premium

know

choose

wear

present

column

premium

パーソナル感を演出する細かいデザインが、4℃誕生石ジュエリーのこだわり

March 31, 2020

誕生石は月ごとに定められた特別な宝石。身に着けると幸せが訪れるとも言われており、お守りとして持っている方は多いです。今回は、特別なギフトとしては喜ばれ、季節感を取り入れたファッションアイテムとしても楽しめる、誕生石ジュエリーの魅力をお伝えします。

サムネイル

今回取材したのは、4℃のジュエリーデザイナー佐藤さん。誕生石ジュエリーの、2020年限定デザインも担当されています。誕生石ジュエリーのコンセプトやデザインへのこだわり、おすすめアイテムなどについてお聞きしました。

人が主役になるジュエリーのデザインに共感

素敵なジュエリーをたくさんデザインされていますが、ジュエリーデザイナーを目指されたきっかけは何だったのですか?

祖母が宝飾品好きで、ドレッサーにたくさんのジュエリーが飾ってあり、私も小さい頃から勝手に着けて遊んでいて自然と好きになったんです。高校生のときに作り手側になりたいなと思って、多摩美術大学美術学部工芸学科に進み、彫金を学びました。4℃には2018年に新卒で入社しています。

作り手として4℃を選んだ理由は何ですか?

多くの人に愛されているブランドだからです。4℃の「身に着ける女性の心を満たすジュエリーをつくりたい」という想いには入社前から共感していました。作り手としては、より多くの人に身に着けてもらうことがやりがいに繋がります。

愛され続けている4℃の誕生石ジュエリー

4℃では、いつ頃から誕生石ジュエリーを販売しているのですか?

1985年頃からで、発売当初から人気だったようです。ずっと変わらない定番商品を大切にしつつ、毎年リニューアルもしています。限定のものは誕生石だけでなく、モチーフやデザインで季節感を出すようにしています。

今着けられているのが、2020年4月の限定ジュエリーですよね。デザインのポイントを教えてください。

春の木漏れ日や小さいお花をイメージしています。4月の誕生石はダイヤモンドがよく知られていますが、実はクオーツも4月の誕生石です。ダイヤモンドは高級感があり上品なデザインが多く、クオーツは華やかなデザインが多いですね。
シンプルで合わせやすいのでギフトにも人気です。季節感のあるモチーフのものと組み合わせて2連にするとパーソナル感を出すこともできます。

ダイヤモンドの限定商品もあるのですか?

プラチナ素材のお花のネックレスですね。春は花びらがそよ風に舞っているイメージなので、お花が舞い落ちるようなデザインにしました。

雰囲気に合わせて選べる豊富なラインナップも魅力

誕生石って月ごとにひとつではないんですね。

国によっていくつかあるようです。例えば10月はピンクトルマリンが有名ですが、実はオパールも10月の誕生石です。オパールの方が大人っぽい印象ですし、あまり知られていない石なので特別感がありますね。

ピンクトルマリンはベリーをイメージしたシリーズがあります。「想いが実る」というコンセプトで、一石だけカボションカットのつるっとした石を使って木苺の実を表現したデザインになっています。

カラーストーンとダイヤモンドがリバーシブルになったデザインもおすすめです。カラーストーンは色によってお洋服に合わせにくいこともありますが、これだと裏面がダイヤモンドなので合わせやすいです。定番商品で12ヶ月分全部あります。

かわいいだけでなく、クールな印象を与えるようなデザインもあります。

ブランドイメージのアクアマリンやハートのモチーフが人気

特に人気の商品はありますか?

4℃の由来である「水」がブランドコンセプトになっていることもあり、水そのものの色を表す3月の誕生石アクアマリンは人気です。アクアマリンは色が淡く透明感がありますので、女性らしいみずみずしさを際立たせてくれます。

ハートの中にダイヤモンドと誕生石がとまっているこちらの定番商品も人気です。12ヶ月分あります。カラーストーンが揺れるデザインがかわいいです。

ハートはやはり人気です。周りにダイヤを2石施した華やかなデザインも定番としてご用意しています。

シリーズで統一感のあるデザイン

ネックレス以外のアイテムもありますか?

ピアスやブレスレットも人気です。
長さ違いの2連デザインのブレスレットは動きがあって、女性らしい手元を演出してくれます。

ネックレスと同じデザインでリングをご用意しているシリーズもあります。コーディネートで身に着けるとより華やかになりますので、合わせてご購入される方もいますね。

360度きれいに見えるようデザインを工夫

デザインするときに気を付けていることはありますか?

こちらはアメシストの柔らかな色味に合わせて、周りはダイヤモンドとピンクサファイアのグラデーションになっています。上品なローズカットの輝きも4℃ならではの細かいこだわりが感じられるデザインです。

360度こだわってデザインされているのですね。

4月誕生石のピアスも、花びらをイメージして、横から見たときの曲線にこだわりました。また、透明感のあるクオーツが際立つように、石座の穴を大きくお花型にして、後ろから見てもかわいいです。

今後デザインしてみたい誕生石はありますか?

太陽のような力強いエネルギーを持つシトリンや、知的で上品な女性らしさを持つタンザナイトなどを使ったデザインに挑戦してみたいですね。

お守りギフトとしても、ファッションアイテムとしても

誕生石ジュエリーはどのようなお客様が購入されるのですか?

4月や5月ですと初任給でご自分にプレゼントされる人がいらっしゃいます。「学生時代はかわいらしいアクセサリーを愛用していたが、社会人になると本物のジュエリーが欲しい」という声をよく聞きます。オフィスでも着けられるシンプルでコーディネートしやすいデザインが多いので、誕生石を選ばれるお客様が多いですね。

また、誕生石ジュエリーはお守りの要素も強いので、人生の節目で購入される方も多いです。

母の日にお母様へのプレゼントを買いに来られた親子さんも居ましたね。

入社後1年間の店舗研修期間中で最も印象的だったお客様は、春から一人暮らしをするという高校3年生の男性です。「今までお世話になったお母さんに誕生石をプレゼントしたい。お守りになると聞いたので離れていても守ってくれるように」と、買いに来てくださったのです。心があたたかくなりました。

素敵なエピソードですね!誕生日プレゼント以外でもさまざまな使い方ができるのですね。

素材もデザインもさまざまで、幅広い価格帯で選んでいただけるようご用意しています。ぜひ4℃の誕生石ジュエリーを楽しんでください。

WHAT'S NEW