premium

know

choose

wear

present

column

know

おしゃれなシルバーリングを身に着けるために知っておきたいこと

October 22, 2019

華奢で繊細なデザインから存在感のあるものまでさまざまなデザインが楽しめるシルバーリング。リーズナブルな価格帯ながら、ひと際強い輝きを放つシルバーはコーディネートのアクセントして取り入れるファッションリングの素材としてもおすすめです。トレンド感のある上品なシルバーリングを取り入れて、手元に華やかさをプラスしてみては?

サムネイル

シルバーリングとは

全ての金属の中で最も光の反射率の高い素材である銀。その銀で作られたシルバーリングにはどのような特徴があるのでしょうか。

シルバーリングの特徴

シルバーリングはほかの金属に比べて光の反射率が高いことで知られており、美しく磨かれたものはまるで鏡のよう。やわらかくデザイン性の高い素材でもあるので、デザインにこだわることができるのも魅力です。

シルバーリングは変色することも

美しく力強い輝きを放つシルバーリングですが、一方で変色しやすいという特性も持ち合わせています。例えば、シルバージュエリーを着けて温泉に入ると黒ずんでしまうのは、シルバーが温泉に含まれる硫黄と反応した結果。また、日常生活での汗や空気中の水分にも反応して徐々に変色してしまいます。

ただ、最近は変色しにくい加工をしたシルバージュエリーも増えているので、必ずしもシルバーだからすぐに変色するというわけではありません。それでも本来の輝きを保つためには定期的なお手入れを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

シルバーリングのお手入れ方法

シルバーリングを永く美しく使い続けるために、使用後はやわらかい布で薬剤や汗などをふき取りケースなどに保管しましょう。可能であれば、月に1回程度はプロにケアをお願いするのもひとつの方法です。4℃で購入したジュエリーは4℃の全国の店舗で無償洗浄サービスを受けることが出来ますので、賢く利用して美しさを保つようにしましょう。

シルバーリングのおしゃれな着け方

存在感のあるシルバーリングを身に着けるならよりファッショナブルに。シルバーリングをおしゃれに魅せるための着け方を4つ紹介します。

親指に細めのリングをつけると女性らしい印象に

リングは人差し指・中指・薬指・小指のいずれかに着ける人が多いですが、華奢なリングをあえて親指に着けることで指先を繊細な印象に。強く眩い輝きを放つシルバーは、華奢でシンプルなデザインでも確かな存在感を放ちます。

デザイン性の高いリングで手元を華やかに

シルバーリングはデザイン性の高さも魅力的です。豊富なデザインのシルバーリングを見ていると、普段は挑戦しないようなリングにも挑戦したくなりますね。シルバーにピンクゴールドを組み合わせたコンビカラーリングなどは、上品さの中に少し遊び心のあるデザインで毎日のコーディネートにも取り入れやすくなります。

ちなみに、デザイン性の高いリングを身に着けるなら人差し指がおすすめ。手の中でも一番動きがある人差し指にデザイン性の高いリングを着けることで、個性をさり気なく表現できます。

指先をきれいに魅せる「ファランジリング」

ファランジリングとは指の根元ではなく第一関節と第二関節の間にはめるリングのこと。ファランジリングは目線を細い指先に集めることで、指を細く長く見せてくれる効果が期待できます。ネイルリングとも呼ばれ、ネイルを含めたトータルコーディネートを楽しむことができるのも魅力です。

ファランジリングは、リングの重ね着けをする時にもおすすめ。人差し指には普段着けているシンプルなものを、中指にはファランジリングでデザイン性の高いものを身に着けるなど、組み合わせを工夫することでおしゃれの幅が広がります。

オリジナリティを出したいカップルのペアリングに

デザインの自由度が高いシルバーはオリジナリティが欲しいカップルのペアリングとしてもおすすめ。一般的に結婚指輪として人気が高いのはプラチナやゴールドですが、変色しにくい加工をしてあるシルバーもペアリングの素材として人気があります。

