premium

know

choose

wear

present

column

column

パヴェデザインで気品をプラス。永く愛用したいパヴェジュエリー

January 15, 2020

パヴェデザインのジュエリーはダイヤモンドの煌めきが華やかな印象。大人の女性が身に着けるなら、高品質でクラス感のあるデザインがおすすめです。ここでは、パヴェデザインの意味や魅力、大人のパヴェジュエリーの選び方など紹介します。繊細で気品あるパヴェジュエリーで、大人のエレガンスを演出してくださいね。

サムネイル

「パヴェ」デザインとはどんなもの?

パヴェデザインのジュエリーは、一見して分かる華やかさが魅力。煌めきが美しく魅せてくれるので、年代問わず長く愛用することが出来るのもパヴェデザインの魅力のひとつです。

ここでは、パヴェの意味や魅力、取り扱い上の注意点など紹介します。パヴェデザインのジュエリーを検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「パヴェ」の意味とは

「パヴェ(Pave)」とは、フランス語で「敷石」「石畳」という意味。その名のとおり、「メレダイヤ」と呼ばれる小粒のダイヤモンドを贅沢に敷き詰める石の留め方を用いたデザインです。

パヴェデザインの魅力は?

パヴェデザインの魅力は、ダイヤモンドの華やかさを最大限に活かせること。小さなメレダイヤが無数に煌めき、華やかで美しさがより引き立つ存在感があります。

リングの場合、一粒デザインなどと比較すると、煌めきの強さは一目瞭然。存在感のあるサイズを選べば、お呼ばれやパーティー、デートなど特別なシーンを華やかに彩ってくれます。

また、華やかさが際立つ一方で、普段使いしやすい一面があるのもパヴェデザインの魅力。高く突き出した部分が無いので、引っかかったりしにくいでしょう。

TPOに合うデザインを選べば、デイリージュエリーとしても気軽に取り入れられます。

パヴェデザインで注意したいこと

パヴェデザインには着用する際の注意点があります。

パヴェデザインはメレダイヤを敷き詰めた仕立てなので、僅かな溝に汚れが溜まりやすくなります。そのため、ほかのデザインのジュエリーも同様ですが、定期的にクリーニングをする必要があります。

着用後は柔らかい布で拭いたり、汚れが気になる場合は購入したお店でクリーニングしてもらいましょう。

また、リングなどでパヴェデザインを身に着ける場合は、衝撃を与えないようにすることも大切です。ダイヤモンドは硬い鉱物として知られていますが、衝撃にはあまり強くないので欠けてしまうこともあります。ダイヤモンドが敷き詰められているので気づきにくいですが、拭いてもダイヤモンドのくもりが消えない場合は、欠けや割れがないか購入したお店でクリーニングの際に見てもらうと良いでしょう。

パヴェデザインのジュエリーの選び方

パヴェデザインのジュエリーは人気が高く、リング、ネックレスなどさまざまなデザインがあります。

「どんなジュエリーを選べばよいか分からない」という人は、「素材」「デザイン」「シチュエーション」に注目してチェックしてみることをおすすめします。パヴェデザインのジュエリーを選ぶうえで、注意したいポイントを見てみましょう。

素材で選ぶ

ひとくちにパヴェデザインといっても、どんな素材を選ぶかでイメージは変わります。素材によってカジュアルさを出したり特別感を加えたりできるので、パヴェデザインを使うシーンに合わせて素材を選んでくださいね。

大人の女性のパヴェデザインにおすすめは、やはりゴールドやプラチナ。上質でクラス感があり、身に着ける人の気品を高めてくれます。

まず、ゴールドは、バリエーションの豊かさが魅力。カラーはピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドなどがあります。それぞれ異なった魅力があるので、コーディネートに合わせて使い分けるのもおすすめです。

ピンクゴールドならフェミニンな雰囲気になる一方、イエローゴールドはヘルシーな魅力が◎。また、ホワイトゴールドは柔らかな輝きが落ち着いた印象を与えてくれますよ。

そしてプラチナは、希少価値が高く特別感のある素材。白く純粋な輝きが特徴で、ダイヤモンドとの相性は抜群です。同じく白い輝きのホワイトゴールドと比較すると、プラチナはより硬質でクールに輝くのが特徴。

ここぞという時に身に着けるなら、プラチナの地金は強い味方になるでしょう。

デザインで選ぶ

パヴェデザインの魅力のひとつが、デザインの種類が豊富なこと。パヴェデザインらしい華やかさを最も重視する方は、全面に隙間無くメレダイヤを敷き詰めたデザインがおすすめです。

このほかには、中央にセンターストーンを配置して周辺にメレダイヤを敷き詰めたデザインなども人気です。サイズやダイヤモンドの輝き方によっては豪華にも繊細にも見えるので、好みのものを見つけてくださいね。

また、リングならサイズ感やアームの太さ、ネックレスならチェーンの長でも印象が変わります。デザインだけではなく全体のバランスもチェックするとよいでしょう。

特にネックレスやリングを重ね着けなどする場合は、併せるネックレスやリングとの相性を考慮するとまとまりますよ。

身に着けるシチュエーションで選ぶ

パヴェデザインを日常使いしたい場合は、繊細かつシンプルなものの方が飽きにくいのでおすすめ。好みのモチーフやラッキーモチーフがある場合は、そちらのデザインをチョイスしてもよいでしょう。

特別な日に身に着けるなら、華やかさや煌めき具合をチェック。身に纏う予定のドレスに併せて、上質な存在感を放つものを選びましょう。

オンでもオフでも使いたい場合は、控えめなパヴェデザインがおすすめ。煌めきが穏やかなものを選び、いざという時は重ね着けなどして華やかな印象をアップしましょう。

4℃なら見つかる。繊細かつ華やかなパヴェジュエリー

高品質なジュエリーのみを扱う4℃なら、クラス感を持つ上質なパヴェジュエリーが見つかります。ここでは、繊細さも華やかさも兼ね備えた、4℃のおすすめジュエリーを紹介します。

イエローゴールドのパヴェネックレス

K10イエローゴールド ネックレス

イエローゴールドは、日常使いしやすいカジュアルさが魅力。スクエア型に敷き詰められたダイヤモンドが華やかでありながらもキュートな印象です。

日常コーディネートにもちょっとした華やかさをプラスしたい時は、上品な煌めきのあるこんなネックレスを投入してみては。

センターストーンのパヴェネックレス

プラチナ ネックレス

センターストーンのダイヤモンドの周辺を繊細な輝きのメレダイヤが取り巻きます。まるで一粒デザインのようなネックレスは、華やかかつエレガントな印象。

クールに輝くプラチナとの相性もよく、身に着ければ上質なクラス感が宿りますよ。パーティーやお呼ばれなど、特別な日におすすめです。

オパールのパヴェリング

K18イエローゴールド リング

優しく輝くオパールを、輝きを放つメレダイヤで取り巻いたリング。イエローゴールドとの相性もよく、指先を品良く魅せてくれます。すっきりとしたアームなので、オパールやダイヤモンドの輝きにも存在感がありますね。

オパールは幸せをもたらすともいわれているので、お守り代わりに身に着けるのもよいでしょう。

パヴェデザインで大人の女性にふさわしい品格と華やかさを

パヴェデザインは一粒デザインには無い華やかさや繊細さが魅力。デザインの選び方や重ね着けでシックにもエレガントにもなるので、年齢問わず永く愛用できるジュエリーです。

リング、ネックレスなどさまざまな楽しみ方ができるので、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

WHAT'S NEW