premium

know

choose

wear

present

column

present

ホワイトデーはいつから準備を始める?彼女を喜ばせるお返しと誘い方

December 15, 2020

ホワイトデーにはお返しを兼ねて、彼女を喜ばせたいと考えている男性も多いのでは。そこで今回は、ホワイトデーの由来や、お返しにおすすめのアイテムをまとめました。また、ホワイトデー・デートの誘い方や渡し方のタイミングも紹介します。

サムネイル

ホワイトデーはいつから始まった?

3月14日はホワイトデー。まずは、ホワイトデーはいつから始はじまったのか、ホワイトデーと呼ばれる理由など、歴史や呼び名の由来を見ていきましょう。

ホワイトデーの歴史

バレンタインデーがヨーロッパ発祥であるのに対し、ホワイトデーは日本発祥のイベントです。ホワイトデーが3月14日になったのは、日本初のキャンディーが3月14日前後に誕生したからという説や、バレンタインデーの由来であるバレンタイン司教が亡くなった2月14日から1ヵ月後の3月14日に、司教に愛を結んでもらった男女が結婚式を挙げたからという説があります。

また、ホワイトデーのはじまりについても、全国飴菓子業協同組合が制定したという説や、ある老舗菓子店が販売促進イベントとしてはじめたという説などさまざまな説があります。

1980年ごろからはじまったホワイトデーは、バレンタインのお礼や日頃の感謝を込めて、大切なひとにお菓子やプレゼントを贈る日として定着しました。

なぜホワイトデーと呼ぶ?

バレンタインデーは、先ほど紹介したように、バレンタイン司教の名前が由来となっています。では、ホワイトデーの名前の由来をご存知でしょうか?これは所説あり、ホワイトデーに関わりが深いキャンディーの素材である砂糖が白かったから、お返しの定番となるよう売り出されたマシュマロが白かったからなどの説があります。

また、「ホワイト=幸せを運ぶ・純白の愛」としてある菓子店がキャンペーンを打って定着したともいわれています。やわらかなホワイトカラーや淡いカラーのお菓子は、ホワイトデーのイメージにぴったりですね。

海外のホワイトデー

日本では、バレンタインのお礼として気持ちを伝え、お返しを渡す日として定着しているホワイトデー。ヨーロッパはバレンタインデー発祥の地ですが、ホワイトデーにお返しを贈る習慣はありません。

日本では昔から、「お返し」などを礼儀とする習慣があるため、ホワイトデーのようなイベントが生まれたと言われています。同じように「お返し」の習慣が根付いている、韓国や中国、東南アジアの一部にはホワイトデーが広まりバレンタインデーと並ぶイベントとして定着しています。

2021年のホワイトデー準備期間はいつ?

バレンタインデーが終わればあっという間にやってくるホワイトデー。忙しくて忘れてしまっていた、なんてことのないように、しっかりと準備をしておきましょう。ここでは、準備のタイミング、お返しのアイディアや演出を紹介します。

2021年のホワイトデーは日曜日

ホワイトデーは毎年3月14日と決まっていて、日にちは変わりません。しかしデートプランを考えるにあたり、ホワイトデーが何曜日になるか確認しておくことは大事です。

プレゼントを渡すなら、できればホワイトデー当日に渡したいもの。2021年のホワイトデーは日曜日ですので、デートプランも立てやすいのではないでしょうか。週末にゆっくりと時間を作って、彼女を喜ばせましょう。

ホワイトデーの準備は早めがおすすめ

毎年バレンタインデーと同様に盛り上がりを見せるホワイトデー。ホワイトデー間近になると人気のお返しが売り切れたり、希望日にレストランの予約が取れなかったりすることもあるので、早めに準備しておきましょう。ホワイトデー当日に会えない場合も、準備やお返しのリサーチをしておくに越したことはありません。ホワイトデーが終わるとお返しやプレゼントの特設売り場がすぐになくなってしまうこともあるので注意してください。

お返しは何が喜ばれる?

