premium

know

choose

wear

present

column

choose

マリッジリングの選び方とは?重ね着けでおしゃれを楽しむコツも

March 15, 2021

結婚式の際にパートナーと交換して身に着けるマリッジリングは、古くから女性たちの憧れの存在です。肌身離さず身に着けるので、素材やデザインに注目して着け心地の良いものを選ぶのがポイント。また、ファッションリングとの重ね着けを楽しんでもおしゃれです。本記事では、マリッジリングの歴史や選び方、重ね着けのコツを紹介します。

サムネイル

マリッジリングとは

結婚式で指輪の交換をする新郎新婦

マリッジリングは、結婚式の際にパートナーと交換する指輪のことを指します。エンゲージリングとは異なるもので、その起源は9世紀にまで遡るといわれています。まずは、マリッジリングの歴史やエンゲージリングとの違いをチェックしていきましょう。

マリッジリングの意味

マリッジリングは、日本では結婚指輪と呼ばれることが多いです。結婚式の際に新郎新婦が、愛と忠誠を誓い合いながら交換して身に着ける指輪というとイメージがしやすいでしょう。結婚後は日常的に身に着けるケースが多いため、オフィスやセレモニーなど、どんなシーンにも対応できるデザインに人気が集まっています。

マリッジリングとエンゲージリングの違い

4℃のマリッジリングとエンゲージリング

エンゲージリングとは婚約指輪のことを指し、プロポーズの時などに男性から女性に贈る婚約の証です。ダイヤモンドがあしらわれたデザインが主流となっており、結婚指輪のように日常的に身に着けるのではなく婚約期間中に着けることが多くなっています。

世界でのマリッジリング

マリッジリングの起源は、はるか昔、9世紀と考えられています。当時ローマ教皇だったニコラス1世が結婚式の際に、花嫁に金の指輪を、花婿に鉄の指輪で交換を行いました。そこから、結婚の時に男女で指輪を交換する文化が始まったのです。13世紀には一般的な慣習として広く浸透し、現在に至ります。

日本でのマリッジリング

外国では歴史の長いマリッジリングですが、日本でこの慣習が広まったのは戦後に入ってからのことです。マリッジリングの文化が初めて伝わったのは明治時代と考えられていますが、多くの人に受け入れられたのはそれから何年も先でした。

現在では定番となっているダイヤモンドの指輪が用いられるようになったのは、1960年頃。戦後の高度経済成長で人々の生活水準が向上したことも関係したのか、マリッジリングは日本の発展とともに多くの人に受け入れられていきました。そして現在でも、マリッジリングは女性たちの憧れや夢が詰まった、一生モノの存在となっています。

マリッジリングの選び方

4℃のマリッジリング

マリッジリングは、結婚してから肌身離さず着けることが多いため、デザインや素材にこだわって着け心地の良いものを選ぶのがポイント。ここからは、マリッジリングの選び方を紹介します。ぜひ、お気に入りを見つけるための参考にしてみてください。

デザイン

4℃のウェーブラインマリッジリング

まずは、デザインに注目してみましょう。ストレートやV字ライン、ウェーブデザインなどかたちにもさまざまな種類があります。また、指輪そのものの太さも異なるため、どの程度のボリュームが良いのか事前に決めておくのがおすすめ。マリッジリングは日常的に着けるものですから、飽きが来ず愛着の湧くデザインをパートナーとふたりで選んでみてください。

素材

続いては素材です。マリッジリングで主流となっている素材はプラチナですが、最近ではゴールドも人気が高くなっています。プラチナは涼しげで洗練された輝きが特徴的で、ゴールドはイエローやピンク、ホワイトなど色味にバリエーションがあるのが魅力的。どんな色味のものが自身の手元に似合うのか、実際に指輪を近づけて確認してみると良いでしょう。

