premium

know

choose

wear

present

column

choose

本当に似合う指輪の選び方、あなたの手元を美しく魅せる指輪を探すポイントとは

June 17, 2019

実は意外と見られている「手元」。あなたの手元を大人っぽく美しく魅せる指輪の選び方と、指輪の重ね着けのコツをご紹介します。本当に似合う指輪は手元を優雅で上品に魅せ、大人の女性の魅力を引き出してくれます。指輪をプラスすることで、毎日のワードローブをランクアップしてみませんか?

サムネイル

美しく整えられた手元は、ちょっとした仕草まで優雅に魅せてくれます。ネイルやお肌のケアをしたら、最後の仕上げとしてあなたの魅力を引き出す指輪をプラスして、より美しい手元を演出してみませんか。

この記事では、あなたの手元を大人っぽく美しく演出してくれる指輪の選び方のコツをご紹介します。

コンプレックスも自信に。指のお悩みを解決してくれる「似合う指輪」

指の形や長さにコンプレックスがあると、指輪が似合わないと思いがちですが、
実は、指輪の形をしっかりセレクトしてあげれば、指を美しく魅せることができます。
指のタイプに合わせた指輪選びで、あなたの手元を輝かせましょう。

指の長さが気になる方

イエローゴールドリング

指の長さが気になる方には、センターにポイントがあるデザインがおすすめ。指の中心にアクセントを持ってくることで、指を長く魅せる効果があります。また、V字やU字のデザインも、指の「縦ライン」を強調し指をほっそりと長く魅せてくれます。

逆に、幅が太くてまっすぐなタイプの指輪は、指の横ラインを強調してしまいます。また、極端に細くて華奢な指輪も、指に食い込んで見えてしまうため、避けた方がよいでしょう。

指の太さが気になる方

イエローゴールドリング

指の太さが気になる方におすすめなのは、スパイラルタイプのような透け感のあるデザインや、指をすっきり魅せるV字タイプの指輪。太さが気になりつつも、長さはあるという指には、幅の太いタイプやボリューム感のあるデザインがよく似合います。

避けた方がいいのは、細くて華奢なタイプのデザイン。手の雰囲気とアンバランスになってしまいます。細くて華奢な指輪が欲しい場合は、細いアームを2本使った幅広デザインのものがよいでしょう。

指の関節が気になる方

プラチナリング

指の関節が気になる方は、関節を通るサイズを選ぶ必要があるため、指の付け根ではゆるくなってしまう場合があります。ある程度の幅とボリュームのある指輪なら、ゆるめでも違和感なく馴染み、ゴツゴツした印象も和らげてくれておすすめです。
エタニティのようなデザインも、指元で回っても気にならず使いやすいでしょう。

避けた方が良いのは、指とリングの隙間が目立つ、細くて華奢なタイプの指輪です。また、センターストーンのデザインは、回転しやすくストーンの位置がずれてしまうので注意が必要です。

指が華奢な方

ピンクゴールドリング

華奢で細い指と相性がいいのは、幅が狭く繊細なデザインの指輪です。女性らしい雰囲気をより引き立ててくれます。

避けた方がいいのは、極端にボリュームのあるタイプの指輪。幅が広すぎる指輪も、華奢な指の雰囲気に合わず指輪だけが目立ってしまいます。

着ける指で変わる指輪の意味

指輪は、着ける指によって呼び名があり、それぞれ違った意味が込められているといわれます。

また、指ごとの特徴に合わせて、似合う指輪のタイプを知っておくのも大切なこと。それぞれの指に適したデザインを知ることで、手元のおしゃれの幅がぐんと広がります。

国や時代によって変化しますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

人差し指(インデックスリング) 

ピンクゴールドリング

人差し指は「人を導き教える指」とされます。キリスト教の司祭や中世ヨーロッパの王族などが、人差し指に指輪をすることを好んだそう。
親指との距離があることから、大胆なデザインも美しく映えます。人差し指の指輪はセンターだけでなく側面も目立つため、サイドのデザインが凝った指輪や、大ぶりで個性的な指輪がよく似合います。

中指(ミドルリング)

