premium

know

choose

wear

present

column

choose

ロングネックレスでおしゃれを楽しむ。重ね着けや洋服との合わせ方とは?

June 15, 2021

コーディネートの重要なポイントとなるネックレス。特にロングネックレスは、フォーマル・カジュアル問わずさまざまなファッションにも映えるのが魅力です。この記事では、ロングネックレスの選び方、コーディネートや重ね着けのコツを2021年のトレンドも含めて紹介します。

サムネイル

ロングネックレスの選び方

豊富な種類があるネックレスは、ご自分に合ったものを選ぶことでさらに魅力を発揮できます。ロングネックレスを選ぶにあたり、知っておきたいポイントを見てみましょう。

ロングネックレスの長さで選ぶ

4℃のロングネックレスを重ね着けした女性

一言にロングネックレスといってもその長さはさまざまで、長さによって名称があります。

チェーンの長さが70〜80センチ前後のネックレスことを「オペラ」と呼びます。このあたりからロングネックレスと呼ばれるようになり、頭からかぶって着けられる長さになります。シンプルなニットワンピースやパーティードレスとよく合います。

チェーンの長さが100センチ以上あるものは「ロープ」と呼ばれ、ネックレスの中でいちばん長いタイプです。オペラよりもさらにボリュームがあり、そのままで着けるのはもちろん、2連や3連にして巻いたり、下の方を軽く結んだり、といったようにさまざまなアレンジが楽しめます。縦型シルエットのため、上半身がスッキリと見える効果もあるのが特長です。

身長や肌の色に合わせて選ぶ

4℃のロングネックレスを重ね着けした女性

身長の高いひとはより長めのネックレスを、身長の低いひとは短めのネックレスを選ぶと全体のバランスが良くなります。また、お肌に青みがあるブルーベースの肌にはホワイトゴールドやプラチナのネックレスが、黄みがあるイエローベースの肌にはイエローゴールドが似合います。

トレンドで選ぶ

4℃のロングネックレスをつけた女性

ここ数年、ランウェイなどでよく見られるチェーンネックレスは、2021年も重要なトレンドとして人気を保っています。また、特に人気が高いのがパールのネックレス。海外ブランドでもさまざまなラインナップが展開されています。

ロングネックレスをおしゃれにコーディネートする方法

4℃のロングネックレス

ロングネックレスは、洋服と上手に組み合わせることで、もっとおしゃれが楽しくなります。
こちらでは、ロングネックレスと洋服のおしゃれなコーディネート術を紹介します。

大ぶりのペンダントトップはシンプルな服に合わせる

4℃のロングネックレスとリングを身に着けた女性

存在感たっぷりの大ぶりペンダントトップがついたロングネックレスは、クルーネックやタートルネックをはじめとする、シンプルな服とのコーディネートがぴったり。

ラウンド型のペンダントトップは、落ち着いた大人の女性の雰囲気を演出してくれます。楕円フープ型のペンダントトップは大人のおしゃれ感をプラスしてくれるだけでなく、胸元のフープデザインで小顔効果も得られます。

スタイルアップしたい時はパンツスタイルを合わせる

パンツスタイルの女性

ロングネックレスは、縦に長いラインがスタイルアップ効果をもたらしてくれます。パンツスタイルと合わせて、より一層のスタイルアップを意識してみてはいかがでしょうか。ブラックやネイビーのオールインワンとも相性が良く、大人の女性を演出できます。

品よく仕上げたい時は華奢なデザインを合わせる

K10イエローゴールド ネックレス

華奢なデザインのネックレスは、「ロープ」タイプの長さでも重くなりすぎず、上品に着られます。繊細で女性らしい雰囲気を纏っているため、どんなトップスにも合わせやすく、2連にしたり他のネックレスとレイヤードを楽しめたりと、さまざまな面で活躍してくれます。

綺麗にまとめたい時は洋服と同系トーンで合わせる

ブラウンの服に4℃のゴールドネックレス合わせる女性

洋服とネックレスは、同系トーンでコーディネートをすると、すっきりまとまった印象に。例えば、モノトーン系でコーディネートしたファッションにはシルバーのロングネックレス、暖色系のファッションにはゴールドを合わせると洗練された印象になります。

フォーマルシーン以外でもパールネックレスを活用する

4℃のロングネックレス

結婚式などのフォーマルなシーンでも活躍してくれるパールのネックレスは、大人の女性としてひとつは持っておきたいアイテムです。パールのロングネックレスは、2連、3連にすることで華やかなデコルテを演出できます。ゆったりした3連巻きは特に首の細いひとにおすすめです。

