premium

know

choose

wear

present

column

choose

結婚式に呼ばれたら。知っておきたいネックレスのマナー&選び方

January 8, 2020

結婚式のコーディネートに華を添える上品なネックレス。華やかな場には欠かせないジュエリーですが、選び方にはマナーがあることはご存じですか?ここでは、結婚式で覚えておきたいジュエリーのマナーや選び方を紹介します。マナーにかなったネックレスを身に着けて、大人の女性らしくお祝いの場に参列しましょう。

サムネイル

結婚式のネックレスは、大人のエレガンスを意識して

結婚式にネックレスを身に着けるなら、その日のコーディネートに合わせて素材やカラーを選ぶとよいですね。ただし、結婚式のジュエリー選びには、注意したいポイントがあります。

当日に備えて、結婚式のマナーに合わせたネックレスの選び方を確認しましょう。

花嫁より目立つのは避けましょう

ハレの日である結婚式は、華やかなコーディネートがいちばん。ジュエリーもコーディネートにふさわしく明るく晴れやかな印象のものが望ましいでしょう。

ただし、ぜひとも心に留めておきたいのが、「あくまでも主役は花嫁」ということ。いくら華やかないでたちが喜ばれるとはいえ、花嫁よりも目立つ装いはNGです。

煌めきが強すぎたり存在感がありすぎたりするネックレスは避け、華やかかつ上品で控えめなデザインを選びましょう。

また、カジュアルな結婚式では、花嫁もごくシンプルに装うケースがあります。結婚式の案内をもらったら、式の雰囲気を確認し「どんな雰囲気の式になるのか」をきちんと検討するとよいですね。

ハレの日のマナーをわきまえる

ネックレス選びで気をつけたいのが、カジュアルすぎるデザインは避けること。目を惹く派手なデザインよりも、品質で美しく魅せるのがベターです。また、イミテーションはNGではありませんが、大人の女性なら避けたいところ。ハレの日をお祝いするのですから、品質の良いネックレスを身に着けて臨むと良いでしょう。

さらに、ネックレスのベースとなるドレスやシューズ、小物選びにも注意が必要です。コーディネートがマナーに反していると、どんなに素敵なネックレスも意味がありません。例えば、ブラックドレスを着用して結婚式に出席する場合は、小物や靴まで全身ブラックで統一してしまうと、お葬式を想像させてしまうためNGです。

このほか、ファーや革素材、ニットなどのようなカジュアル素材もマナー違反です。結婚式のネックレスを選ぶ前に、下地となるコーディネートもマナーにかなっているかきちんとチェックしてくださいね。

会場の雰囲気を考えてトータルコーディネートする

結婚式といっても、会場はさまざま。高級ホテルで行われることもあれば、カジュアルなレストランで開かれることもあるでしょう。ネックレスを選ぶ前に、会場の雰囲気に合ったコーディネートを考えることが大切です。

高級ホテルなら、招かれた側もそれなりに「クラス感」のある装いが求められます。ネックレスは素材や輝きなどを吟味して、品のある装いになるようにしましょう。

一方、カジュアルなレストランで立食形式の結婚式ならば、着飾り過ぎれば浮いてしまうかもしれません。ネックレスは気取らないデザインで、主張しすぎないものを選ぶのがベターです。

招待状を受け取ったら会場やドレスコードについてよく確認し、それに則ってコーディネートを決めてください。会場の雰囲気に会ったコーディネートが見つかれば、選ぶべきネックレスも自然とイメージできるでしょう。

【午前中~18時頃】昼の結婚式におすすめのネックレス

結婚式

ひとくちに結婚式といっても、式が行われる時間帯によって身に着けるべきジュエリーは異なります。結婚式が午前中~18時頃に行われる場合は、昼間のジュエリーマナーを意識しましょう。

昼の結婚式の場合、ネックレスの輝きは控えめな方が望ましいです。結婚式ではたいていの場合写真撮影があります。昼間なら自然光のもとでの撮影となりますが、煌めきの強いジュエリーは光を強く反射し、写真うつりに影響してしまう可能性があるので、注意しなければなりません。

昼間の結婚式に参列するなら、ネックレスは照りの優しい素材がベスト。パールなど、品良く輝くものがよいでしょう。どんなネックレスを選べばよいか迷っている人は、ぜひこちらを参考にしてくださいね。

ミニマルデザインのパールネックレス

艶やかな一粒パールを添えたネックレス。添えたダイヤモンドのリズミカルな煌めきが魅力的。イエローゴールドが肌をヘルシーに魅せてくれるので、昼間の結婚式にはぴったりでしょう。

ほかのネックレスと併せて、重ね着けを楽しむのもおすすめ。

オパールのネックレス

K18イエローゴールド ネックレス

虹色に輝くオパールも、昼間の結婚式にはぴったりです。イエローゴールドの地金との相性もよく、胸元で上品な存在感を放ちます。

シンプルなデザインのドレスを着用した時やデコルテを美しく魅せたい時などは、優しいオパールの輝きがコーディネートの印象をぐんと高めてくれるでしょう。

【18時頃~】夜の結婚式におすすめのネックレス

結婚式

18時以降にスタートするような結婚式では、夜のジュエリーマナーを意識しましょう。

夜に身に着けるジュエリーは、華やかなものが◎。ダイヤモンドやゴールドなど、煌めきの強いものが好まれます。夜は自然光がなくなり、ジュエリーを纏うのは照明の下のため、眩い煌めきが映えるのです。

ここでは、夜の結婚式に身に着けたい華やかなネックレスを紹介します。

一粒ダイヤモンドのプラチナネックレス

プラチナ ネックレス

センター部分に配された大粒のダイヤモンドの周囲には、繊細な輝きのメレダイヤが。

ダイヤモンドをダイヤモンドで取り巻いたデザインは、夜の結婚式にぴったりの華やかさがありますね。地金のプラチナがダイヤモンドのクリーンな輝きとよく合い、上品な印象です。

ダイヤモンドのイエローゴールドネックレス

K18イエローゴールド ネックレス

アーチ型に並べられたダイヤモンドは、眩い煌めきが華やか。緩やかなラインは「幸せの架け橋」をイメージしてデザインされており、結婚式というハレの舞台にはぴったりです。

夜の照明の下でよく映え、デコルテを美しく魅せてくれるでしょう。

結婚式のネックレスは、大人のエレガンスを意識して

結婚式のネックレスは、TPOを意識して選ぶことが大切。昼、夜でお呼ばれマナーは異なるので、開催場所・時間を考慮してジュエリーを選んでくださいね。また、大人の女性の装いには、「上質感」が不可欠。品質の良いジュエリーをひとつ身に着けるだけで、コーディネートはより一層エレガントになりますよ。

4℃の豊富なラインナップから、ぜひ自身にふさわしいものを見つけてくださいね。

WHAT'S NEW