ダイヤモンド

4℃のダイヤモンド

マリッジリングを選ぶ時には、ダイヤモンドの有無も決める必要があります。ダイヤモンドがあしらわれたものを選ぶ場合は、留め方にも注目してみてください。一粒デザインや連なったデザインなど、一口にダイヤモンド有りといってもデザインにはさまざまなバリエーションがあります。普段のライフスタイルやファッションを考慮しつつ、手元を華やかに彩れるものを選ぶのがポイントです。

刻印

マリッジリングは刻印を入れられることが多いです。結婚記念日やイニシャル、短い愛のメッセージといった内容が定番になっています。また、裏側に誕生石などの宝石を入れられるものも。一生モノの思い出を、マリッジリングに刻んでみてはいかがでしょうか。刻印を入れたい場合は、事前にパートナーと相談してどんな内容にするか決めておくと迷うことがなくスムーズです。

また、結婚指輪についてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

マリッジリングとファッションリングを重ね着けするコツ

4℃リングの重ね着け

マリッジリングとファッションリングをコーディネートして重ね着けを楽しめば、手元がよりおしゃれに映えるでしょう。ここからは、マリッジリングとファッションリングをおしゃれにコーディネートするポイントを紹介します。

色味を統一する

プラチナやゴールドなど、指輪の色味はさまざま。重ね着けする指輪の色味をマリッジリングに合わせておくと、統一感が生まれて自然な印象になります。大人っぽさや洗練された手元を演出できるのもポイントです。色味と同様に、指輪の質感を統一するのもおすすめです。

太さのバランス感に注目する

マリッジリングとファッションリングの幅に注目してみてください。細くて華奢なデザインを組み合わせると女性らしさが引き立ちやすくなり、太めのものを選ぶとモード感や存在感が高まります。重要なのは、メリハリをつけること。実際にファッションリングを重ね着けしてみて、バランスが良いかチェックしてみると良いでしょう。

複数の指に着けて華やかに魅せる

薬指以外の指にファッションリングを着けて、手元をコーディネートするのもおしゃれです。インパクトのあるデザインのものを人差し指に着けると手元がパッと華やかになるので、ぜひ試してみてください。指輪のデザインにもよりますが、薬指の隣の指にファッションリングを着ける場合は、指輪が当たって動かしにくくなったりキズが付くおそれがあるので注意が必要です。

指輪の重ね着けに関しては、こちらの記事でも紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

重ね着けもしやすい4℃のマリッジリング

4℃のブライダルリング

4℃のマリッジリングは、デザインのバリエーションが非常に幅広いです。ここからは、おすすめのマリッジリングを紹介。重ね着けしやすいデザインも揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

ウェーブラインが美しいマリッジリング

4℃のウェーブラインリング

穏やかに流れる水のようなウェーブラインが、やわらかな印象を与えてくれるマリッジリングです。ひねりが立体感と重厚感を生み出し、連なったダイヤモンドがラインの美しさをより引き立てます。シンプルながらもしっかりと華やかな雰囲気がある、洗練された輝きの1品です。

イエローゴールドの華やかなマリッジリング

4℃のイエローゴールドリング

ベーシックで流行に左右されない、ストレートラインのマリッジリングです。肌になじみやすいイエローゴールドがラグジュアリーで上品な輝きを放ち、中心にはダイヤモンドが煌めきます。シンプルだからこそ、ダイヤモンドの存在感が引き立つ品の良いリングに仕上がっています。

ダイヤモンドが連なるマリッジリング

4℃のアクアクラウンマリッジリング

連なったダイヤモンドがまばゆい煌めきを放つハーフエタニティタイプのマリッジリングです。単体で着けても華やかに決まりますし、ファッションリングとの重ね着けがしやすいのも魅力的。気分に合わせたジュエリーコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

自分らしさが光るマリッジリングを選んで

4℃のマリッジリング

マリッジリングは一生もの。人生の節目を象徴するものでもあるので、妥協せず肌身離さず身に着けたいと思えるお気に入りのものを選んでみてくださいね。ファッションリングとの重ね着けをして、手元をおしゃれに魅せるのもおすすめです。素敵なマリッジリング着けて、手元に永遠の輝きを纏ってみてはいかがでしょうか。

WHAT'S NEW