premium

know

choose

wear

present

column

choose

人気のホワイトゴールド、その魅力とおすすめジュエリーを紹介

September 30, 2019

プラチナと並んで人気の高いホワイトゴールド。見た目が似ているプラチナを日本語で「白金」と書くため同じ金属と混同されがちですが、実は全く別の金属なんです。そんなホワイトゴールドの特徴やジュエリーとして人気の理由、おすすめのジュエリーをご紹介します。

サムネイル

ホワイトゴールドが人気の理由とプラチナとの違い

ジュエリーの素材として人気の高いプラチナとホワイトゴールド。見た目が似ているため同じ素材と混同されやすいのですが、実は全く違う性質を持った金属なのをご存知ですか?

ホワイトゴールドとは

ホワイトゴールドは金にパラジウムや銀などを混ぜた合金です。純粋な金だけでは柔らかすぎるため繊細な加工が難しく、ジュエリーとしての硬度が足りません。そのためパラジウムなど他の金属を混ぜてジュエリーとしての硬度を高めています。

硬度を高めたホワイトゴールドは、日常生活での変色や変質が少なく、傷が付きにくくなります。

金と白色の金属が混ざると白銀色になるためホワイトゴールドと呼ばれています。完全な白にはならないので、表面にロジウムコーティングを施すことで、プラチナのような白さを出しています。

プラチナとホワイトゴールドは別物

プラチナの日本語名は「白金」なのでよくホワイトゴールドと混同されますが、この2つは全く違う性質を持った金属です。ちなみにホワイトゴールドを日本語にすると「白色金」となります。

ゴールドは金箔のように薄く伸ばした加工が可能なため、繊細なデザインを表現できる「展性」という特徴があります。ホワイトゴールドは永く使用するうちにメッキコーティングが剥がれ本来の地金の色が見えてきますが、再びロジウムメッキコーティングをすることで元の白さに戻せます。

プラチナは粘り気が強い金属で、優れた柔軟性をもつ「粘性」という特徴があります。そのため加工しやすく小さな爪でもしっかりとジュエリーを留めることができます。またプラチナの白い輝きは生まれもった白のため、変色の心配がありません。

ジュエリーに使用されるその他の素材

ジュエリーに使われる素材にはホワイトゴールド以外にもイエローゴールドやピンクゴールドなどいくつかの種類があります。含まれる金属の種類や割合によってカラーが異なりますが、見た目以外にもそれぞれ特徴があります。

カラーゴールドとは

カラーゴールドは金を主成分として銀や銅など他の金属を混ぜて作られる合金です。混ぜる金属の種類や割合によって、ホワイト・イエロー・ピンクなどのカラーバリエーションができます。そのため表面だけをメッキ加工して色をつけたものはカラーゴールドには分類されません。

カラーゴールドは金を主成分とした合金なので、金の純度が高いほど価値が高くなります。

イエローゴールドの特徴

金に銀や銅を混ぜて作られた素材がイエローゴールドです。金よりも黄色が強く黄金系のゴールドになります。主成分となる金の純度が高いほど変色や変質が少ないので、永く愛用したい人におすすめです。

ピンクゴールドの特徴

金に銅、銀、パラジウムなどを混ぜて作られた素材がピンクゴールドです。銅の割合により色合いも変わっていきます。銅の割合を多くすると赤味の強いピンク色で強度が増し、パラジウムの割合を多くすると薄いピンク色になり柔らかくなります。

