利を呼ぶ石」といわれ、困難に打ち勝つ力を与えて、持ち主を勝利へ導くとされています。
また、情熱を高め、美しさと気品を引き出す力があるともいわれています。

古代から「宝石の女王」といわれ愛の贈り物として身に着けられてきたルビーは、
大切な方へのプレゼントにもぴったりです。

ルビーが揺れながら色鮮やかにきらめく、ハートモチーフのネックレス。ダイヤモンドの凜とした輝きが気品を添えます。

8月 ペリドット 優しさ・前向きな心・和愛

ペリドットは「太陽の石」と呼ばれ、どんな時にも心を明るく照らし勇気を与えてくれます。

マイナスの感情におちいった時には、希望をもたらし向上心を復活させ
夢の実現をサポートしてくれるでしょう。

また、夫婦で身に着けると信頼や絆を強くしてくれるともいわれています。

鮮やかな彩りのペリドットが印象的なピアス。イエローゴールドのチェーンが優しい煌きを放ち、表情をやわらかく魅せてくれます。

9月 サファイア 成功・誠実・慈愛

神秘的な輝きを放つサファイアは、真実を見抜く力や自分自身の才能を呼び覚ましてくれ
持ち主の目標に向かう意志を強くサポートしてくれます。
また勝利運を高めるともいわれており、夢を掴む大事なシーンで後押ししてくれるはずです。

中世の貴族達の間では、「愛の証」とされ、贈り物として使われていました。

可憐なオープンハートの中でサファイアとダイヤモンドが寄り添いながらきらめきます。

10月 トルマリン 愛情・安楽・新しい出会い

あらゆる愛の運気を向上させる『愛の石』とされるトルマリン。
女性らしさをアップさせる効果や感受性を鋭くする効果があり、
新しい出会いのチャンスを逃さず掴み取るともいわれています。

また、トルマリンはマイナスイオンを発生することから
リラックス効果を得ることができるとされています。

ピンクゴールドピアス

トルマリン、ダイヤモンド、アメシスト、トパーズが煌めく、オープンハートのスタッドピアス。

11月 シトリン 希望・友愛・自信

シトリンは太陽のような力強いエネルギーで、古来より様々な病気の治療に効果があると信じられていました。

心身共に健やかになることで心の調和を図り、
マイナスの感情から守ってくれることで、充実した毎日を送れるようになるでしょう。


また、内面からの若さや健康を保つ力があるともいわれています。

シトリンが揺れてきらめく洗練された印象のピアス。ダイヤモンドやイエローゴールドの眩い輝きも美しい、上品なデザインです。

12月 タンザナイト 高貴・冷静・自立心



採掘できる数が少なく産出量が年々減少していることから、将来的にどんどん手に入りにくくなると考えられています。
見る角度や光によってニュアンスの変化を楽しめるのも魅力で、その多色性から、持ち主に多彩な可能性と想像力を示してくれるといわれています。

「決意の石」とされ、人生の転機に正しい判断へ導いてくれたり、アイデアを求めている時に直感力を高めてくれます。

ホワイトゴールドネックレス

片面がタンザナイト、もう片面にとダイヤモンドをあしらった2WAYタイプのリバーシブルネックレス。しずくモチーフが、女性らしさを引き立たせます。

誕生石についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

天然石ジュエリーのチカラを味方につけて

ジュエリーなら、プライベートでも仕事でもさり気なく天然石を身に纏うことができます。スタイルに彩を添え、モチベーションアップの味方にも。

天然石の意味を知り、自分に合ったジュエリーをお守りのように身に着けてみては。

WHAT'S NEW