イエローゴールドリング

中指は「直感やインスピレーションを表す指」といわれます。中指の指輪は、仕事などのトラブルを避け、正しい判断をしたい時におすすめです。
中央にあり存在感のある指なので、ボリュームのあるデザインや、シンメトリーな指輪がぴったり。大き目のストーンがついた指輪も中指によく似合います。

薬指(アニバーサリーリング)

ピンクゴールドリング

薬指は「創造」を象徴する指だといわれます。特に左手薬指は、心臓から続く血管が繋がっていると信じられ、男女の愛のあかしの指輪を着ける特別な指とされています。
上品なデザインや、繊細な模様が施されたエレガントな指輪がよく似合います。

小指(ピンキーリング)

ホワイトゴールドピンキーリング

小指は「チャンスや秘密の象徴」とされています。いちばん外側で目立つ位置にあるため、可愛らしいデザインや小ぶりの指輪がおすすめです。
サイドにデザインのある指輪も、女性のチャーミングな魅力を引き出してくれます。

大人の女性におすすめテクニック。指輪の重ね着け。

指輪の重ね着けで大人の女性にふさわしい華やかな手元に挑戦してみませんか。組み合わせる色やテイストによって雰囲気がガラリと変わり、手元のオシャレを楽しめます。

指輪の重ね着けのコツ

大人の女性の重ね着けにおすすめなのが、エタニティタイプの指輪とV字デザインの指輪です。
エタニティやハーフエタニティの指輪は、マリッジリングなどのシンプルな指輪ともよく合いますし、モチーフのついた指輪にもしっくり馴染みます。石の輝きに存在感があり、手元をパッと華やかにしたい時にぴったりです。

V字デザインの指輪は、凹みの部分がもうひとつの指輪と重なるように組み合わせると素敵です。センターストーンの指輪と組み合わせると石の輝きがより引き立ち、印象に残る手元を演出できます。
イニシャルやお花、ハートなどのモチーフと組み合わせたり、V字デザインの指輪どうしを重ね着けするなど、さまざまなコーディネートが楽しめます。

重ね着けは苦手、という方には2連デザインの指輪もおすすめです。計算されたバランスで、ひとつでも手元が華やぎます。

複数の指に着ける場合はバランスが大切

複数の指に指輪を着けると、一気に手元の華やかさがアップします。1本の指に重ね着けするよりも、思い切った組み合わせが楽しめます。
上品にまとめるコツは、たくさん着けすぎず、両手のバランスを見ながらコーディネートすること。洋服との相性も考えながら、色味やボリュームを調節しましょう。
また、色味やデザインのテイストなど、どこかに共通点のある指輪を組み合わせると、すっきりと洗練された印象になります。

本物の美しさを追求した4℃の指輪

4℃の指輪は、女性の魅力を引き出すしなやかな曲線美と、着け心地のよさが特長です。
指に着けた時にもっとも美しく見える、細部まで計算されたデザインは、職人の手によって立体のジュエリーに形づくられています。リングの内側には丁寧に磨きをかけ、丸みをもたせることで、指あたりが優しくなるように配慮しています。

イエローゴールドリング

ダイヤモンドの輝きがきわだつハーフエタニティK18イエローゴールド リング。
大人の女性にふさわしい、上質感あふれる一品です。

イエローゴールドリング

指をすらりと細く魅せてくれるⅤ字ラインの指輪、K10イエローゴールド リング。
ダイヤモンドが輝く洗練されたデザインで、重ね着けにもおすすめです。

イエローゴールドリング

軽やかなラインにダイヤモンドが輝く、モダンな印象のK18イエローゴールド リング。
大人の女性の手元に気品を添えます。

イエローゴールドリング

ダイヤモンドが華やかに輝くK18イエローゴールド リング。
モダンで上品なデザインです。

ポイントは「形」と「着け方」だけ。自分にあった指輪を見つけてみて。

シンプルでありながら本物の美しさを追求した4℃の指輪は、流行に左右されることなく永く愛用できます。
上質な指輪の優雅な輝きは、女性の美しさと魅力を引き出し、いつもの装いをランクアップしてくれるはず。

お気に入りの指輪で手元を彩ることで、毎日をちょっと華やかにしてみませんか。

WHAT'S NEW