premium

know

choose

wear

present

column

wear

ブーツコーデで叶える大人のおしゃれ。秋冬に合わせたいジュエリーも紹介

July 15, 2021

秋冬コーディネートの定番ともいえるブーツは、今年も外せないアイテムです。ブーツスタイルはボトムスとのバランスが気になるところですが、ポイントを押さえれば簡単におしゃれに魅せられます。本記事では、ブーツコーディネートをおしゃれに魅せるコツやコーディネート例を紹介します。

サムネイル

ブーツコーディネートをおしゃれに魅せるポイント

黒のショートブーツを使ったコーディネート

ブーツをおしゃれに魅せるには、ブーツ自体のデザインやボトムスとのバランス感がポイント。まずは、ブーツを使ったコーディネートをおしゃれに魅せるためのポイントを解説します。

ブーツの質感を活かす

スウェードと革のショートブーツをはいた女性

まずは、ブーツの素材に注目してみましょう。スウェードやレザーなど、ブーツの素材によってコーディネートの印象は大きく変わります。

コーデュロイやスウェードのようなやわらかい素材は、温かみがあり女性らしい雰囲気に仕上がります。定番のレザー素材は上品なツヤがあり、綺麗めで落ち着いた印象にしたい時におすすめ。なりたい印象に合わせて、ブーツの素材を選んでみてください。

ヒールで足元から引き締める

チャンキーヒールのショートブーツをはいた女性

ワイドパンツやフレアスカートのようにボリュームのあるボトムスには、ヒールブーツが好相性です。特におすすめなのは、太めで安定感があるチャンキーヒールのブーツ。足元が引き締まり、バランスの良い仕上がりになります。

ヒールの高さは3~5センチ程度だと、綺麗めにもカジュアルにも合わせやすいです。適度な高さで、足元が疲れにくいのも嬉しいポイントです。

つま先のシルエットにこだわる

白のブーツを使ったコーディネート

ブーツのつま先のデザインも印象を左右するポイント。パンプスでも定番となっているポインテッドトゥは、女性らしさやエレガントな印象を与えたい時におすすめ。昨年からトレンドが続いているスクエアトゥは、少しマニッシュな雰囲気になります。エッジが効いているので、コーディネートをスマートにまとめたい時に活躍してくれるでしょう。

きちんとした印象や綺麗めなテイストをつくりたい時には、ラウンドトゥやアーモンドトゥなど、丸みのあるつま先を選んでみてください。

トレンドデザインを取り入れる

キャメルのロングブーツ

トレンドデザインのブーツをコーディネートに取り入れると、それだけで全体が旬なムードになります。昨年から引き続き、今年もヒール付きのショートブーツはトレンドが継続します。また、おしゃれ好きな女性たちの間で注目度が高まっているロング丈のブーツからも目が離せません。スラリとしたシルエットが、脚を細く見せてくれるでしょう。

カラーでは、軽やかなホワイト系のものが人気です。ベージュやホワイト系で統一したワントーンコーディネートに合わせると、トレンドライクで季節感のあるスタイルが簡単に完成します。

ショートブーツのおすすめコーディネート

グレーのパンツと黒のショートブーツコーディネート

定番かつトレンドのショートブーツは、この秋冬も大人気。ボトムスを選ばずコーディネートを楽しめます。ここからは、ショートブーツを使ったおすすめコーディネートを紹介していきます。

ショートブーツ×パンツのコーディネート例

ショートブーツにロールアップデニムのコーディネート

カジュアルスタイルの定番アイテムであるデニムパンツに、ショートブーツを合わせて大人っぽさをプラスしてみましょう。デニムパンツをロールアップしたり、クロップド丈を選んだりして少し肌を覗かせると抜け感が出て軽やかに仕上がります。

また、ニットトップスやワイドパンツなど、ボリュームのあるアイテムを着る時はヒール付きのショートブーツで足元を引き締めるとバランスが良くなります。

ショートブーツ×スカートのコーディネート例

フレアスカートとショートブーツのコーディネート

タイトスカートとヒール付きのショートブーツの組み合わせは、季節感を演出しながら縦のラインを強調します。タイトスカートのスリムなシルエットと、ブーツのヒールが脚を長く魅せてくれるでしょう。トップスにボリュームがあっても、バランス良く着こなしやすい点も魅力です。

タイトスカートだけではなく、Aラインのフレアスカートとショートブーツの組み合わせもおすすめ。スカートとブーツの間に少し肌が覗くと、軽やかな仕上がりになります。ティアードデザインやドット柄、花柄などのフェミニンデザインのスカートには、黒のブーツでさり気なく辛さを加えてみてください。甘くなりすぎず、落ち着いた印象になります。

