premium

know

choose

wear

present

column

choose

ゴールドブレスレットの魅力と選び方。おすすめ商品も紹介

January 30, 2020

ゴールドブレスレットは、女性に上品さをプラスさせてくれるジュエリー。この記事ではゴールドの種類やそれぞれの特徴とK10とK18の違い、おすすめのゴールドブレスレットをご紹介します。

サムネイル

ゴールドブレスレットの魅力

ゴールドブレスレットのチェーンの素材には、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドといったカラーがあります。まずは、それぞれの魅力についてご紹介します。

イエローゴールド

イエローゴールドのジュエリーを身に着けると、ファッションに華やかさをプラスすることができます。イエローゴールドのブレスレットは、ダイヤモンドやパールなどのフォーマルの場にふさわしいデザインと相性が良いです。ダイヤモンドやパールが施されたデザインのイエローゴールドブレスレットを身に着けると、エレガントで上品な印象に。


またひと粒ストーンなどのシンプルなデザインのイエローゴールドブレスレットは、モノトーンな服装やカジュアルな服装にも合わせやすくおすすめです。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、温かみのある色味で、日本人の肌になじみやすい色合いです。肌になじみやすいピンクゴールドを身に着けると、肌が綺麗に見えます。ピンクゴールドブレスレットは、女性らしい優しさとを演出し、フェミニンな雰囲気を漂わせてくれます。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、クールな印象です。ダイヤモンドと合わせたホワイトゴールドブレスレットは、眩い輝きを放ち、とても華やか。結婚式やパーティーなどの場で、さりげないおしゃれを演出してくれます。

シンプルなデザインのホワイトゴールドブレスレットは、ビジネスシーンでも身に着けることができ、おすすめです。

K10とK18の違いとは

ゴールドブレスレットには、主にK10とK18の商品があります。よく目にするK10とK18ですが、その違いをご存知でしょうか。ゴールドブレスレットを購入する際に悩んでしまわないよう、両者の違いをきちんと理解しましょう。

金の含有量が違う

K10とK18は金の含まれる量に違いがあります。K10は金が含まれる比率は約42%、一方K18の金の比率は約75%。K18の方が金の含有量が多いです。金は柔らかい素材のため、ジュエリーに加工する際には強度を出すために銀や銅、パラジウムなどの金属が混ぜられています。金に混ぜている素材によって、イエローゴールドとピンクゴールドは色合いも変わります。

価格やお手入れ方法

価格は、K18の方が金の割合が多いため、高い傾向があります。またK10よりも金の純度が高いことから、変色しにくいのもK18と言われています。

ゴールドジュエリーを永く愛用するには、お手入れが大事です。ブレスレットなどのジュエリーは、着用後柔らかい布などで汚れを拭き取りましょう。ジュエリーは肌に直接身に着けるため、汗や油などで汚れてしまうものです。また購入したお店によっては、洗浄を行ってくれるところもあります。お店に確認して可能であれば、定期的に洗浄を行うようにしましょう。

ジュエリーは、取り扱い方も大切。ジュエリーを身に着けるときは、一番最後に身に着けるようにし、外すときは衣服の着脱よりも先に外すようにしましょう。特にブレスレットは、衣服の着脱時に引っかかりやすいので注意。

お手入れを終えたジュエリーは、一点ずつビニール袋やケースに入れて保管をしましょう。ブレスレットやネックレスをそのままジュエリーボックスに入れると、絡まったり、引っかかったりする恐れがあります。ジュエリーは、お手入れや扱い方、保管方法をきちんとして、永く愛用していきましょう。

ゴールドブレスレットに関する悩み

ゴールドブレスレットの選び方やどちらの手に着けるのか良いのかなど、ゴールドブレスレットに関する悩みをご紹介します。

カラー選びに悩んだら

どのゴールドカラーのブレスレットが良いか悩んだら、ファッションの系統やTPOで決めていきましょう。モノトーン系のファッションが好きな方はイエローゴールド、フェミニンな服装が多い方はピンクゴールド、クールなファッションが好きな方やビジネスシーンでも身に着けたい方には、ホワイトゴールドがおすすめです。

デザインの選び方

ブレスレットはデザインが豊富なので、デザインで悩む方も多いです。上品さを演出したい場合は、ダイヤモンドやパールのゴールドブレスレットがおすすめ。これらのゴールドブレスレットは、フォーマルな場にも身に着けることができます。

またルビーやアクアマリンといったカラーストーンもおすすめです。鮮やかな色のカラーストーンは、ファッションのアクセントになり、淡い色のカラーストーンは、女性らしさを高めてくれます。カラーストーンには、それぞれ意味があり、意味合いから選んでみるのも良いでしょう。またご自身の誕生石を身に着けている方もいます。

ほかにも、2連チェーンのブレスレットには華奢魅せの効果があるなど、スタイルアップを重視してブレスレットを選んでみるのも良いでしょう。

ブレスレットをつける手は?

ブレスレットは、どちらに着けると良いのかと悩む方もいますが、ブレスレットは左右どちらの手首に着けても良いので、着けやすい方に身に着けると良いでしょう。それでも悩むときは、利き手ではない方が気にならずに着けられるという方も多いです。時計と重ね付けすることで華やかさを添えることができるのでおすすめです。

ゴールドブレスレットのおすすめ商品

4℃おすすめのゴールドブレスレットの商品を3つご紹介します。

2粒のアコヤパール イエローゴールドブレスレット

K18イエローゴールド ブレスレット

大小2粒のアコヤパールを並べたイエローゴールドブレスレット。ホワイトパールとグレーパールを合わせたシンプルでモダンなデザインが魅力のブレスレットです。フォーマルなシーンにも身に着けることができ、華やかさで上品な手元を演出してくれます。

ピンクサファイアとトパーズの2連ピンクゴールドブレスレット

K10ピンクゴールド ブレスレット

ピンクサファイアとトパーズが煌めき、可憐な印象の2連ピンクゴールドブレスレット。優しい色の組み合わせで、フェミニンな雰囲気を演出してくれます。

またピンクサファイアとトパーズには、恋愛運を高める効果があるといわれています。普段使いにも、フォーマルにも適しているデザインなので、恋のお守りとして身に着けるのも良いでしょう。

大人の女性にぴったりのホワイトゴールドブレスレット

K18ホワイトゴールド ブレスレット

フラワーモチーフのダイヤモンドが眩い輝きを放つホワイトゴールドブレスレット。チェーンにビーズが煌めいており、エレガントな印象のブレスレット。大人の女性にぴったりです。

自分にぴったりのゴールドブレスレットを身に着けよう

ゴールドブレスレットは、女性に上品さを与えてくれるジュエリーです。ゴールドブレスレットは、チェーンのカラーを何色にするか、K10とK18どちらにするか、どのようなデザインが良いか、これらを基準に選んでいきましょう。そしてファッションやTPOに合った、ご自身にぴったりのゴールドブレスレットを身に着けていきましょう。

WHAT'S NEW