premium

know

choose

wear

present

column

column

1月誕生石、ガーネット。大人の女性に似合うジュエリーも紹介

October 29, 2019

1月の誕生石は、ガーネット。紅く輝くさまは美しく、古来より貴重な宝石として大切にされてきました。ここでは、石言葉や由来、歴史などガーネットにまつわることをご紹介します。おすすめのガーネットジュエリーもご紹介するので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

サムネイル

1月の誕生石はガーネット

1月の誕生石・ガーネットとはどんな宝石かご存じですか?ガーネットについて詳しく知れば、ますますこの紅く美しい宝石に興味が湧いてくるかもしれません。ここでは、ガーネットの由来や意味、歴史などをご紹介します。

ガーネットの由来・石言葉

ガーネット

ガーネットの語源は、中世ラテン語で「種子」を意味する「granatus(グラナタス)」。ザクロの種に似ていることから、こう呼ばれるようになりました。

和名も「ザクロ石」のガーネットは、その姿から「実りの象徴」とされています。ガーネットには日々の努力を成果につなげ、成功へと導く力があるとか。目標に向かって日々邁進している人や、恋愛成就を祈願している人にふさわしいお守りとなるでしょう。

ガーネットの歴史

ガーネットは歴史上最も古い宝石のひとつ。古代エジプトや古代ローマでも珍重されました。
また、旧約聖書の「ノアの箱船」で洪水に翻弄される船の中を照らし、行く道を示し続けたといわれるのもガーネット。ガーネットは古くから神聖な石・お守りの石として永く人々に愛用されてきたのです。

ガーネット以外に1月の誕生石はある?

誕生石は月ごとに異なりますが、1月の誕生石はガーネット以外にありません。誕生石とは、1912年にアメリカで開かれた「米国宝石組合大会」で決定されたものがベース。現在知られている誕生石は、これに改訂を加えた1958年のものが基準となっています。とはいえ、あくまでも「基準」なので、国や地域によっては誕生石が異なることも珍しくありません。

ところが、1月の誕生石は、どの国の一覧を見てもガーネットのみ。ほかの誕生石のように、複数の誕生石を提示されることはないようです。

ガーネットってどんな天然宝石?

古来よりお守りとして扱われてきたガーネット。深紅の美しい宝石ということは有名ですが、その種類や産地、お手入れ方法はご存じですか?ガーネットをより深く知るために、ガーネットとはどんな宝石なのか詳しく見てみましょう。

ガーネットの種類

ガーネットと一口にいっても、実際は多種多様な色の石があります。深紅のガーネットは『アルマンディンガーネット』で最もポピュラー。このほかにどんなガーネットがあるのか、簡単にご紹介します。

デマントイドガーネット

デマントイドガーネットは、輝きがダイヤモンドに似ているといわれ、「ダイヤモンドのような」を意味する「デマント」に由来します。「ホーステイル・インクルージョン」と呼ばれる繊維状のインクルージョンはデマントイドガーネットにのみ存在するといわれており、これが見られるものは特に希少価値が高くなります。

パイロープガーネット

紫~深紅の色味が多いのがパイロープガーネット。質の高いものはルビーと見紛う深紅をしており、一目で見分けるのは困難かもしれません。パイロープは「炎のように燃える目」を意味するギリシャ語「pyrope」が由来とされています。

ロードライトガーネット

パイロープとアルマンディンの中間の成分を持っており、美しい赤紫色が特徴的なのがロードライトガーネットです。一般的に目に見える内包物もなく、透明度も高いとされているためジュエリーに多く取り入れられています。

ガーネットの産地

ガーネットの産地は、世界中に散在しています。歴史的に特に名高い原産地は、ボヘミアとロシア。特にボヘミアは、パイロープガーネットの良好な原産地として、ビクトリア王朝時代に重宝されました。

一方、近年の市場を見ると、希少なデマントイドガーネットはナミビアが主な原産地。このほかケニア、マダガスカル、タンザニアなども良質なガーネットが採掘されています。また、アフリカ以外では、南カリフォルニア、ミャンマー、インドなども有名な原産地です。

ガーネットのお手入れ方法

ガーネットの硬度は6.5~7.5。比較的扱いやすいジュエリーといわれており、適切にお手入れすれば永く愛用することができます。普段のお手入れは、柔らかい布で優しく拭けばOK。念入りにお手入れしたい時は、中性洗剤と柔らかいブラシで優しく洗浄してください。

