premium

know

choose

wear

present

column

wear

入社式の身だしなみとは?服装・髪型マナー、ふさわしいジュエリーを紹介

January 14, 2021

入社式とはその年に入社する社員を集めて顔合わせをしたり、経営トップのスピーチを聞いたりするセレモニーのことです。初めての入社式はイメージが湧かないだけに、どんな服装を着たら良いのか悩んでしまうもの。この記事では、入社式にふさわしい服装や髪型、身だしなみについて解説します。

サムネイル

入社式の身だしなみ【服装編】

入社式はほとんどが初対面の人となるため、第一印象は大事です。その後のイメージやコミュニケーションにも影響する場面では、特に身だしなみを意識したいもの。初対面では、目に見えるかたちで感じの良さを表現したいですよね。まずは入社式にふさわしい服装を理解しておきましょう。

リクルートスーツを活用する

会社によっては私服でも良い場合もありますが、入社式に着ていく服はスーツが一般的です。必ずしも入社式のために新しいスーツを新調する必要はありません。会社から指定がない限り、手持ちのリクルートスーツを活用できます。スカートスーツでもパンツスーツでも好きな方で構いません。入社した後もシャツを変えればオフィスにも着ていけます。

色は黒・ネイビー・グレーが一般的。アパレル関係の会社など色にこだわらないところもありますが、一般的には明るい色は避けるのが無難です。早めにクリーニングに出しておき、シワのないスーツとパリッとアイロンがけされたシャツで清潔感をアピールしましょう。

スカートは膝下丈を選ぶ

丈が短すぎるスカートは悪目立ちしてしまうため、膝くらいの長さのものを選びます。スカート丈は、座った時に膝上10センチ以内になるものを目安にしてください。シンプルで清潔感もあるタイトスカートは、きちんと感が出るのでおすすめです。フレアスカートスーツも女性らしいやわらかさを出してくれます。

ストッキングは、ベージュか黒い無地のものを合わせて。パンツスーツの場合も膝下丈のストッキングを履き、素足で行くことのないようにしましょう。

シンプルなデザインのインナーを着る

インナーは白いシャツが定番です。白以外なら、清潔感や清涼感のある薄いブルーのシャツもおすすめ。シャツが苦手な人は、シンプルな白のカットソーでも良いでしょう。フリルやレースのブラウス、派手な色や柄のついたインナーは入社式には向いていません。

ローヒールパンプスを履く

入社式にふさわしい靴はシンプルなパンプス。靴の色はスーツの色に合わせるのがベストですが、黒いパンプスなら紺やグレーのスーツにも合います。3〜5センチほどのローヒールのパンプスがおすすめです。ヒールの高い靴は歩きにくいだけでなく、入社式の服装としてもふさわしくありません。

履き慣れた靴がベストですが、新調する場合は履きならしておくと良いでしょう。スーツできちんと決めていても、靴が汚れてしまっていては台無しです。靴を磨くだけでなく、かかとがすり減っていないか、色落ちやかたち崩れをしていないかのチェックもしておきたいものです。

服装自由ならオフィスカジュアルを意識する

最近では私服で働ける企業も増えており、オフィスカジュアルも一般的になりつつあります。そのため、入社式のお知らせに服装自由と書かれている場合もあります。

ただし自由といっても、デニムやTシャツのようなラフな格好は場違いとなることが多いもの。ジャケットなどを羽織るオフィスカジュアルを意識したスタイルで出席するのが無難です。ストッキングを履いていくことも忘れないようにしましょう。

入社式の身だしなみ【髪型・メイク編】

チークとブラシ

髪型やメイクが入社式にふさわしいのか、迷う人も少なくありません。なるべくナチュラルに仕上げるのが無難でしょう。ここでは、髪型やメイクの身だしなみについて紹介します。

髪型はひとつにまとめる

入社式の髪型はシンプルが基本です。髪が長い場合は、お辞儀をした時にサイドヘアが顔にかからないようひとつにまとめましょう。ヘアアクセサリーは派手な色を避け、黒や茶色などを選びます。

ハーフアップにするのもおすすめですが、あまり豪華なアレンジにならないよう気を付けて。シニヨンにする場合は、おくれ毛が出ないようにワックスなどを使うときちんと感を出せます。

