premium

know

choose

wear

present

column

wear

夏フェスコーデはきれいめアイテムをプラスして大人っぽく

May 18, 2020

夏になると至るところで開催される「夏フェス」。夏の思い出となる一大イベントなので、コーデにもこだわりたいですよね。この記事では、おすすめの夏フェスコーデや、コーデを華やかに彩ってくれる小物を紹介します。

サムネイル

夏フェスコーデを大人っぽく魅せるポイント

動きやすさ重視でカジュアルになりがちな夏フェスコーデですが、大人の女性ならば上品さも忘れずに。

きれいめ要素を取り入れる

カジュアル ホワイト

動きやすいカジュアルなコーデにきれいめ要素を取り入れて、洗練カジュアルを目指しましょう。大人っぽく仕上げたいなら、カラーはモノトーンやベーシックカラーでまとめるのがおすすめ。合わせるジュエリーや小物に鮮やかなカラーを持ってくるとコーデ全体のアクセントになり、重たくなりません。

また、コーデに色味を取り入れたいなら、温かみのあるアースカラーを選んでみては。明るめのカーキやオレンジ系のブラウンを選べば、落ち着きのある華やかさが手に入ります。素材はとろみのある、さらっと着られるものがおすすめ。動くたびにしなやかな艶が出て、品良く魅せてくれます。

肌みせは「程よく」を意識する

女性 タイトスカート

ショートパンツは、夏フェスでよく見かける定番アイテム。人気ではありますが、子どもっぽく見えたり、肌の露出が高くなったりするので、大人の女性であれば、選ぶ時に丈やデザインを意識しましょう。丈はヘルシーなハーフ丈、デザインは足がすっきりと見える、裾にかけて広がりのあるものがおすすめです。

また、品のある肌みせコーデに仕上げるには、バランスが大切です。トップスがオフショルダーなどの露出が高いものであれば、ボトムはワイドパンツといったフルレングスを合わせてヘルシーなコーデを目指しましょう。

この他、デコルテのあきが綺麗なトップスや、腕がすっきりと見えるノースリーブなども、上品な肌みせを叶えてくれるアイテムです。

【開催場所別】おすすめの夏フェスコーデ

夏フェスとひと口にいっても、開催される場所によって最適なコーデは変わってきます。場所やフェスの雰囲気に合ったコーデをチェックしておきましょう。

山&森で開催の夏フェス

夏フェス 山

自然のなかで開催される夏フェスでは、動きやすいこと、歩きやすいことが大前提。足元は歩き慣れたスニーカーやサンダルをセレクトしましょう。

フェスではしっかりと盛り上がりたいという方には、Tシャツメインのコーデがぴったり。いつもは着ないカラーやデザインのTシャツコーデにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。その時も、Tシャツのサイズやディテールにこだわって大人っぽさを忘れずに。

カフェやハンドメイド雑貨のお店も並ぶ、ナチュラル派の夏フェスでは、コットンやリネンのワンピースでリラックスムードを漂わせるのも素敵。

山や森は天気が変わりやすいので、レインコートや羽織りものといった、雨や寒さ対策のアイテムも忘れずに持っていきましょう。

海で開催の夏フェス

夏フェス 海

潮風が心地よい海で開催の夏フェスには、リゾート感たっぷりのワンピースはいかがでしょうか。鮮やかなカラーのワンピースなら海や日差しに映えますよ。また、夏フェス定番のエスニックコーデも人気。初めてなら、帽子やヘアバンドの柄でさりげなくエスニックな雰囲気を取り入れるのもおすすめです。

ビーチで開催のフェスなら、水着をメインにコーデを組むのもあり。水着の上からさっと着られるワンピースや羽織りものなどを組み合わせて、ヘルシーなコーデを意識しましょう。

都市で開催の夏フェス

夏フェス 屋内

最近では都市型フェスも増えています。室内や大きな公園・広場で開催される夏フェスは、山&森や海ほど動きやすさが重視されないので、自由なおしゃれを楽しめます。

ロングワンピース×レギンスなどレイヤードスタイルできれいめカジュアルにまとめるのも素敵ですし、普段のおでかけコーデに小物でフェス気分をプラスするのもおすすめ。カラフルなジュエリーや存在感のあるヘアバンドなどであれば、手軽に取り入れられます。

