premium

know

choose

wear

present

column

wear

シックな入学式コーディネートで素敵なママに

November 27, 2019

お子さんの晴れの舞台である入学式。入学式は、お子さんの成長を感じられる喜ばしいイベントであり、思い出に残るセレモニーです。主役はもちろんお子さんですが、ママも大事な存在。素敵な入学式コーデで、セレモニーに華を添えましょう。

サムネイル

ママの入学式コーデとは?押さえておきたい基本マナー

お子さんの学校生活のスタートとなる入学式は、ママの装いもふさわしいもので出席したいですね。記念写真や映像に残りますし、これから長くお付き合いする先生やほかのママさんたちにも好印象を与えられる、清楚でおしゃれなコーデが理想です。入学式で浮かないように、入学式コーデのマナーを知っておきましょう。

入学式での装い

入学式コーデは、セミフォーマルが基本です。セミフォーマルとは、ビジネス感がないキレイめのスーツやワンピースなどで、上質感があって清楚な印象の装い。入学式では、きちんと感のあるジャケットのなかに、ブラウスとスカートやパンツを合わせたり、ワンピースを合わせるコーデが主流です。派手過ぎたり流行を追い過ぎたりすることなく、品のある華やかさと適度なトレンドを取り入れつつコーディネートしましょう。

また、私立の学校は「ブラックフォーマルが好ましい」「パンツスタイルはNG」など、学校独自のルールがある場合がありますので、事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。

カラー選び

お子さんの新しい生活のスタートを飾る入学式コーデには、明るいトーンで清楚な印象のカラーが◎。ベージュやアイボリーはやさしい印象を与え、春らしく華やかで入学式コーデにおすすめです。グレーやネイビーもきちんと感があり、セレモニーにはぴったりのカラーでしょう。

素材選び

入学式コーデは、上質感があり、繰り返しの立ち座りでもシワになりにくい素材を選びましょう。例えば、ツイード素材のスーツは華やかさと上質感があり、セレモニーにおすすめ。ツイードジャケットにふんわりスカートやアンクルパンツなど、異素材のボトムスを合わせるのもおしゃれです。インナーはシフォンやレース素材のブラウスにすると、女性らしい華やかなコーデになりますよ。

レッグウェア

脚には、肌の色に近いベージュカラーのストッキングを着用しましょう。色や柄で遊んだり、寒さ対策でタイツを履きたくなることもあるかもしれませんが、入学式にはシンプルでナチュラルなストッキングがおすすめです。

つま先やかかとが見えないパンプスにし、5cm前後のヒールを選びましょう。素材はレザーが無難とされますが、エナメル素材もOKです。カラーは服に合わせて、明るめコーデならベージュ系、ダークカラーコーデならブラックやネイビーなどがおすすめ。

バッグ

入学式のバッグには、レザーのフォーマルバッグがおすすめです。無地でシンプル、派手過ぎないカラーの、ベーシックなバッグを選びましょう。バッグを靴の色と合わせると、コーディネートに統一感が出ます。また、入学式ではいろいろな配布物があり、荷物が多くなることが予想されるので、サブバッグをもっていると便利です。

コサージュ

入学式コーデでよく見かけるコサージュ。必ず着けなくてはならないものではありませんが、コーディネートが華やかになるということで人気のアイテムです。コサージュは装いに合わせて選びますが、入学式には明るく淡い色のコサージュを選ぶとよいでしょう。また、コサージュの代わりにブローチやスカーフ、ネックレスで華やかさをプラスするのもおすすめです。

ママの入学式コーデとは?スタイル別にご提案

入学式コーデ

入学式コーデの基本マナーがわかったら、具体的にコーデを考えていきましょう。スカートスタイルかパンツスタイルか、普段着慣れているアイテムのほうが気楽に着られます。また、入学式以外でも着られるよう、着回しやすさなども考慮するとよいでしょう。

スカートスタイル

ブラウスとスカートにジャケットを合わせたスタイルは、入学式コーデの定番ともいえるでしょう。スカート丈は、品よく軽やかに見えて足さばきもよい、ひざ丈からひざ下丈くらいがベストです。長めの丈のスカートにするなら、ジャケットはコンパクトにしたり、ウエストがシェイプされたものにして、バランスやシルエットにも気を配りましょう。

