premium

know

choose

wear

present

column

column

誕生石ネックレスが放つ特別な輝き。その美しさを味方につけて

February 10, 2020

各月ごとに定められた誕生石。宝石の意味や美しさには多くの魅力があります。誕生石を気軽に身に着けたいという方には、誕生石を使ったジュエリーがおすすめ。ここでは誕生石の意味や4℃の誕生石ネックレスの魅力を紹介します。

サムネイル

誕生石ネックレスの魅力とは

4℃ネックレス 誕生石

誕生石ジュエリーの中でも特に人気なのがネックレスです。その魅力はどういった所にあるのでしょうか。

誕生石とは?

誕生石は、12ヶ月それぞれに応じて定められた宝石のこと。色とりどりの宝石は、眺めているだけで心躍り人々を楽しませてくれます。

そして、それぞれ宝石には意味があり、古くより誕生月の宝石を身に着けていると幸せが訪れるといわれています。

誕生石は

・旧約聖書の「出エジプト記」で、イスラエルの祭司長の胸当てにはめ込まれた12種の宝石
・「ヨハネの黙示録」で理想郷として描かれている聖都の12の城門の土台を飾っている宝石

が、基礎となったもの。

その後時代や国、地域などにより誕生石は変化していきました。現在日本で知られている誕生石は、1912年にアメリカの宝石業界により定められた宝石たちです。

生まれ月の誕生石をお守りにできる

生まれた月の誕生石を身に着けることで、幸運が訪れるといわれています。そのため誕生石ジュエリーは、幸運のお守りとして人気です。

誕生石ジュエリーの種類は、ネックレスの他にピアス・ブレスレット・リングなど。胸元でそっと寄り添うネックレスは、身に着ける人に勇気やパワーを与えてくれるでしょう。

プレゼントにも最適

見た目にも美しい誕生石ネックレスは、誕生日プレゼントや記念日ギフト、女性同士のプレゼントにもピッタリ。生まれ月の石は特別なものです。


お相手を考えたことが伝わるギフトは、喜ばれること間違いありません。送り主の思いも加わった誕生石ネックレスは、ラッキーチャームとして心強いパートナーとなってくれるでしょう。

12ヶ月の月別誕生石 あなたや大切なひとの宝石を知る

4℃ 誕生石

12ヶ月それぞれの誕生石を紹介します。あなたや大切なひとの誕生石は、どんな意味を持つ宝石なのでしょうか。

1・2・3月の誕生石

・1月 ガーネット

実りの象徴の石、ガーネット。目標に向かった努力を成功へとアシストしてくれるでしょう。そのため、恋愛の成就のお守りにもピッタリ。旧約聖書「ノアの方舟」では、ガーネットが船の進むべき道に明かりを灯したとされています。また、大切な人との絆を深める石としても知られています。真紅の輝きが美しい宝石です。

・2月 アメシスト

愛の守護石と呼ばれるアメシスト。ローマのキリスト教司祭であった聖バレンタインも、キューピッド像が刻まれたアメシストの指輪を身に着けていたといわれています。真実の愛を守りたい人、愛を育む強さが欲しい人に人気の宝石です。また、アメシストは、身に着けた人の心を癒すと伝えられています。高貴な紫が特徴の宝石です。

・3月 アクアマリン

ラテン語で水という意味の「aqua」、と海「marine」が由来のアクアマリン。「海の精の宝物が浜辺に打ち上げられて石になった」というギリシャ神話も残っている、美しい海を彷彿とさせるカラーの宝石です。アクアマリンは、静かな海のように穏やかな心へ導いてくれるでしょう。また、人と人を調和させるパワーも持っています。

4・5・6月の誕生石

・4月 ダイヤモンド

宝石の王様と名高いダイヤモンド。古代ローマでは、太陽神アポロンの守護石とされていました。唯一無二の輝きは、世界中の人々を魅了しています。ダイヤモンドの硬さのように、困難も乗り越えられる強さがもてるといわれています。大切な人との固い絆を結ぶとされており、ダイヤモンドを左手の薬指にはめると、その愛は永遠に守られるという言い伝えから婚約指輪を贈る習慣がはじまったといわれています。

