premium

know

choose

wear

present

column

know

自分に合うピアスの位置や決め方とは?耳元から楽しむおしゃれ術

September 9, 2020

顔周りを華やかに彩るピアスは種類が豊富なので、いくつも集めたくなるアイテム。ピアスをよりおしゃれに身に着けたい方は、デザインだけではなく、ピアスホールの位置にもこだわってみてはいかがでしょうか。今回はおすすめのピアス位置を紹介します。ご自分に合ったピアス位置を決めるヒントにしてくださいね。

サムネイル

位置を決める前に知っておきたい各ピアスの名称

ピアスは大きく分けて「スタッドピアス・フックピアス・フープピアス・アメリカンピアス」の4つに分かれており、どのように身に着けたいかによって取り入れたいピアスは異なります。ご自分に似合うピアスを選ぶために、まずは各ピアスの名称をおさらいしておきましょう。

種類豊富なスタッドピアス

最も一般的なピアスとして有名なのが「スタッドピアス」です。ポストと呼ばれる耳たぶに通す部分がまっすぐなので比較的身に着けやすく、初心者の方がピアスデビューする際はこのフォルムのピアスが最もおすすめ。またデザインも豊富で、耳たぶにワンポイントでおしゃれを楽しめるものも多いです。好みのデザインのピアスを見つけやすい点もスタッドピアスのメリットです。

揺れてかわいいフックピアス

スタッドピアスに慣れてきたら挑戦したいのがフックピアスです。フック部分はなだらかなカーブ状になっているため、初めての方も着けやすいでしょう。また、デザイン幅も豊富に取り揃えているのでさまざまなシーンでおしゃれが楽しめます。

クールな印象のフープピアス

クールな印象を与えてくれるのがフープピアスです。その名の通りピアスがフープ状になっており、ポストを稼働させるかピアス自体を広げて着けます。着ける時の難易度はフックピアスと変わりませんが、フープピアスはフォルムが限られてしまうため、シンプルなデザインのものがほとんど。フープの大きさやフープの型で楽しむ人が増えています。

繊細な雰囲気を演出するアメリカンピアス

アメリカンピアスは、チェーンをピアスホールに通して身に着けます。動くたびに繊細に揺れ、優雅な印象を与えるのが魅力。ロングタイプが多く、好みに合わせてチェーンの長さのバランスを変えて楽しむことができます。

おすすめのピアスホールの位置

ピアスホールを開けようとした時に、どこに開ければバランスよくきれいに見えるかを知っておくことが似合うピアスを選ぶ上でも重要です。耳たぶが小さい方や、今後穴を増やしたい方向けにもおすすめのピアスホールの位置を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

定番は中央よりやや下の位置

ピアスを開ける位置の定番は、耳たぶの中央より少し下の位置といわれています。あまり上すぎてしまうと、揺れるピアスが耳たぶに引っかかってしまう場合もあります。逆に下すぎると大振りのピアスを着けた時にホールが裂けてしまうなんてことも。中央より少し下の位置を選ぶことで、どんなピアスも似合いやすいピアスホールになりますよ。

耳たぶが小さい人は中央よりやや外側がおすすめ

もちろん人によって異なりますが、耳たぶのかたちは全体的に内向きになっていることが非常に多いです。そのため、耳たぶが小さめの方は中央に開けてしまうとピアスが内側に寄ってしまい、左右対称に見えないことも少なくありません。自分は耳たぶが小さいと感じている方は、耳たぶの中央よりも少し外側に開けるようにすると、前から見た時に両耳のピアスがバランスよく見えます。

今後増やす予定の人は中央より内側に開けて

とりあえず両耳ひとつずつピアスを開けて、今後増やすかもしれないという方もいるはずです。複数ピアスを開けたいと考えている場合は、ひとつ目のピアスホールは中央より内側に開けておきましょう。耳の面積は内側より外側の方が大きめなので、最初に面積の狭い内側にピアスを開けておくと、ふたつ目のピアスを開ける場所の選択肢が増えます。ひとつ目のピアスホールを見つつ、バランスを取ってふたつ目を開けることも可能になります。

【ピアスの種類別】おすすめのピアスホールの位置

4℃ピアス

お気に入りのピアスを見つけると、そのピアスのデザインを最大限に発揮したいと思いますよね。実際にお気に入りのピアスを見つけたことによりピアスデビューを考える方も多いです。ここではピアスの種類に応じたピアスホールの位置を紹介します。