立ち座りが多い入学式では、動きやすさを考えてフレアタイプやプリーツスカートなどがおすすめです。ジュエリーはパールのネックレスを選ぶとよりフォーマルな印象に。

ワンピーススタイル

ジャケット&スカートのスーツスタイルよりも着やすさがあるワンピーススタイル。スカートほどウエストの締め付けがなく、立ち座りなどが楽なのも魅力です。丈はスカートと同じように、ひざ丈からひざ下丈くらいがよいでしょう。

ハイウエストの切り替えや、リボンでウエストマークされたワンピースは、スタイルもよく見えて華やかさもあり、女性らしい印象のコーデになります。丈が短めのジャケットやボレロなどを合わせましょう。シンプルなダイヤモンドのジュエリーを添えれば、コーディネートがより引き立ちます。

パンツスタイル

入学式のパンツスーツは、ビジネスっぽくならないように、インナーは華やかなものを選びましょう。レースやシフォンのインナーで女性らしさを演出したり、ボウタイで胸元にアクセントをつけるのもおしゃれです。

パンツにジャケットを合わせるのもかっこいいですが、プルオーバーとのセットアップもスタイリッシュでおすすめ。ラフに見えないように、ジュエリーなどでフォーマル感を出すことが大事です。ジュエリーは生地感や全体の印象も考慮して選ぶのがおすすめ。かっちりした印象が強いなら、女性らしいパールのジュエリーをセレクトしてみて。

入学式コーデに合わせたい4℃のジュエリー

入学式コーデには、本物の輝きのジュエリーで華やかさを添えましょう。身に着けるジュエリーは、ネックレスやピアスなどがおすすめです。また、セミフォーマルが基本の入学式コーデには、パールのジュエリーを合わせましょう。淡く美しく輝くパールは、入学式コーデを上品に飾ってくれます。

ダイヤモンドのジュエリーも、シンプルなものなら目立ち過ぎることがないのでおすすめです。華美になり過ぎないように、コサージュなども含めてバランスを見ながら身に着けるようにしましょう。入学式コーデにおすすめの4℃のジュエリーを、スタイル別にご紹介します。

スカートスタイル

スカートスタイルの入学式コーデには、イエローゴールドのジュエリーで上質感をプラスするのがおすすめです。

K18イエローゴールド ネックレス

揺れるパールが印象的なY字タイプのネックレス。

K18イエローゴールド ピアス

アコヤパールが耳元に上品な煌めきとフォーマル感をプラス。

K18イエローゴールド ネックレス

イエローゴールドとスクエア型のモチーフで洗練された印象に。

K18イエローゴールド ピアス

イエローゴールドと一粒ダイヤモンドが耳元を華やかに演出。

ワンピーススタイル

ワンピーススタイルの入学式コーデには、やさしい雰囲気のピンクゴールドのジュエリーを合わせてみてはいかがでしょうか。

K18ピンクゴールド ネックレス

ピンクゴールドがパールを包み込むようなやさしいデザイン。

K18ピンクゴールド ピアス

ハートのフォルムのピンクゴールドとパールで印象的な耳元に。

K18ピンクゴールド ネックレス

お花のモチーフとダイヤモンドの煌めきが華やか。

K18ピンクゴールド ピアス

4石のダイヤモンドが花のように並んだ可憐なピアス。

パンツスタイル

かっちりした印象のパンツスタイルの入学式コーデには、上品さと華やかさがあるデザインのジュエリーを合わせてフェミニンな印象に。

K18イエローゴールド ネックレス

ホワイトパールとグレーパールが寄り添ったモダンなデザイン。

K18イエローゴールド ピアス

3つのアコヤパールが曲線を描いた遊び心を感じるピアス。

K18ホワイトゴールド ネックレス

一粒ダイヤモンドが上品なネックレス。

K18ホワイトゴールド ピアス

シンプルデザインでシーンを選ばず使えるダイヤモンドピアス。

上質なジュエリーで好印象な入学式コーデを

お子さんの晴れの日を彩る、ママの入学式コーデ。基本のマナーを守りつつ、ママ友たちに好感をもたれ、お子さんに自慢のママだと思ってもらえるような、おしゃれなコーディネートを目指しましょう。そして、4℃の上質で本物のジュエリーで、入学式コーデに上品な輝きを添えてください。

WHAT'S NEW