シルバーの色味が魅力!ホワイトゴールドリングとは

「シルバーの色味は好みだけれど毎日着けるつもりなので変色が気になる」という人はシルバーに近い輝きを放つホワイトゴールドもおすすめ。普段使いのジュエリーに最適なホワイトゴールドとはどのような素材なのでしょうか。

ホワイトゴールドリングの特徴

ホワイトゴールドは金(ゴールド)です。金と聞くと黄金色を連想しますが、ホワイトゴールドは金に銀やパラジウムなどの白い金属を配合してゴールド素材を作り上げています。シルバーほど高い光の反射率があるわけではありませんが、落ち着いた白い輝きが魅力です。

シルバーとホワイトゴールドの違い

ホワイトゴールドはシルバーに比べると硬度が高く、傷つきにくいという特性を持っています。また、シルバーに比べて変色もしにくいので、長期間身に着けることでの変色が気になる人におすすめです。

ホワイトゴールドリングのお手入れ方法

ホワイトゴールドリングはメッキコーティングがほどこされています。強い力でこするのは避け、普段のお手入れは使用後にやわらかい布で軽くふく程度にしましょう。

ただ、隙間などの汚れが気になる場合は水洗いが可能。中性洗剤を入れたぬるま湯で優しく手洗いをしたあと、水で十分すすいだらクロスでふき取ると輝きを取り戻します。但し、天然石がついている場合は注意が必要です。もしご自身でのお手入れが不安であれば、ショップへ持ち込んでクリーニングを受けるのもおすすめです。

シルバー・ホワイトゴールド素材のおすすめのリング

力強い輝きを放つシルバーリングはシンプルなデザインで上品に身に着けて。華奢でシンプルなデザインが魅力の4℃のリングの中から、大人の女性の魅力を引き立てる4つのリングをご紹介します。

ウェーブラインが魅力のペアリング

ペアリング プレゼント

なめらかなウェーブラインが魅力のシルバーのペアリング。レディースリングはピンクシルバーが女性らしさを引き立ててくれます。メンズリングはシルバーの色味でマット加工がされているため、輝きすぎず手元をシャープにすっきり魅せるデザインです。

Vラインがクールなペアリング

ペアリング プレゼント

Vラインを描くようなかたちのシルバーのリング。レディースリングはピンクシルバーが使用されており、V字が重なる部分にはメレダイヤモンドが煌めきます。身に着けるだけで清楚でありながらも上品な指先に。一方、メンズリングはマット加工がほどこされ落ち着きのあるシルバーに。V字デザインと相まってスマートな印象を与えてくれます。

ハーフエタニティのホワイトゴールドリング

K18ホワイトゴールドリング プレゼント

ダイヤモンドがリングの半周部分に敷き詰められたハーフエタニティタイプ。エレガントでありながらも存在感を放つ美しさが魅力。ストレートリングなので重ね着けにも取り入れやすいデザインです。

ダイヤモンドが輝くホワイトゴールドリング

K10ホワイトゴールドリング プレゼント

繊細なウェーブを描くデザインの中央には、一粒のダイヤモンドが配置されています。身に着けた時の存在感も秀逸であり、大人の女性のシンプルなファッションを上品にまとめます。1本でも手元を華やかに魅せてくれるデザインが魅力です。

シルバーリングでおしゃれを楽しんで

力強く知的な輝きを放つシルバー。1本で手元を華やかに魅せるシルバーリングは、コーディネートのアクセントにぜひ持っておきたいジュエリーです。変色やお手入れが気になる場合はエターナルシルバーや、シルバーに近い輝きを持つホワイトゴールドなども選択肢に入れると良いでしょう。ご自分のライフスタイルに合わせて素材を選び、末永くお付き合いできるジュエリーを手に入れてくださいね。

WHAT'S NEW