premium

know

choose

wear

present

column

column

【2020年版】みんなはどう使っている? 気になるボーナスの使い道

October 21, 2020

ボーナスは、仕事をする上での大きなモチベーションというひともいるのでは。一生懸命働いてもらったボーナス、周りが何に使っているか気になりませんか?今回は男性・女性それぞれの、よくあるボーナスの使い道を紹介します。冬のボーナスの使い道を考えているひとは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サムネイル

2020年:夏のボーナスの概要

冬のボーナスについて考える場合、夏のボーナスがどうだったかを知るのは有益ですね。ここで参考にするのは、2020年6月に「日本生命保険相互会社」が行ったインターネット調査(回答者数9,180名)。新型コロナウィルス感染症の影響や気になるボーナス額、使い道など夏のボーナスをもらったひとたちのリアルな声をチェックしてみましょう。

ボーナスを前年度と比較すると?

まずは、2020年夏のボーナスの傾向を見ていきます。「昨年と比較してボーナスの支給額が減った」「予想と比べて少なかった」と感じているひとの増加が大きな特徴です。実際、ボーナスの平均支給額は昨年に比べて約5.6万円減っています。
この原因として考えられるのが、新型コロナウィルス感染症の拡大です。「普段の収入も減った」と回答しているひとが増えており、その影響がボーナスの支給額にも表れているといえます。

ボーナスの平均支給額は?

夏のボーナスの平均支給額は、~20代男性が35.7万円、女性が26.9万円。一方、30代男性は51.1万円、女性は28.2万円という結果でした。ボーナス支給額については全体の69.4%のひとが「予想通り」と答えており、想定通りの金額を受け取ったひとが多かったようです。

ボーナスの使い道にも変化が起きている

2020年夏のボーナスを「貯蓄・資産形成に使う」と回答したひとは半数以上。これは昨年と同じ結果ですが、それ以外の使い道に変化が起きています。昨年までは国内旅行が人気でしたが、今年は新型コロナウィルス感染症の影響で海外旅行とともにランクダウン。昨年は2位にランクインしていた国内旅行は、2020年のアンケートでは3位という結果になりました。

世相を反映して「生活費の補てんに使う」が今年の1位ですが、「買い物(自分の欲しいもの)に使う」も2位にランクインし、昨年の3位からランクアップしています。この結果から、ボーナスをご褒美と捉えているひとも多いと考えられます。
ボーナスに余裕があれば、これからの仕事も頑張って取り組めるような気分が上がるアイテムや、ご自分への投資に使うのもモチベーションアップにつながるのではないでしょうか。

ボーナスの使い道【女性】

こちらでは女性のボーナスの使い道を紹介します。ボーナスをもらった女性たちは、どのようなことにお金をかけているのでしょうか。

とりあえず貯蓄!

支給されたボーナスを貯蓄に回す女性は多いようです。

20、30代といえば、結婚など大きなライフイベントが控えているひとも多い年代。近い将来に向けて「とりあえず貯蓄」と考えるのはナチュラルな流れかもしれません。また、具体的な使い道が思い浮かばず、「とりあえず貯蓄」というひとも一定数いるでしょう。

自己投資で魅力アップ

さらなる高みを目指して、ボーナスで自己投資するひとも少なくありません。女性の場合、人気のエステサロンを予約して美に磨きをかけるひとも多数。一方、教養に磨きをかけたい女性なら、セミナーやスクールを受講するひとも散見されます。

自分にご褒美。好きな物を購入

4℃のダイヤモンドネックレス

ボーナスを「ご褒美」と考えるひとは、前から欲しかった物を購入しています。なかでもジュエリーは「ご褒美」にふさわしい充足感が得られるものとして人気。目にするたびに「頑張って働いて良かった」と思わせてくれますよ。

お取り寄せで贅沢気分

箱に詰められたカラフルなマカロン

ボーナスの使い道として「食品」を挙げるひとも多いようです(pontaリサーチ「第41回 Ponta消費意識調査」より)。

新しい生活様式が浸透し、おうち時間を充実させたいひとが増えたため、家にいながらプチ贅沢ができるお取り寄せが人気を集めています。最近では、人気パティスリーのスイーツや、高級食材をインターネットサイトなどから手軽に購入可能です。また、お取り寄せ食品は価格も幅広いので「予想していた額のボーナスが支給されなかった」というひとにもおすすめ。