1月の誕生石は4℃で見つけて。おすすめのガーネットジュエリー

4℃ ジュエリー

女性らしい煌めきを持つガーネットジュエリーは、4℃で見つかります。4℃が得意とする女性らしく繊細なデザインは、ガーネットの美しさをより引き立たせてくれるはず。あなたの魅力を際立たせる素敵なジュエリーを見つけてください。

ネックレス

ピンクゴールドとガーネットは、いずれも女性らしい印象で相性抜群。ここではおすすめのピンクゴールドネックレスを3つご紹介します。

しずくモチーフのガーネットネックレス

1月誕生石】K10ピンクゴールド ネックレス

繊細なしずくモチーフの中には、鮮やかなガーネット。その下にはさり気なくダイヤモンドが煌めき、上質感のあるデザインです。大人の女性らしく「甘すぎないキュートさ」を演出したい時におすすめ。

ガーネットバーデザインネックレス

【1月誕生石】K10ピンクゴールド ネックレス

ガーネットを中心に、ダイヤモンドが美しく並ぶデザイン。優しい輝きが胸元に沿うように煌めき、エレガントな雰囲気を醸します。いつものコーディネートに加えるだけで、フェミニンな魅力がアップ。

ハート型のガーネットネックレス

【1月誕生石】K10ピンクゴールド ネックレス

ハートモチーフの中央にロードライトガーネットが上品に煌めくネックレス。アクセントに置かれたダイヤモンドが凜とした輝きを放ち、気品を添えてくれます。デイリージュエリーとして気軽に身に着けたいですね。

シルバーネックレス

4℃のシルバージュエリーは、変色しにくいオリジナル素材「エターナルシルバー」を使用。これなら、シルバーならではの風合いを永く楽しめますね。4℃のおすすめシルバーネックレスをご紹介します。

ガーネットのシルバーネックレス

【1月誕生石】エターナルシルバー ネックレス

お守りとして身に着けるなら、さり気ない存在感の一粒デザインが◎。どんなコーディネートにもしっくりなじむので、オンオフ問わず使えます。

しずくモチーフのシルバーネックレス

【1月誕生石】エターナルシルバー ネックレス

しずくモチーフの中には、鮮やかなガーネット。動くたびに優しく揺れて、華やかな印象を与えます。流れるようなしなやかなデザインは大人の女性にぴったり。デイリーコーディネートに「ワンポイント欲しい」という時にぜひどうぞ。

ピアス・ブレスレット

「ネックレス以外も見たい」という方には、ピアスやブレスレットなどいかがでしょうか。気軽に身に着けたいおすすめジュエリーを3つご紹介します。

ピンクゴールドのガーネットピアス

【1月誕生石】K10ピンクゴールド ピアス

ダイヤモンドとガーネットが華やかな印象のフックピアス。顔周りを華やかに演出したい時にぴったりです。揺れるたびにガーネットが煌めく様子は女性らしさ抜群。ぜひ髪をアップスタイルにして合わせてみてください。

シルバーのガーネットブレスレット

【1月誕生石】シルバー ブレスレット

淡いカラーのガーネットのブレスレットは華奢で繊細な印象。シルバーの上にピンクゴールドのコーティングがほどこしてあるので、肌なじみがよいのも嬉しいですね。

ピンクゴールドのガーネットブレスレット

【1月誕生石】K10ピンクゴールド ブレスレット

中央に配されたガーネットは、ミル打ちがほどこされて華やか。ガーネットと等間隔に配されたダイヤモンドがクリーンで繊細な輝きを放ち、どんなコーディネートも品よく魅せてくれます。手元まで抜かりなく仕上げたい、大人の女性におすすめのブレスレットです。

1月の誕生石・ガーネットをお守りに

1月の誕生石・ガーネットは、人と人とを結びつけ大切な人との絆を深めてくれる宝石。深紅のカラーを身に着けるだけで女性らしい雰囲気を纏えます。コーディネートのアクセントにもなるので、デイリージュエリーとして気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。4℃には、品よく日常使いしやすいガーネットジュエリーが揃っています。お守りのように寄り添ってくれるジュエリーがきっと見つかりますよ。

WHAT'S NEW