スタッドピアスを着ける場合は左右対称に

スタッドピアスにもさまざまな種類のものがありますが、揺れないタイプのワンポイントピアスを着けこなすためには、ピアスホールが左右対称であることが重要です。片方のピアスホールが曲がっていると、正面から見た時にピアスの見え方が左右非対称となってしまいます。

もしうまく左右対称にピアスホールを開けられなかった場合は、スタッドピアスの中でも揺れ動くタイプのものを選びましょう。ワンポイントピアスと比較してもピアス自体が揺れ動いてくれるため、ピアスホールのゆがみが気になりづらいデザインです。

フックピアスは左右のホールが非対称の方におすすめ

スタッドピアスよりもさらに左右のホールの非対称さをカバーしてくれるのがフックピアスです。スタッドピアスと違ってポストがフック状のため、ピアス自体が前後に揺れます。そのため、ホールの向きをほぼ気にせずにおしゃれを楽しむことができます。

位置と一緒に押さえておきたい。ピアスをおしゃれに着けるコツ

ピアス位置が決まったら、ピアスをおしゃれに身に着けるコツも押さえておきましょう。輪郭や髪型、服装に合ったピアスを選べば、よりこなれた印象を与えられます。

顔の輪郭に合ったピアスを選ぶ

顔周りを彩るピアスは、輪郭との相性を考えて選んでみてください。丸顔の方には、縦ラインを強調して顔をほっそりと魅せてくれるドロップタイプや、チェーンタイプのピアスがおすすめです。
一方、顔の長さが気になる面長の方には、横ラインを強調したデザインが似合います。四角顔の方やベース顔の方は、角張った印象を和らげるフープタイプなど、丸みのあるデザインのピアスを身に着けてみましょう。

髪型に合ったピアスを選ぶ

ピアスと髪型のバランスも重要です。ロングヘアであれば華奢なピアスで繊細な印象に。ショートヘアやヘアアレンジをして髪をまとめている時は、存在感のあるピアスを合わせてアクセントにするとおしゃれに見えます。また、ヘアアクセサリーとピアスのカラーやテイストを合わせてすっきり魅せるのもおすすめです。 

ピアスと服装の系統を合わせる

ピアスのデザインと服の系統を合わせると、スタイリングに統一感が出ます。レディライクなワンピースには、フラワーモチーフやハートモチーフといった、フェミニンなデザインのピアスを合わせてみましょう。カジュアルやシンプルな服装には、カラーストーンがほどこされているものなど、コーディネートのアクセントになるピアスが好相性。身に着けるだけで洗練された印象をプラスできます。

どんなピアス位置にも合う4℃の洗練ピアス

顔周りに華やぎを添える、洗練された4℃のピアスを紹介します。ピアス位置や輪郭、髪型、服装に合わせたお気に入りのデザインを見つけてください。

一粒ダイヤモンドピアス

ホワイトゴールドとダイヤモンドの輝きが清楚な印象を与えるピアス。繊細なデザインなので、オンオフ問わず身に着けられます。耳元にさり気ない煌めきを添えたい方におすすめです。

優雅に揺れるイエローゴールドのチェーンピアス

スマートな縦ラインのモチーフが優雅に揺れるピアス。身に着けるだけで女性らしい雰囲気を纏えます。また、コーディネートやヘアスタイルに合わせて、長さのバランスが変えられるのも魅力です。

やわらかに輝くパールピアス

やわらかな光沢のパールが可憐に揺れるピアス。上品なデザインなので、普段使いはもちろん、フォーマルシーンでも活躍します。フェミニンな気分に浸りたい日に身に着けてみてはいかがでしょうか。

ピアスの位置にこだわって耳元のおしゃれを楽しもう

ピアスの位置にフォーカスして、おすすめのピアスやピアスをおしゃれに身に着けるコツを紹介しました。ピアスは一度開けるとやり直しが難しい上に跡も残ってしまいます。

もしピアスの位置で悩んでいるのなら、ご自分の身に着けたいピアスや、今後増やす意思の有無などを基準にピアスの位置を決めると、失敗が少ないためおすすめです。ピアスの位置を検討して、ご自分のお気に入りピアスをおしゃれに楽しみましょう。

WHAT'S NEW