premium

know

choose

wear

present

column

column

華奢リングでジュエリーコーディネートの幅を広げて

May 8, 2020

ひとつ持っているだけで手元のおしゃれの幅がぐっと広がる華奢リング。シーンに合わせて重ね着けでアレンジするのが今のトレンドです。どんなカラー、どんなデザインのものを選べばよいか迷っているという方は、おすすめ華奢リングと一緒に選び方をご紹介するので参考にしてくださいね。

サムネイル

シンプルで使いやすい華奢リングの3つの魅力

リングの重ね着けに挑戦したことがないという方は、まずは同じカラーでシンプルなデザインのものをいくつか揃えるのがおすすめです。シンプルなデザインは1本で繊細な印象に、重ね着けすれば華やかに印象チェンジすることができますよ。

簡単におしゃれ感アップ

おしゃれな人ほど、ネイルやリングなど指先にまで気を使っているもの。ベーシックなスタイルの中にもトレンドを少し入れることでこなれ感を演出できます。今までのジュエリーコーディネートがマンネリだと感じていたら華奢リングで少し印象を変えてみてはいかがでしょうか。

仕事中や家事の間でもよく目に触れる手元。仕事などで華やかなネイルが難しい方でも、リングであれば気軽に印象チェンジを楽しめますよ。

オンもオフも使いやすい

シンプルなジュエリーはさまざまなシーンで身に着けることができます。

日頃から動きの多い指先は、自分自身だけでなく相手にもよく見えるところ。ふと見える指先がおしゃれだと素敵ですよね。シンプルなリングであればオンでもオフでも幅広く使うことができますよ。

重ね着けでボリューム調節も

シンプルで華奢だからこそ、重ね着けでのボリューム調節も簡単。今日は控えめに1本、今日は華やかに3本など、気分やシーンに合わせて自分なりのアレンジが可能です。モチーフが印象的なリングはアクセントにして、シンプルなリングを添えるように重ね着けするのも素敵ですよ。

重ね着けで迷いがちなのが色合わせ。基本的にはゴールドであればゴールド、シルバーであればシルバーといったように同じカラーで合わせて重ね着けするとまとまりが良くなります。ウェーブやV字などさまざまなラインを組み合わせて遊びを入れるのがおすすめです。

そして、慣れてきたらゴールドとシルバーを合わせたり、ホワイトゴールドとピンクゴールドを合わせたり、自分なりのアレンジも楽しんでみてくださいね。

自分に似合う華奢リングの選び方

シンプルな華奢リングといっても素材やラインなど選択肢は幅広くあります。重ね着けすることが前提なら同じ素材でいくつかのデザインのものを揃えておくとよいですね。まずは、パーソナルカラーに基づく肌の色を中心に、リング選びのポイントを確認しておきましょう。

ブルーベースへのおすすめはホワイトの輝き

一般的に、瞳の白目の部分が青みがっていたり、腕の内側の血管が青っぽい色をしているという方はブルーベースだといわれます。

メイクではピンク系が似合うと言われるブルーベースの方は、ジュエリーはホワイトの輝きがおすすめ。シルバーやホワイトゴールド、プラチナなどホワイトの輝きは肌をより美しく魅せますよ。もともと肌にピンクを持っているブルーベースの方は、ゴールドであればイエローゴールドよりもピンクゴールドの方が肌に自然に馴染みます。

イエローベースへのおすすめはゴールドの輝き

白目の部分がきなり色に近い、腕の内側の血管が緑っぽく見えるという方はイエローベースとされています。日に焼けた後に赤くならずにそのまま黒くなるという方が多いです。

色白のイエローベースさんは基本的にはどんな色のジュエリーでも似合うといわれます。コーディネートに合わせてあたたかさを感じるイエローゴールドを合わせたり、肌になじむピンクゴールドを纏ってアレンジしてみましょう。

一方、小麦色の肌の方は華やかなゴールドがよく似合うといわれます。指輪を重ね着けして華やかな輝きを添えることでどこかかっこいい大人の手元に。

ストレートを基本にさまざまなラインを組み合わせると◎

リングはさまざまなデザインを揃えるとコーディネートの幅が広がります。まずはどんなリングとも合わせやすい華奢なストレートリングを基本に、流れを楽しめるV字、ウェーブなど気に入ったデザインをいくつか揃えておきましょう。

ダイヤモンドがセッティングされたものも素敵ですね。他のリングと合わせた時にバランスがとりやすい華奢なデザインがおすすめです。

それぞれのラインはシンプルなので1本で身に着ければオフィスコーディネートにも馴染みます。ストレートを基本にデザイン性の高いリングを組み合わせて楽しんでくださいね。

手元にクラス感を添える上質な華奢リング

ベーシックながらもどこかトレンドを感じるような上質なリングをご紹介します。気品漂うリングを添えて思わず見惚れる指先に。

指を長く美しく魅せるV字のダイヤモンドゴールドリング

K10イエローゴールド リング

エッジの効いたV字が印象的なゴールドリング。華奢なラインで描く流れるようなV字はどこか優しく繊細な印象にも。中央に設置された5石のダイヤモンドが指先に華を添えます。同じく華奢なゴールドリングと重ね着けしてデザインの変化を楽しんで。

控えめなゴールドリングは重ね着けしやすいジュエリー。ネイルや他のジュエリーとのバランスを見ながら1本でさり気なく着けたり、ストレートやウェーブなどさまざまなラインのリングを複数重ね着けしたり、コーディネートに合わせてアレンジが楽しめますよ。

清らかな水の流れのよう。優美なウェーブリング

K10ホワイトゴールド リング

指に沿うようなゆるやかなウェーブラインが指を美しく魅せるホワイトゴールドリング。リング中央にセッティングされ、動きに合わせて煌めくダイヤモンドがホワイトゴールドと調和し、凛とした空気を纏っています。

上品で清楚なオフィスカジュアルコーデに取り入れて。透明感のあるピンクのネイルに合わせても素敵ですね。

優しい柔らかな指先に。ピンクゴールドリング

K18ピンクゴールド リング

華奢なピンクゴールドのラインにダイヤモンドが贅沢に輝くハーフエタニティリング。シンプルながら女性のしなやかな指をより美しく魅せる計算されたデザインが特長です。

日本人の肌になじみやすいといわれるピンクゴールドはかわいらしいだけでなく、色白の肌に血色感を与えて肌を美しく魅せます。シンプルなデザインでどんなジュエリーとも合わせやすいですよ。

いつものジュエリーラインナップに華奢リングをプラスして

女性をより美しく、華やかに魅せるジュエリー。さりげなく輝くリングを上手に取り入れることでいつもよりももっとおしゃれな手元になります。重ね着けしやすい華奢リングはストレートを基本にいくつか揃えておくのがおすすめです。いつものジュエリーラインナップに華奢リングを加えてみてはいがかでしょうか。

WHAT'S NEW