K10とK18の違い

ジュエリーに刻印されているK10やK18の文字。Kは金の純度を表すカラットの頭文字で、金がどのくらいの割合で含まれているかを示しています。

K10は全体の42%、K18は全体の75%が金となります。残りは銀や銅、パラジウムなどが含まれていて、配合量によってカラーが変わります。

K10の方が金以外の割合が多いため硬度が高く、K18は金の割合が多いので変色しにくいという違いがあります。

ホワイトゴールドのおすすめジュエリー

上品な輝きで女性の美しさを引き出してくれるホワイトゴールド。どんなシーンにも合わせやすい魅力的なジュエリーをご紹介していきます。

K18ホワイトゴールド ネックレス

K18ホワイトゴールド ネックレス

ダイヤモンドを贅沢に使った馬蹄モチーフのネックレス。馬蹄は幸運を呼び込むモチーフといわれています。煌めくダイヤモンドの馬蹄はお守りとしてもおすすめです。

K18ホワイトゴールド ネックレス

K18ホワイトゴールド ネックレス

凛としたホワイトゴールドの輝きと7石の並んだダイヤモンドが胸元を華やかにしてくれるネックレス。シンプルなデザインの上質なネックレスは大人の女性をエレガントに魅せてくれます。

K18ホワイトゴールド リング

K18ホワイトゴールド リング

美しい曲線の中央にはダイヤモンドが輝くシンプルなデザインのリング。清楚な輝きのホワイトゴールドとダイヤモンドの煌めきが指先を華やかに。

K18ホワイトゴールド リング

K18ホワイトゴールド リング

ホワイトゴールドにダイヤモンドを並べたハーフエタニティリング。シンプルなデザインでも存在感があり、ひとつでも華やかな印象を与えてくれます。大人の女性にはマストアイテムとなるリング。

K18ホワイトゴールド ピアス

K18ホワイトゴールド ピアス

ホワイトゴールドのしずくモチーフに爽やかなブルーのストーンを組み合わせた上品なピアス。流れるようなラインが女性らしさを与えてくれます。

K18ホワイトゴールド ピアス

K18ホワイトゴールド ピアス

3連のダイヤモンドが動くたびに上品に揺れるホワイトゴールドピアス。フォーマルからカジュアルまでシーンを選ばず使えるので1つあると便利なアイテム。

K18ホワイトゴールド ブレスレット

華奢なチェーンにダイヤモンドのフラワーモチーフとビーズが煌めくブレスレット。大人の女性も身に着けやすいデザインで、エレガントな手元を演出。

K18ホワイトゴールド ブレスレット

並んだ5粒のダイヤモンドがアクセントになってキラキラと輝く上品な印象のブレスレット。ビーズが散りばめられたホワイトゴールドのチェーンとダイヤモンドの組合せは大人の女性におすすめです。

ホワイトゴールドのメンテナンスとお手入れ方法

毎日のお手入れ方法は?

使用した後は柔らかい布でやさしく汚れを拭いてから個別に保管してください。他のジュエリーとぶつかったり、落としたりすると破損の原因となってしまいます。

毎日のお手入れだけでは落としきれない汚れもあるため、永く愛用するためには定期的なクリーニングをおすすめします。4℃のジュエリーなら、全店舗で専用洗浄機による無料クリーニングサービスを受けることができます。

もしかして変色?

ホワイトゴールドを永く愛用していると「黄色くなってきたような・・・」「もしかして変色?」と感じることがあるかもしれません。ですがそれは変色ではなくホワイトゴールドの地金の色。表面に施されたロジウムメッキが剥がれてくると地金の色が見えてくるため変色したように感じます。

そんな時は購入したお店で再度コーティングしてもらうと元の状態に戻せます。

永く愛用するために

大切なジュエリーを永く愛用するためには、年に一度は購入したお店でメンテナンスしてもらうのがおすすめ。

4℃のジュエリーはサイズ直し、チェーンやパーツの取付・交換などアフターサービスが充実しています。オンラインで購入したジュエリーも近くの実店舗でサービスを受けることができます。また近くに実店舗がない場合は、郵送でサービスを受けられるので安心です。

コーディネートを華やかに彩るホワイトゴールド

優しい印象を与えるホワイトゴールドのジュエリー。

毎日のコーディネートに華を添えるアイテムとして、シンプルに身に着けたり、お手持ちのジュエリーと組み合わせたり、気分に合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

WHAT'S NEW