日頃頑張っているご褒美として、お取り寄せを楽しんでみましょう。

近場に旅行でリフレッシュ

プールがあるホテルの部屋

新型コロナウィルス感染症の影響で、ボーナスを旅行に使うひとが昨年よりも減っているものの、今年も上位にきており、人気は継続しています。(pontaリサーチ「第41回 Ponta消費意識調査」より)

今はまだ、海外旅行や遠出は難しいですが、近場の温泉やリゾートホテルなどでのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。その他、3密を避けられるキャンプやグランピングも注目を集めています。この機会に、今までとは少し違った旅の楽しみ方を見つけるのも良いですね。

ボーナスの使い道【男性】

ボーナス

男性はボーナスをどのように使っているのでしょうか?男性の主なボーナスの使い道を押さえておけば、パートナーへクリスマスプレゼントをおねだりする時の参考になるかもしれませんね。

男性も「まず貯蓄」が多数

ボーナス

まず多いのが、「貯蓄」です。これは女性と同様に、ライフイベントを控えてお金を貯める必要があったり、使い道が見つからず「とりあえず」預貯金にまわしたりするひとが多いためと考えられます。一方、貯蓄だけではなく「投資」に積極的なひとが多いのは、男性ならではの傾向です。

フットワーク軽く旅行へ行くひとも

街を眺めるカップル

ボーナスは長期休暇期間の前に支給されるため、ボーナスで旅行を楽しむひとも少なくはありません。今は難しいですが、近年はLCC(格安航空会社)の普及などで安く旅行へ行けることもあり、3~4日程度の休みでも気軽に出かけるひとが増えています。パートナーと一緒に、近場でも満喫できるプチ旅行を計画するのも楽しそうですね。

思い切った買い物をするひとも

PCや車など大きな買い物をするのも、男性ならではの傾向。好きな物にお金を惜しまない男性は、多額のお金を「物の購入」に充てるようです。また、パートナーがいるひとは、ゴージャスなプレゼントをする場合も多いようです。

冬のボーナスは年末のイベント時期と重なるため、質の高いジュエリーも多数発売されます。パートナーのボーナス事情に配慮しつつ、想い出に残るクリスマスジュエリーをリクエストしてみてはいかがでしょうか。

4℃で見つけるご褒美ジュエリー

トレンド感のあるデザインの4℃ピアス

「冬のボーナスで上質なものを」と考えているひとにおすすめしたいのが4℃のジュエリーです。繊細な輝きが目に入るたびに嬉しくなるような、ご褒美にふさわしいアイテムを紹介します。

ホワイトゴールドと一粒ダイヤモンドのネックレス

ホワイトゴールドと一粒ダイヤモンドのネックレス

胸元に洗練された輝きを添えるダイヤモンドネックレス。ホワイトゴールドの凛としたカラーも気品を感じさせます。シンプルながら存在感のある一粒デザインは、あらゆる服装やシーンにもなじみやすく、永く愛用できるでしょう。

パールにダイヤモンドを添えたピアス

パールにダイヤモンドを添えたピアス

優しい光沢が魅力的なパールのピアス。パールのカーブに沿って配されたダイヤモンドがエレガントな印象を与えます。ほど良くトレンド感のあるデザインなので、カジュアルスタイルにさらりと合わせるのもおすすめです。

ピンクゴールドとダイヤモンドのリング

ピンクゴールドとダイヤモンドのリング

淡いカラーのピンクゴールドと華やかな3石のダイヤモンドが、可憐な手元を演出するリング。ふとした瞬間に目に入り、頑張る力を与えてくれるリングはご褒美ジュエリーにぴったりです。重ね着けやネイルと合わせて楽しみましょう。

ボーナスの使い道はさまざま。せっかくなら想い出に残るものを

4℃のクリスマスジュエリー

冬のボーナスが支給されるのは、ちょうどクリスマスや年末などイベントごとの多い時期。ご自分へのご褒美やクリスマスプレゼントに、ジュエリーを選ぶのもおすすめです。4℃には女性を美しく魅せる繊細で華やかなジュエリーがたくさん。この冬のボーナスで永く愛用できるジュエリーを選んでみませんか。

WHAT'S NEW