「シャツやTシャツとロングネックレスを合わせたい」というひとには、5~6ミリ前後の小ぶりのパールネックレスがぴったり合います。主張せずにさらりと身に着けられるので、普段使いとしても活躍してくれるでしょう。

また、大ぶりなパールのネックレスは、タートルネックと合わせると華やかな印象になります。なかでもおすすめなのは、相性が抜群の赤のタートルネック。ダンガリーシャツと合わせるとカジュアルに綺麗めのテイストが加わり、洗練された印象になります。

ロングネックレスの重ね着けのコツ

4℃のクリスマスジュエリー

シンプルに一本使いでも素敵なロングネックレスですが、存在感を出したい時には他のネックレスと重ね着けをして楽しみましょう。重ね着けするだけで、シンプルなデザインのものでも華やかなコーディネートになります。こちらでは、重ね着けのコツを3つ紹介します。

小ぶりでシンプルなデザインを選ぶ

4℃のパールネックレスを重ね着けした女性

大ぶりのデザインのネックレスを重ね着けすると、どうしてもゴテゴテした印象になってしまいがち。重ね着けをする時は、チェーンネックレスや1石ダイヤモンドなど、なるべく小ぶりでシンプルなものを選ぶようにしましょう。シンプルなチェーンのネックレスは、重ね着けしやすいだけでなく、どんなファッションにも合わせやすいのが魅力です。

服とのバランスで合わせる

4℃のゴールドロングネックレス

ハイネックなど首の詰まった服は、胸元が寂しくなりがちです。華やかさを加えたい時は、長さの異なる2本のロングネックレスの重ね着けをしてみましょう。長短の差のバランスが胸元を華やかな印象にしてくれます。

胸元がV字に開いたような服には、短めのネックレスの重ね着けが似合います。

チェーンの色や太さを合わせる

4℃のネックレスを重ね着けした女性

ペンダントトップのデザインは違ったものでも、チェーンの色や太さが同じならバランス良く重ね着けができます。

また、ゴールド系、シルバー系、ピンク系など、重ね着けするネックレス同士を同じ色味で統一するとすっきり華やかな印象に。コーディネートにアクセントを加えたい時は、はっきりした色のペンダントトップでの重ね着けがおすすめです。

おしゃれを彩る4℃のロングネックレス

4℃はシンプルで女性らしいデザインが人気のジュエリーブランド。ロングネックレス同士の重ね着けや、コーディネートしやすいネックレスが揃っています。

コーディネートのアクセントになるロングネックレス

パールを包むように囲んだロングネックレス。360°どこから見ても美しい立体的なデザインが洗練された印象を与えてくれます。どんなファッションにも合わせやすいパールのネックレスは、さらりと身に着けられてコーディネートのアクセントにもぴったりです。

スタイリッシュなシルバーロングネックレス

スタイリッシュなデザインのロングネックレスです。縦型のラインが首をすらりと美しく魅せてくれます。プラチナコーティングの凛とした色合いがコーディネートを引き締め、より上品な印象に。フリーアジャスター仕様で、重ね着けにも最適です。

アクアマリンとイエローゴールドのロングネックレス

波打つようなラインでアクアマリンを囲んだロングネックレス。イエローゴールドとアクアマリンの煌めくコンビネーションが、胸元を華やかに飾ります。コーディネートのアクセントとして活躍してくれるでしょう。

ロングネックレスの収納・保管方法

ロングネックレスは、チェーンの長さから他のネックレスやピアスなどと絡まりやすくなってしまうもの。綺麗に収納・保管することによって、ジュエリーを傷つけることなく永く愛用し続けることができます。ここでは、ロングネックレスの収納・保管方法を紹介します。

見せる収納にする

ロングネックレスは、コルクボードや吊るすタイプのジュエリーケースに保管するのがぴったり。インテリアの一部としておしゃれに飾ると素敵です。吊るすことによって、絡まり防止にもなります。

持ち運び用のジュエリーボックスに入れて収納する

数をあまり持っていないひとなら、ポーチを使って収納するのもひとつの方法です。たくさん持っているひとであれば、普段身に着ける頻度の高いジュエリーのみ、ポーチで管理するのも便利な収納術です。ポーチに入れておけば、必要な時にすぐ持ち歩ける上、紛失も防げます。

ロングネックレスでおしゃれコーディネートを楽しんで

4℃のロングネックレス

シンプルなファッションに華やかさを加えてくれるロングネックレス。ファッションに合わせてコーディネートを楽しめるので、いくつ持っていても困りません。お気に入りのネックレスをコレクションに加えて、さまざまな重ね着けやコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

WHAT'S NEW