・5月 エメラルド

愛の象徴とされるエメラルド。恋愛成就のお守りとして、また自分自身を愛す力をくれるといわれています。また、前へ進む勇気を与え、願いを叶えてくれるともいわれています。美しい緑の宝石は永遠の若さの象徴とされ、絶世の美女と呼ばれた女王・クレオパトラもエメラルドをこよなく愛していました。

・6月 ムーンストーン

古代ローマでは、乳白色に輝くムーンストーンは、凍った月光でできていると信じられていました。身に着ける人の女性らしい魅力をアップし、穏やかな面を引き出してくれる宝石として人気があります。また、「恋人たちの石」としても知られ、これからも恋人と良い関係が続くようにと、お守りとして持つ人もいます。

7・8・9月の誕生石

・7月 ルビー

深紅の輝きが見る人を魅了するルビー。古代インドでは、ダイヤモンドより貴重な「宝石の女王」と呼ばれていたそう。「勝利を呼ぶ石」ともいわれ、難しい状況にも打ち勝ち、勝利へと導く力を与えてくれるといわれています。また、パッションを高めて身に着ける人の美しさや気品を引き出してくれる一面もあります。深いピンクにも見える鮮やかな赤の宝石です。

・8月 ペリドット

「太陽の石」と呼ばれるペリドット。オリーブやライムのような、瑞々しいグリーンの輝きが特徴的な宝石です。心が沈んでいる時、身に着ける人へ希望をもたらし夢へと向かう力を与えてくれるでしょう。心を明るく照らし、勇気や向上心をもたらしてくれる宝石です。また、夫婦でペリドットを身に着けると、2人の信頼と絆を強くするといわれています。

・9月 サファイア

深い青の輝きを放つサファイア。古代ギリシャでは、人々を悩みから救う力が宿っているといわれていました。サファイアは、目標に向かう意志や勝利運をサポートしてくれる宝石です。また、ピンクサファイアなど他のカラーのサファイアも人気です。

10・11・12月の誕生石

・10月 トルマリン

「愛の石」とされるトルマリン。あらゆる愛の運気をアップするといわれています。古くより、ピンクトルマリンは心にエネルギーを与え、人生を喜びと幸福で満たすとされてきました。身に着ける人の女性らしさをアップさせる効果も期待できます。内面の美しさを引き出したい人にもおすすめです。

・11月 シトリン

フランス語でレモンを意味する「citron」が語源であるシトリン。柑橘系の果実に似ているフレッシュなカラーから、そう名付けられました。太陽のように輝き、その力強いエネルギーで希望や勇気を与えるといわれています。


・12月 タンザナイト

パープル~ブルーに神秘的に輝くタンザナイト。アフリカのタンザニアで発見されたことにちなんで名付けられました。タンザナイトは身に着ける人へ、落ち着きと冷静さを与えるといわれています。知的で品のある女性に近づきたい時も、タンザナイトの力を借りてみてください。

4℃で見つける特別な誕生石ネックレス

4℃には、12ヶ月全ての誕生石ネックレスがあります。日常生活に寄り添うシンプルかつ上品なデザインでとても人気があります。ここでは、数ある4℃の誕生石ネックレスの中から特におすすめの3点を紹介します。

しずくモチーフネックレス

2月の誕生石であるアメシストと、ダイヤモンドが片面づつにあしらわれた2wayネックレス。ファッションや、用途に応じて使い分けることができます。ホワイトゴールドとアメシストが、身に着ける女性の凛とした美しさを引き立たせます。

こちらのデザインのネックレスは、ダイヤモンドを除いたすべての誕生石で展開しています。

ローズカットデザインネックレス

立体的なローズカットが施された11月の誕生石シトリンのネックレス。その上には、ダイヤモンドが添えられたシンプルで永く身に着けられるデザインとなっています。

カーブデザインネックレス

胸元に沿って輝くダイヤモンドの中央に、5月の誕生石エメラルドが輝くネックレス。エメラルドのグリーンが、全体を上品にまとめています。このカーブデザインネックレスは、すべての誕生石で作られています。

誕生石ネックレスで胸元を輝かせて

神秘的な魅力のある誕生石。誕生石は生涯変わらず、ご自分や大切なひとを優しく見守ってくれます。お気に入りの誕生石ネックレスがあれば、永く寄り添うパートナーのような存在に。4℃の誕生石ネックレスは種類豊富です。ぜひあなたや大切なひとにピッタリな1本を見つけてくださいね。

WHAT'S NEW