ホワイトデー準備の中で特に頭を悩ませるのがお返しのギフト選びです。一般的にバレンタインデーにもらったものよりも値段が高いものをプレゼントする男性が多いようです。

ホワイトデーが近づくと百貨店などでホワイトデーフェアが開催されたり、雑誌でホワイトデーのお返し特集が組まれたりすることが多いので、それを参考にしてみてはいかがでしょうか。スイーツ好きの彼女であれば、有名パティスリーや行列店のフォトジェニックなスイーツをチェックしておくと喜んでもらえるはずです。

スイーツなどの食べ物以外であれば、花束やジュエリーのプレゼントがおすすめです。恋人から贈られる花束に憧れる女性や、いつも身に着けられるジュエリーを好む女性は多いもの。また、花や宝石にはそれぞれ「花言葉」や「石言葉」といった特別な意味が込められています。彼女のイメージや伝えたい想いに合う花言葉の花束や、石言葉のジュエリーをお返しとして贈るのも素敵ですね。

演出でホワイトデーを盛り上げる

プレゼントと並んで重要なのが、ホワイトデーのデートプランや演出です。お返しだけでは物足りないと感じる時は、雰囲気の良いレストランを予約してみてはいかがでしょうか。美味しい食事の最後にお返しとともに日頃の感謝を伝えれば、彼女もきっと喜んでくれるはずです。

また、彼女が行きたがっていた場所への旅行をお返しとしてプレゼントするのもおすすめ。ゆっくりとふたりの時間を過ごせば、さらに仲が深まるホワイトデーになりそうですね。

その他、テーマパークや話題のスポットではホワイトデーのイベントが開催されていることもあるので、チェックして一緒にでかけてみましょう。

ホワイトデーのお返しを渡すのはいつ?タイミングと誘い方

レストランのテーブルの上に置かれたワインボトルとグラス

本命の彼女とのお付き合いがまだはじまっていない関係であれば、ホワイトデー・デートの誘い方やお返しを渡すタイミングにも悩んでしまいますよね。こちらでは、女性に喜んでもらえる渡し方のタイミングと、成功しやすいホワイトデー・デートの誘い方を紹介します。

数週間前に余裕を持って誘う

女性はデート前に美容院に行ったり、ネイルサロンに行ったりしたい場合もあります。数週間前には誘っておくと、ありがたいかもしれません。まだお付き合いをしていない相手なら、他にも義理チョコをあげてホワイトデーまでの1ヵ月に他の男性に誘われている可能性も。本命の彼女は、なるべく早めに誘った方がよいでしょう。

誘う時は理由を告げてストレートに

相手を誘う時は、バレンタインデーのお返しと理由を告げてストレートに誘うのがスムーズ。重い感じではなく、自然な感じで誘うようにしましょう。

相手の好みに合わせた場所を選ぶ

相手の好みに合わせて誘うと、ホワイトデー・デートを承諾してもらいやすくなります。食事に行く場合は、好きな食べ物など相手の好みを把握しておきたいもの。分からない場合は、直接本人に聞いてもよいでしょう。

渡すのは夕食後のリラックスしたひとときが◎

女性に喜ばれやすいのは、一緒に夕食へ行き、ねぎらいの言葉とともに渡すシチュエーションです。お返しのタイミングは、食後のリラックスした一時に感謝の言葉を添えて。デートの最後のサプライズとして渡すのもおすすめです。

彼女が喜ぶお返しは4℃で見つけよう

ジュエリーは女性の魅力を引き立ててくれる、ホワイトデーのプレゼントにおすすめのアイテム。4℃なら、可憐な女性にぴったりのエレガントなジュエリーが揃っています。

一粒ダイヤモンドネックレス

K10イエローゴールド ネックレス

シンプルですが胸元で上品な存在感を放つ、一粒ダイヤモンドのネックレス。どんなコーディネートやシーンにも合わせやすいデザインなので、贈られた彼女をきっと笑顔にしてくれるでしょう。イエローゴールドのエレガントな輝きは、美しく煌めくダイヤモンドと相性がよく、華やかな雰囲気を演出してくれます。

ウェーブデザインリング

K10ホワイトゴールド リング

洗練されたデザインのリングも、ホワイトデーのお返しとして人気のあるアイテムのひとつ。凛としたホワイトゴールドの輝きを引き立てる、ゆるやかなラインがモダンなリングは可憐な女性にぴったり。指を華やかに美しく魅せてくれます。

2連ブレスレット

エターナルシルバー ブレスレット

変色しにくい「4℃エターナルシルバー」を使用したブレスレット。2連デザインなので存在感があり、手元をエレガントに魅せてくれます。シンプルなデザインなので、腕時計や他のブレスレットとの重ね着けにもおすすめ。シルバーカラーでまとめれば、上品な印象に仕上がります。

いつもの感謝を込めてホワイトデーのお返しを贈ろう

バレンタインデーのお返しを贈ったり、日頃の感謝を伝えたりするのに最適な機会であるホワイトデー。由来や歴史などは、女性でも知らないことが多いので、彼女に話せばホワイトデーのデートがさらに盛り上がるかもしれませんね。お付き合いをしていない意中の女性がいる場合も、余裕を持って誘い早めに準備をはじめて、彼女に喜んでもらえるホワイトデーを過ごしましょう。

WHAT'S NEW