premium

know

choose

wear

present

column

choose

ピアスにも見える大人かわいいイヤリング。選び方や着け方・おすすめのジュエリーも紹介

February 14, 2022

ネジ式の金具がなく、ピアスのように見えるイヤリングがあります。ピアスホールのないひとやピアスホールのない位置に、ピアスのように身に着けられるジュエリーです。ノンホールピアスと呼ばれることもあります。この記事ではピアスに見えるイヤリングの種類や選び方、おすすめのジュエリーを紹介します。

サムネイル

ピアスに見えるイヤリングの種類

ピアスに見えるイヤリングには、挟む部分が金属・樹脂・ループフィットの3つのタイプがあります。それぞれの特徴と着け方を紹介します。

金属タイプ

K10イエローゴールド/K10ホワイトゴールド カフイヤリング

挟む部分が金属でできているタイプ。ご自分の耳たぶの厚さに合わせて調整可能です。

【着け方】
1. 挟む部分を軽く広げます。
2. 耳たぶを軽く引っ張り、耳たぶの薄いところから差し込みましょう。
3. 着けたい位置にスライドさせます。
4. しっかりと留まっているか確認したら完成です。

樹脂タイプ

樹脂タイプは耳たぶを固定する部分が樹脂でできています。樹脂のため、金属タイプよりも軽く、金属アレルギーのひとでも安心して身に着けられるでしょう。左右対称のオメガ型で、デザインによってはリバーシブルで使えるものもあります。

【着け方】
1. 挟む部分を軽く広げます。
2. 耳たぶに挟み、奥まで差し込みます。
3. 着けたい位置にスライドしたら完成です。

ループフィットタイプ

ループフィットタイプは挟む部分がループ状のバネ構造になったもの。挟む力が強いため、耳たぶにフィットして滑り落ちにくいのが特徴で、着け方は金属タイプとほぼ同じです。ループフィットタイプの着け方を紹介します。

【着け方】
1. 指で挟む部分を少し広げます。
2. 指で耳を引っ張り、耳たぶを薄くします。
3. 片手で耳たぶを固定し、耳たぶの薄いところから奥まで差し込みましょう。
4. イヤリングを着けたい位置にスライドします。
5. 耳たぶに固定されているのを確認したら完成です。

ピアスに見える大人かわいいイヤリングの選び方

ピアスに見えるイヤリングにもたくさんの種類があります。素材やデザイン、宝石、着け心地からピアスに見えるイヤリングの選び方を紹介します。

素材から選ぶ

4℃のイヤーカフ

ピアスにも見える大人かわいいイヤリングはクリップの素材をチェックして選びましょう。クリップの素材と特徴を紹介します。

【ゴールド】
豪華で華やかな印象のゴールド。耳たぶの厚さに合わせて調整すると、しっかりと固定できます。金属アレルギーが気になるひとは、K10よりも金の含有量の多いK18の方がアレルギーが起こりにくいとされています。

【シルバー】
クールでスタイリッシュな印象のシルバーはさまざまなファッションに似合います。ゴールド同様、耳たぶの厚さに合わせて調整しましょう。

【樹脂】
金属アレルギーが心配なひとには、樹脂タイプを選ぶのもひとつの方法です。樹脂タイプは半透明で目立ちにくいため、よりピアスらしい雰囲気に。

ただし、細かい調整はできないため、サイズが大きいと落としやすく、小さいと耳たぶが痛くなることも。そのため樹脂タイプは、ご自分の耳たぶのサイズに合うものを選びましょう。サイズがぴったりのものだと、耳たぶに違和感を覚えにくいですよ。

デザインから選ぶ

ピアスにも見える大人かわいいイヤリングには主に3つのデザインがあります。それぞれ見ていきましょう。

【一石タイプ】
落ち着いた印象の一石タイプ。耳たぶへのフィット感が良く、ビジネスシーンでも身に着けやすいです。プライベートではかわいい雰囲気に仕上がります。

フープタイプのイヤリング

【フープタイプ】
シンプルなデザインながらも存在感のあるフープタイプは、どんなシーンにも身に着けられます。小さなフープは繊細な印象。大きなフープはコーディネートのアクセントになります。フープの大きさにより印象が異なるため、大小ひとつずつ持っておくと、コーディネートの幅が広がるでしょう。

スイングタイプのイヤリング

【スイングタイプ】
スイングタイプは動くたびにキラキラと揺れます。華やかな場にふさわしいイヤリングです。小ぶりなものからダイヤモンド・パールを使ったゴージャスなものなど、豊富なデザインの中から好みのものを選べます。

宝石から選ぶ

4℃のK10ピンクゴールド イヤリング

ピアスに見えるイヤリングには、パールやダイヤモンドなどの宝石を使ったものがあります。特にパールを使ったものが人気です。パールは優美で落ち着いた印象のため、フォーマルシーンにぴったりです。華やかなシーンには大粒のパール、普段使いには優しい印象の小ぶりのパールなど使い分けるとより良いでしょう。

ダイヤモンドを使ったイヤリングは、小さくても存在感があります。また誕生石を使ったイヤリングを身に着けるのもおすすめです。

着け心地から選ぶ

重さのあるイヤリングを長時間着けていると、時間の経過とともに圧迫感を覚えることも。イヤリングを身に着け慣れていないひとや、長時間身に着ける予定のひとは、できるだけ軽いものを選びましょう。

4℃のピアスにも見える大人かわいいイヤリング

4℃には、かわいいデザインのイヤリングが豊富に揃っています。今回はその中でも、ピアスに見える大人かわいいデザインのイヤリングを紹介します。

シンプルなデザインのピアスにも見えるイヤリング

シンプルながらもほど良いボリュームがあり、トレンド感のある耳元に仕上げます。ゆるやかな曲線はコーディネートのアクセントになるでしょう。他のピアスに見えるイヤリングとの重ね着けも楽しめる一品です。

アシンメトリーで遊び心のあるカフイヤリング

アシンメトリーなデザインで大人の遊び心を感じさせるカフイヤリング。身に着けやすいサイズ感で上品かつ洗練された印象の耳元に。

揺れるたびにチャームが煌めくピアスに見えるイヤリング

揺れるたびに煌めくチャームが特徴的なフープ型のイヤリング。繊細なイエローゴールドチェーンが華やかでトレンド感のある耳元を演出します。すっきりとしたデザインで、コーディネートに洗練された輝きをプラスするでしょう。

ピアスに見えるイヤリングを身に着ける時に気を付けること

4℃のご褒美イヤリング

ピアスに見えるイヤリングは、サイズが合っていないと紛失しやすいです。また、長時間身に着けていると痛みが生じることも。ピアスに見えるイヤリングを身に着ける際に気を付けることを紹介します。

サイズに合うものを身に着ける

ピアスに見えるイヤリングは、ネジ式のイヤリングよりも落ちやすいです。落ちてしまうイヤリングはサイズが合っていない場合があります。イヤリングのサイズとご自分の耳たぶの厚さが合っているか確認しましょう。

ピアスに見える大人かわいいイヤリングを身に着けよう

大人可愛いハートモチーフのイヤリング

ピアスに見えるイヤリングにもさまざまな種類があります。今回紹介した商品を参考に、デザインや宝石、素材などからご自分の好みのものを選ぶと良いでしょう。

身に着ける時は、イヤリングを紛失しないようにしっかりと留まっているか確認を。ピアスに見えるイヤリングを身に着けて、おしゃれを楽しみましょう。

WHAT'S NEW