黒か茶色の自然な髪色にする

髪の色は黒か自然な茶色で出席します。自然な色は落ち着いた印象を与えるだけでなく、スーツの色とのバランスも良いもの。できるだけ面接時と同じ髪の色でいくのが望ましいでしょう。

ナチュラルメイクに仕上げる

基本的に入社式でのノーメイクはNGです。派手なメイクは避け、ナチュラルメイクを心がけましょう。アイラインが太すぎたり、アイシャドウが濃くなったりしないように注意してください。

口紅をつけないと顔色が悪く見える人もいるので、薄めでもつけた方が印象が良くなります。顔を明るくするためにチークは薄いピンクやオレンジなどを使い、健康的なイメージを意識してみて。

カラコン・マツエクは自然に見えるものを選ぶ

マツエクをするならカールがゆるく、自まつ毛に見えるようなデザインにします。カラーコンタクトはなるべく避けた方が無難ですが、使うならナチュラルなものを選ぶようにしましょう。

入社式の身だしなみ【小物編】

入社式では、持ち物や身に着けるものにも注意する必要があります。続いては、バッグや腕時計、ジュエリーなどの持ち物や身に着けるものについて紹介します。

A4サイズのビジネスバッグ

入社式では書類が配られることが多いため、A4サイズが入るビジネスバッグを持っていくと便利です。バッグは就活時のものでも構いません。リュックやカジュアルなバッグは避け、シンプルなデザインのものを選んで。

あまり高価なバッグやブランドバッグよりも、バッグを新調する場合は、5,000円〜1万円のものを選ぶと良いでしょう。

落ち着いた素材と色の腕時計

社会人になってからは、時間を意識して行動することが多いです。腕時計を身に着けるのは、自己管理力が求められる社会人としてのマナーでもあります。デジタル表示の腕時計はカジュアルな印象を与えるため、アナログのものがおすすめ。

ベルトの素材は金属か革のものを選んでみてください。革なら黒や茶色などの落ち着いた色が無難です。ハイブランドのものは避け、3万円までぐらいのものを目安に選ぶと良いでしょう。

シンプルなジュエリー

ジュエリーを身に着けると、入社式のきちんとスタイルにも華を添えてくれます。しかし、業界や業種、社風によって許容範囲が異なるため、重ね着けや目立ちすぎるデザインのものは避けたほうがベターでしょう。入社式にジュエリーを着ける場合は、チェーンは細く、パールやダイヤモンドのシンプルなデザインを選ぶと上品に華やぎをプラスできますよ。

入社式にふさわしいジュエリー

入社式にジュエリーを身に着けるのなら、シンプルなジュエリーを選ぶのが基本です。4℃は、シンプルで上品なデザインのジュエリーを豊富に取り揃えるブランド。入社式にふさわしいジュエリーを紹介します。

ロングチェーンのパールのネックレス

K10イエローゴールド ネックレス

パールの周りを囲んだラインが新鮮な印象のネックレスです。立体的デザインで、どの角度から見ても上品なイメージ。さりげなくコーディネートに取り入れたいジュエリーです。

ダイヤモンドの1石ネックレス

K10ホワイトゴールド ネックレス

繊細な爪に囲まれた1石ダイヤモンドのネックレス。ホワイトゴールドとの組み合わせが、より一層女性らしい清楚さを引き立てます。コーディネートしやすい上品なデザインです。

ダイヤモンドのしずく型ピアス

K10ホワイトゴールド ピアス

しずくモチーフの中に1石ダイヤモンドが入ったピアス。ホワイトゴールドが知的な印象をプラスしてくれます。どんなシーンにも合わせやすいデザインです。

入社式では清潔感のある身だしなみで社会人のスタートを

桜の木の下で微笑む新社会人

人は見た目ではないといいますが、初対面では見た目も意識したいもの。特に入社式では身だしなみを整え、好印象を与えられると良いです。最初からこなれた服装や個性的な髪型・メイクをしたりすることは避け、フレッシュなイメージのものを選びましょう。清潔感のある服装と身だしなみで、素敵なスタートを切ってくださいね。

WHAT'S NEW