【一緒に行く人別】おすすめの夏フェスコーデ

夏フェスコーデを考える際は、誰と一緒に行くのかも重要です。グループやカップル、ファミリーでコーデのテイストを合わせて、おしゃれに楽しみましょう。

女子グループ

夏フェス 女子

めいっぱい盛り上がりたい女子グループなら、お揃いコーデがおすすめ。Tシャツを揃えたり、ワンピースを色違いで着たりと、グループならではのおしゃれコーデを楽しみましょう。また、ナチュラル、エスニック、スポーティーなど、テイストを合わせるだけでも統一感が出て、写真も雰囲気よくきまります。さらに、お揃いのサングラスやスニーカーなどの小物を持っていけば、よりフォトジェニックな思い出の写真が撮れるでしょう。

カップル

カップル デニム

夏フェスデートを思い切り楽しみたいカップルは、リンクコーデにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。カラーやデザインを合わせたり、ボトムをデニムで合わせたりといったポイントを揃えたコーデで仲を深めましょう。グループデートの場合も、全員でアイテムやテイストを合わせれば一体感が出ておすすめです。

ファミリー

ファミリー ファッション

ゆったりと過ごせるフェスやキッズ向けフェスなどは、ファミリーにも大人気。ファミリーで夏フェスに参加するなら、子どもメインのコーデでカジュアルにまとめるのがおすすめ。動きやすさを重視しつつ、小物を子どもとお揃いにするなど、ポイントでおしゃれを楽しみましょう。親子で元気に盛り上がれば、きっと忘れられない夏休みの思い出になるはずです。

夏フェスに持って行きたいおしゃれ小物

おしゃれな夏フェスコーデを目指すなら、合わせる小物にもこだわりましょう。

バッグ

バッグ ピンク

自然のなかで開催される夏フェスは荷物が多くなるので、バッグはメインとサブの2個持ちが主流。メインはリュックなど大容量のものを選んで、レインコートや飲み物などかさばる物を入れておきましょう。サブはショルダーバッグやウェストポーチなど。スマートフォンや財布といった貴重品を入れておけば、肌身離さず持ち歩けます。

帽子

帽子 グレー

ファッションとしてだけではなく、日差しよけにも活躍する帽子は夏フェスの必須アイテム。カジュアルなキャップやバケットハットなどが人気を集めています。

帽子をかぶるなら、ヘアスタイルも重要です。崩れにくく邪魔にならない低めのシニョンやゆるふわ三つ編みなどが人気。夏フェスに向けて、帽子に似合うヘアアレンジをマスターしましょう。

サングラス

女性 サングラス

日差しよけにもなり、コーデのポイントにもなる万能アイテム。カラーフレームを選べば、スタイルに遊び心をプラスしてくれます。人気のデザインでトレンドを取り入れましょう。

レインコート

レインコート 山

山や森の天気は変わりやすいのでレインコートを入れておくと安心です。小さく折りたためるものや、ミニポーチに収納できるものであればかさばらず便利。カラフルなカラーや柄を選んで、レインコートをコーデのメインにするのも素敵ですね。

夏フェスコーデに彩りを添える4℃のビタミンカラージュエリー

おしゃれをして盛り上がりたい夏フェスのコーデには、鮮やかなビタミンカラーのジュエリーがぴったり。4℃ならコーデに華やかな彩りを添えてくれるジュエリーがみつかります。

ガーネット×ダイヤモンドのリバーシブルネックレス

【1月誕生石】K10ピンクゴールド ネックレス

ガーネットの鮮やかな輝きが胸元を美しく魅せるネックレス。肌なじみのよいピンクゴールドとしなやかなしずくモチーフが、夏フェスコーデを上品に仕上げます。

エメラルドとダイヤモンドの3ストーンピアス

【5月誕生石】K10イエローゴールド ピアス

深いグリーンのエメラルドが優雅に揺れるピアス。夏フェスのアップヘアをさわやかに彩ります。

シトリンのハートモチーフネックレス

【11月誕生石】エターナルシルバー ネックレス

シトリンの明るい輝きが夏の日差しに映えるネックレス。人気のハートモチーフなので、夏フェスはもちろん、普段のおでかけにも活躍します。

洗練されたコーデで夏フェスを楽しもう

女子グループ 夏フェス

たくさんはしゃいでリフレッシュできる夏フェスでは、いつもとは違ったおしゃれにチャレンジしてみるのも素敵ですね。特に、夏らしく明るい印象にしたいなら鮮やかなビタミンカラーをアクセントにしてみましょう。ジュエリーで取り入れれば品よく仕上がるので、大人の夏フェスコーデにぴったりですよ。

WHAT'S NEW