premium

know

choose

wear

present

column

choose

華奢な上品リングで大人カジュアルコーデをセンスアップ

August 2, 2019

シンプルなファッションをおしゃれにまとめるならリングを積極的に取り入れてみては。いつものコーディネートにリングを取り入れると簡単にこなれ感を出すことができます。トレンドをうまく取り入れたセンスの良いリングの選び方や着け方、華奢でフェミニンな印象のおすすめリングをご紹介します。

サムネイル

トレンドを取り入れたリングの選びかた

シンプルだけどどこかおしゃれ。そんな人のコーディネートには、魅力を引き立てるリングが欠かせません。
ジュエリーにはトレンドがあり、もちろんリングも例外ではありません。
こなれた大人のおしゃれを楽しむなら、トレンドを自分らしく取り入れるのがベター。
まずは今のトレンドにあったセンスの良いリングを見極める目を持ちましょう。

シンプルなデザイン

指のしなやかさを強調し女性の魅力を引き立てる華奢なリングがおすすめ。存在感のある凝ったデザインよりも、さまざまなコーディネートに合わせることができて他のリングとのバランスが取りやすいシンプルなデザインが人気です。

具体的には太めより細めのラインのリングが今のトレンド。リングはラインによって印象が変わるので、ストレート、ウェーブ、V字などラインの流れを楽しめる細めのリングがおすすめです。宝石などのモチーフは少なめで地金の色とラインを楽しむつもりでリングを選びましょう。シンプルなリングはコーディネートの幅が広いので、気に入ったものをいくつか持っておくと便利です。

少し華やかな宝石が付いたリングもアクセントには必要ですが、あまり宝石が主張しすぎないものを選びましょう。控えめで上品な印象になります。

重ね着けがしやすい

上品なリングを手元に一つだけ着けてシンプルにまとめるのも素敵ですが、おしゃれな人の手元を見るとリングを重ね着けしている人が多いことに気づくはずです。今のトレンドである重ね着けを取り入れることで、大人のシンプルなコーディネートに上品さとこなれ感をプラスすることができます。トレンドを意識するなら積極的にリングの重ね着けに挑戦してみましょう。

ただし、重ね着けは全体のバランスを取りながら行うことが大切。重ね着けしてもすっきりして見えるシンプルなリングなら手元にエレガントさを演出することができます。普段使いでは2本、パーティーなど華やかさが欲しいシーンでは3本などシーンによってボリューム感を調整できるもの重ね着けの楽しさです。

重ね着けについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

ここからは、今のトレンドにぴったりな重ね着けできる華奢で上品なリングをいくつかご紹介します。

トレンドも押さえた4℃の上品リング

4℃リング

大人の女性にぴったりの上品なリングが多い4℃には、トレンドを押さえて重ね着けのしやすさを重視したシンプルなリングが増えています。その中でも大人のシンプルコーディネートを引き立てる上品なリングを見てみましょう。

シルバーリング

美しいホワイトカラーで肌を明るく見せるシルバーのリングは、緩やかなUラインが指をしなやかに魅せてくれるデザイン。変色しにくい4℃オリジナルのエターナルシルバーを使っているので気兼ねなく普段使いできます。中央のストーンが手元に輝きを添えるので、重ね着けのアクセントにも最適です。

ピンクゴールドリング

ピンクゴールドの優しい色合いが暖かみを感じさせるシンプルなストレートリング。繊細な輝きが手元を華やかに魅せます。キラキラと輝く華やかさはあるものの、他のリングと合わせやすいシンプルなストレートラインなのでウェーブやV字などラインに変化のあるリングとの重ね着けにもおすすめです。

イエローゴールドリング

華奢なストレートラインのリングにダイヤモンド5石が中央で輝く繊細なデザイン。直線の中にダイヤモンドが煌めくデザインは女性の魅力を引き立てます。1つだけでもイエローゴールドの上品な輝きが美しいですが、同じイエローゴールドのリングと重ね着けをすればよりゴージャスで華やかな印象に。結婚式やパーティーなど華やかさが欲しい席にもぴったりです。

ホワイトゴールドリング

ゆるやかなウェーブラインが指をしなやかにみせるリング。ウェーブラインのリングは肌なじみが良く、女性らしい優しさや柔らかさを演出してくれます。ダイヤモンドの輝きとホワイトゴールドの組み合わせが肌の透明感をより引き立てる繊細なデザインで、同じホワイトゴールドのシンプルリングとの重ね着けもおすすめです。

イエローゴールドリング

シンプルながら繊細なV字ラインが洗練された印象を与えるリング。特徴的なデザインですが、細いラインで上品に作られているので肌なじみが良く、V字ラインの効果で指をより長く細くみせることができます。1つだけで着ければエレガントで上品な表情を見せますが、他のイエローゴールドのリングを重ね着けするとよりゴージャスな印象になります。

肌が美しく見える色選びも重要

リングを選ぶ際にデザインを見てほぼ一目惚れで選んでいるという人も少なくないでしょう。しかし、本当に似合うリングを見つけるためには自分の手、特に肌色をよく知っておくことが大切です。好きな色が必ずしも似合う色とは限りません。それぞれの肌色をより美しく見える地金の色を知ってリング選びの参考にしましょう。

ブルーベースならホワイト

腕の内側の血管が青みがかって見える、白目の部分が青みがかっている人はブルーベースの肌色の持ち主。ピンクのチークが似合うような青(もしくはピンク)がかった肌をしており、見た目には清楚やエレガント、クールビューティーといった印象を持たれやすい人です。

そんなブルーベースの肌に合うリングはシルバーやホワイトゴールド、プラチナなどホワイト系の色。ホワイト系の地金は肌を明るく透き通るように魅せ、エレガントさを引き立ててくれます。

もともと肌にピンクの色を持っているブルーベースは、ゴールド系ではイエローゴールドよりピンクゴールドの方が肌なじみが良くおすすめです。宝石はダイヤモンドやアクアマリンなど透明感のあるものがよく似合います。

イエローベースならイエローゴールド

4℃ジュエリー

腕の内側の血管が緑がかって見える、白目の色が真っ白よりもきなりに近いという人はイエローベースの肌の持ち主。ブルーベースの人が日に焼けると赤くなるのに対して、イエローベースはそのまま黒くなるという人が多く、見た目にはポップ、元気、ゴージャスといった印象を持たれやすいです。

イエローベースでもオークル系の色白の人は比較的どんな色のジュエリーでも似合うといわれています。シルバーやホワイトゴールドを身に着けると涼しげに見えますし、ピンクゴールドやイエローゴールドも肌に暖かみがプラスされます。

一方、健康的な小麦色の肌の人はイエローゴールドが最適。ピンクゴールドやシルバーなどのホワイトはくすんで見えてしまうことが多いので、肌なじみが良く、華やかに見えるイエローゴールドをベースにデザインを選ぶのがおすすめです。

トレンドを意識したリングで大人カジュアルを上品にまとめて

大人の女性を引き立てるのは、華奢で上品なデザインのリング。
トレンドの重ね着けを取り入れれば、いつものコーディネートに簡単にこなれ感と上品さをプラスすることができます。

自分の肌色をより美しく魅せる地金の色も少し意識して、お気に入りのリングを見つけてください。

WHAT'S NEW