ショートブーツ×ワンピースのコーディネート例

ニットワンピースとショートブーツのコーディネート

ニットワンピースとショートブーツで、季節感たっぷりなブーツスタイルを楽しんで。ニットワンピースはボリュームが気になりがちなアイテムですが、ショートブーツだとほど良く肌が見えるため重くなる心配もありません。

統一感を出したい時は、ワンピースとブーツの色味を揃えるのが手軽でおすすめです。

ロングブーツのおすすめコーディネート

キャメルのレザーロングブーツをはいた女性

ショートブーツだけではなく、ロングブーツも今年の秋冬トレンド。コーディネートするのが難しく感じがちですが、ポイントを押さえれば簡単にバランス良く魅せられます。ポイントを解説しながら、コーディネート例を紹介していきます。

ロングブーツ×パンツのコーディネート例

タイトデニムとロングブーツのコーディネート

スキニーなどのスリムなパンツをロングブーツにインしたスタイルは、定番かつトレンド。ニットなどでトップスにボリュームを出し、ボトムスをスッキリとまとめるとバランスが良くなります。

ワイドパンツとロングブーツを組み合わせるなら、パンツの丈はクロップド丈のような少し短めのものがおすすめです。足首が見える丈感が、足元が重く見えるのを防いでくれるので軽やかに仕上がります。

ロングブーツ×スカートのコーディネート例

スカートとロングブーツのコーディネート

ロングブーツにロングスカートを合わせて、視線をつなげる着こなしが注目されています。重さが気になる時は、トップスは明るめの色味のものを選んでみてください。

軽快に魅せたい時は、ミニ丈スカートやショートパンツをロングブーツに合わせると良いでしょう。ブーツがロング丈なので、肌を出しながらも脚のラインをカバーできます。タイツをプラスした肌を出さない着こなしも季節感があって素敵です。

ロングブーツ×ワンピースのコーディネート例

フレアワンピースとロングブーツのコーディネート

キャミソールワンピースやシャツワンピースにロングブーツを組み合わせると、上品な大人カジュアルスタイルが実現します。綺麗めにまとめたい場合は、ジャケットやコートなど、きちんと感のあるアウターを選ぶのがポイント。

ワンピースのデザインにも注目してみましょう。ウエストが絞られたシルエットだとメリハリが生まれるため、間延びした印象になるのを防げます。

ブーツコーディネートを小物でブラッシュアップ

4℃のパールピアス

小物使いにも気を配ると、ブーツスタイルがさらに洗練されたものになります。ここからは、バッグの合わせ方やジュエリーの取り入れ方を紹介します。

バッグをブーツと合わせると統一感アップ

黒のレザーブーツに黒のレザーバッグを合わせるなど、ブーツとバッグのカラーや素材を揃えると、統一感が出てコーディネートがまとまります。レザー素材やダークカラーは引き締まった雰囲気にもなるため、大人っぽさを演出したい時にもおすすめです。

ジュエリーを取り入れて華やかさをプラス

ジュエリーで華やかさを加えるのも、コーディネートをおしゃれに魅せるポイントです。温かみと華やかさのあるゴールドやパールのジュエリーは、秋冬らしい季節感もプラスしてくれます。華奢なジュエリーで繊細さや儚さを纏ってもかわいいです。

ブーツコーディネートに合わせたい4℃ジュエリー

4℃のNoble of Water

ブーツコーディネートにはジュエリーを合わせて、華やかさをプラスしてみましょう。重くなりがちな秋冬スタイルも、軽やかで洗練された印象になります。ブーツコーディネートによく似合う4℃のジュエリーを、ぜひチェックしてみてください。

ダイヤモンドとパールのピアス

揺れるパールが上品な女性らしさを演出してくれるピアス。ダイヤモンドの輝きもアクセントになっています。イエローゴールドとパールの温かみのある色味が、秋冬によく似合います。

ピンクゴールドとダイヤモンドのネックレス

ピンクゴールドの優しい風合いがフェミニンなネックレス。ダイヤモンドが胸元に煌めきを添えてくれます。一石デザインのネックレスは、コーディネートを選ばないのでどんなシーンにも活躍してくれるでしょう。

イエローゴールドのV字ラインリング

指を細く長く魅せてくれる、V字デザインのリング。並べられた5石のダイヤモンドは、手元に上品な存在感を与えてくれます。他のリングとの重ね着けもしやすく、気分に合わせた着け方を楽しめるでしょう。

秋冬はブーツコーディネートを楽しんで

レースのワンピースと黒のブーツのコーディネート

ブーツをコーディネートに取り入れると、秋冬のファッションがよりシーズンライクな印象になります。定番のショートブーツやトレンドのロングブーツで、大人の女性らしいコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

WHAT'S NEW